患者さんに合わせたクリニックデザインとは

クリニック・医院の設計をするためには、施工や設備などの専門性の高さのみならず、医師はもちろん患者さんやスタッフから見ても最適であるデザインをプランニングする必要があります。

医師やスタッフの皆様が快適に働くことができるデザインであることは大前提ですが、どこか体調の優れない状態で不安な気持ちで来院する患者さんに合わせたクリニックデザインをするということも見逃してはならない重要なポイントです。

今回は武内デザインオフィスが医院設計・クリニックデザインをするにあたって大切にしている4つのポイントの中から 『患者様が落ち着ける空間をデザインする事』に焦点を当て、患者さんに合わせたクリニックデザインについて詳しくお伝えします。

”患者さんに合わせる”ことの重要性

クリニックや医院では、私たち人間の健康を預かる医療行為が行われていますので、当然来院する患者さんはどこか体調の優れない方ばかりです。

多くの方が「先生に治してもらおう」という気持ちでクリニックを訪れます。

クリニックや医院は身体のどこかを治療する場所ではありますが、同時に心の不安を取り除く場所でもあるのです。

できれば病院に行きたくないという風に思う方も多いでしょう。どんな方でも医院の扉を開ける不安は存在するものです。

インターネットなどを中心に膨大な情報が溢れる現代の医院を選ぶ難しさは、身体の不調に悩む患者さんの不安を増長しています。

その不安をなるべく軽減することも、クリニックデザインの大きな役割の一つなのです。

医療施設であるという前提のもと、医師やスタッフのみなさまが働きやすい環境を整えるための機能性や効率性を実現するのと同時に、外観・レイアウト・内装・雰囲気など、患者さんに合わせたクリニックデザインを提案することによって、患者さんの不安をできるだけ安心に変えることが出来ればと考えます。

患者さんに合わせることの難しさ

患者さんに合わせると言っても、患者さんの感じ方には個人差があるので難しいところです。

例えば従来のクリニックにはなかった高級感溢れるデザインや華やかで美しいデザインにした場合、中には緊張してしまう患者さんがいらっしゃるかも知れません。

そういった空間でも患者さんが緊張せずに済むように、安心して貰うことができるようなデザインにするということは、つまりは医師やスタッフのみなさんの心遣いが更に引き立つデザインにするということでもあるのです。

華やかで美しい空間を創造するだけでなく、医療機器の配置やスタッフや患者さんの動線を考え、安心感のある雰囲気を作るための細やかな配慮が必要となるのです。

患者さんが安心できるクリニックデザインとは

人の健康を預かっているクリニック・医院の空間を作る際には、機能性とデザイン性を兼ね備えた快適な内装をデザインすることが必要不可欠です、

診療科目や来院する患者さんの層、合わせた医院設計をするということは患者さん目線を徹底するということです。患者さんにとって安心感がある居心地の良いクリニックになれば、継続して通う患者さんを獲得することにも大きく貢献します。

今回は例を挙げて患者さんに合わせたクリニックデザインをご紹介します。

1.幅広く愛されるクリニックデザイン

クリニックデザインのイメージが幅広い世代に馴染み、万人に受け入れられることが大切です。

自然を意識した空間作り、汎用性の高いバリアフリー設計などを行うことにより、お子さまからご老人、男女問わず多くの患者さんが快適だと感じやすい環境となるようなデザインをご提案します。

患者さまが診療に専念することができるよう、動線を考慮し、設備の配置など隅々まで気を配る必要があります。

老若男女問わず来院される歯科や内科など、さまざまな診療科目を持つクリニックに適した設計を行うことができます。

2.居心地の良い空間・快適な設計のクリニックデザイン

 

医院設計をするにあたって、法規・設備上で空間的にさまざまな制約があります。

しかし制約がある中でも、解放感のある高い天井にすること、照明の位置やデザインを工夫すること、診察室をゆったりとした空間にすることなど、さまざまな形で患者さまにやすらぎを与えることができます。

また、子連れの方が快適に利用することができるように、待合室や受付から目が届く範囲に広めのプレイルームを設計することもできます。

小児科や小児歯科に注力しているクリニックや、小さなお子様がいらっしゃるファミリー層が多い地域にあるクリニックでも快適な空間を作ることができるのです。

3.女性患者さんの多いクリニックのデザイン

 

 

女性患者さんが来院されることが多い婦人科や美容皮膚科や美容外科などのクリニックデザインにおいては、女性目線の空間デザインであるということが大切です。

女性が安心して快適に過ごすことができるように工夫して空間をデザインすることによって、カップルでの利用や家族での利用にも繋がっていきます。

女性のための設計にするのであれば、女性の平均身長などを考慮し、目線の高さを意識したレイアウトを心がけることはもちろん、腰掛けたときの目線の高さ、テーブルなどの高さまで細かく意識することでより良いクリニックデザインが生まれます。

また、治療の際にどうしても発生してしまう機械音などを遮断するなどの工夫をして快適さをアップさせることや、プライバシーの確保を徹底することも大切です。

まるでホテルのように高級感があるデザインにするなど、診療科目に応じてイメージを変えてデザインすることができます。

患者さん目線になるということの細かな配慮の積み重ねが、患者さんにとって過ごしやすい環境の提供となり、ドクターと患者さんとの信頼関係にも繋がると言えます。

 

患者さんが行きたくなるようなクリニックに

武内デザインオフィスでは、患者さんにとって居心地が良く快適に治療を受けられる環境づくりをご提案しています。

同じコストの素材を使っても、コーディネート次第で見え方が全く異なるように、医師目線、スタッフ目線、患者さん目線というように、視点を変えてみることによって最適なデザインが異なります。

どちらからの目線で見ても快適なクリニックデザインを行うことができれば、思わず行きたくなるようなクリニックを作ることができるのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)