医院リフォームを成功させるために押さえておきたいポイント

すでにご自分のクリニックを持っていられる方でも、さらに理想的なクリニックにしたいと考えている人は多いです。

心地よい空間であれば、自ずと人が集まってきます。
クリニックを見直して患者さんやスタッフ、ドクターが過ごしやすい快適な空間を作ることは、医院経営の安定にも大きな影響を及ぼします。

もちろん一番大切なのは診療方針となりますが、リフォームが経営の転機となることは珍しくありません。

そこで今回はリフォームを考えている方に参考にしてほしい医院リフォームを成功させるためのポイントについて解説していきます。

医院リフォームを成功させるためのポイント

①スムーズな動線を考える

医院リフォームで考えなくてはならない動線は2つあります。
それは、患者さんが通る「表動線」とドクター・スタッフが通る「裏動線」です。

表動線をスムーズにするポイントは「回遊性」を持たせることです。
回遊性を持たせるということは、待合室から診察室、処置室、検査室、再び待合室に戻るという一連の過程において、円を描くように流れをつくるということです。
円のような流れをつくると移動に無駄がなくなります。

一方でドクター・スタッフの動きをスムーズにする裏動線も重要になります。

裏動線を効率よくさせるには、表動線とは異なり、中心から「放射状に伸びるような動線」にすることがもっとも理想的です。
診察室を中心に処置室、検査室、受付が放射状に繋がり、それらの部屋が通路で結ばれることで移動がスムーズになります。

②合理的な設備計画

医療機器の選択は、実は設計上で肝と言っても過言ではないくらい重要なポイントです。

どのような機器を使用して、それを誰がどのように使うのかを具体的に見なければ実際の動きをシミュレーションすることが出来ず、合理的にレイアウトを考えることが出来なくなるからです。
さらに機器の配置によってコンセントの位置や数まで考えなければならなく、データをネットでやり取りするクリニックをであれば無線LAN配線まで考慮しなくてはなりません。

そしてもう一つ大事になるのが照明です。

診療室は皮膚の色などがはっきり識別できるよう、直接照明と間接照明を組み合わせてより自然に近い色を出すことが必要になります。
最近では明るいLEDが普及しているので診察室におすすめです。

③患者さんへのホスピタリティー

医療は対人である以上、少なからずサービス業の側面があり、ホスピタリティも重要となってきます。

ホスピタリティとして必ず押さえておきたいポイントは患者さんがくつろげるような空間的配慮です。
より良い診療環境を整えるだけでなく、診療とは直接的な関係のない待合室やトイレなども快適に過ごせるように工夫をしたいところです。
トイレは患者さん用とスタッフ用を別々に設けて、患者さん用のトイレは待合室の近くに設置しましょう。

例えば、待合室はリビングルームのような温かみのあるデザインや照明を使い、さらにBGMによって視覚・聴覚ともに心地よい雰囲気づくりが可能です。

そういった工夫から患者さんはクリニック側の心遣いを感じ取り、心地よく過ごしてもらえるのです。

また、医院は公共性の高い建物であるため、外観も街並みから外れないように調和された親しみやすいデザインが好ましいです。

④診療別のコツを押さえる

上記の他にも、それぞれの診療科によって異なるポイントがあります。

例えば内科なら、他の科に比べて比較的患者数が多いため、出来るだけ患者さんを待たせないようにする工夫が必要です。
診察室を2か所設けて交互に使うことなど、診療を効率的に出来るようなプランが必要になります。

一方、小児科の場合は外観のデザインから院内のインテリアまで親しみやすい色使いのデザインや、おもちゃや絵本を用意するなどの工夫があると望ましいです。
また子供には必ず付き添いの方が居るので、待合室は広めに設け、椅子なども多めに配置する必要があります。

⑤段差のないアプローチと出入口

クリニックの入口には、車いすの方でも入りやすいようスロープを設置するようにしましょう。
出入り口の段差もなくしバリアフリーにするのも基本的なポイントです。

今までは入口で中履きに履き替えるクリニックが多かったですが、最近では土足のまま出入りできるようにしているものが主流になります。

⑥色彩計画で印象を変える

クリニックの設計で重要となるのは動線や安全・清潔感など「医療を行う場として機能的で効率的な空間」であることが求められてきました。

しかし白や青一色に統一された無機質な空間でいかにも病院といった空間が苦手といった人が多いのも事実です。
そのため、最近では機能性や効率性に加えて「親しみやすい安らぎを感じる空間」であることが求められています。

特に地域に密着した形の小さな個人医院であれば、触れ合いや安らぎといった点はとても重要になります。

そこで重要になるものが「色彩計画」です。
白や青一色で統一するのではなく、ピンクやグリーンなど気持ちを落ち着かせてくれる色を使うことや、木目調の床材にするなどの工夫のことを言います。

その医院らしさを色で表すことも出来るので、医院のイメージカラーを基調にデザインするクリニックも増えています。

設計士だけでなくカラーコーディネーターにも同席してもらうと、色による効果について詳しく教えてくれるのでおすすめです。
ソファーや観葉植物、壁に飾る絵なども印象を左右するため、素材の組み合わせも考えてみましょう。

まとめ

住宅などの一般的な建築と比べて医院のデザイン・リフォームはその分野ならではのノウハウが求められます。
したがって建設会社にはそのクリニックがどのような診療コンセプトを持って、どれだけのスタッフが働き、どの医療機器を使って具体的にどんな動きで診療を行うのかなどをリアルにシミュレーションできる力が重要となってきます。

反対に、医院デザインの実績が豊富にあり十分なノウハウを有している会社であれば最新の医療機器なども含めた幅広い知識を持っているため、アドバイスも可能で強い味方となってくれます。

経験値がものを言う分野でのリフォームだからこそ、会社選びは重要となります。

 

武内デザインオフィスでは同じコストで最高の結果を出すことを掲げています。

予算内でどれだけ良いクリニックをデザインできるかでデザイナーの能力は決まります。
同じコストのかかる素材を使っても、デザインやコーディネート次第では見え方が変わってきます。

当たり前のことですが、ただ良いデザインを作るだけでなく、デザインしながらコストも調整することが出来るバランスの良いデザイナーであることが本当の意味で優秀なデザイナーであると言えます。

デザインワークだけではない”Something else”を常に追及していきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)