「開業をしようと思ったら」知っておきたいクリニック開業の流れ

自分の理想のクリニックを開業したいと考えている人は多いのではないでしょうか。

しかし最近のクリニックを取り巻く環境は厳しくなってきています。
そんな厳しい環境だからこそ、開業の際は十分な調査や検討を重ねて事業計画を練り、確実に開業準備を進めていくことが重要になってきます。

そこで今回はどのようにクリニック開業を進めていけば良いのか解説していきます。

開業したいと思い立ったらまずやるべきこと

コンセプトを明確にする

開業を思い立った理由というのはドクターによって「家族」「医局」「労働環境」など様々あります。
しかしこの段階では、まだ開業をする際の理由が抽象的です。

今後、何十年とクリニックを経営していくと考えた場合、開業に憧れるだけでは難しい部分があります。

なので、開業を思い立ったら「なぜ開業をしたいのか」「どのようなクリニックを作り上げたいのか」というコンセプトを明確にしましょう。
そのコンセプトを目標として突き詰めていくことで、ぶれずに開業準備や開業後の経営を行うことが出来るかと思います。

コンセプトの重要性・役割

開業準備を進めていく中や開業後のクリニック経営を行っていく中で、ドクターは様々な決断をしなくてはいけない場面があります。
そんな時に自分の考えの軸となるものがコンセプトです。

例えばクリニックの名称を決める際は、どのようなものにするべきかという正解はありません。
そこで、ドクターの考えているクリニックのコンセプトに合っているかどうか基準を設けることで判断がしやすくなります。

このようにコンセプトがあることによって、判断に迷いが生じにくくなります。

開業の進め方

コンセプトを明確にしたら、いよいよ実際の開業準備を進めていく段階となります。

開業を進めるために必要な業務は多岐にわたります。
ここでは、主な業務をまとめていきます。

①開業地選定

立地調査、診療圏調査、将来性の予測、継承物件の検討

立地の選定はクリニック開業にとってとても重要なポイントとなります。
人通りが多い場所や駅前などの立地は開業に適している場所ですが、他の医療機関もすでにあるかと思います。

他のクリニックとの差別化を図れるような特徴のあるクリニックづくりを行うことも開業を成功させるポイントとなります。

②事業計画を考える

投資金額の決定、収支の想定、損益計算書・キャッシュフロー計算書の作成

事業計画の策定を怠ってしまうと、開業後の経営が苦しくなる可能性が非常に高いです。
近年のクリニックを取り巻く環境は、医療保険制度や診療報酬体系の見直しや医療供給体制の見直し、人口減少、クリニック開院数の飽和などの影響で厳しくなっています。

その中での生き延びていくためにも事業計画は重要なものとなります。

③資金調達

資金調達方法の検討、調達先の選定、金融機関への相談・申し込み・面談など

開業に伴う資金だけでなく、運転資金も必要となります。

運転資金は事業経費に加えて自身の生活費も見積もるようにしましょう。
これらの支出を含めても黒字になるまでの間の資金が必要となります。

不足の事態に対応するために運転資金を追加融資する場合は、金融機関に対して悪い印象を与えてしまいがちで、融資許可が下りない場合もあります。

なので、当初から多めに手当てをし、対応していくようにしましょう。

④内装設計

建物本体工事との調整、設計・内装業者の選定、保健所への事前確認

武内デザインオフィスではこの設計・内装についてお手伝いしています。

医院デザイン実績100件を超える経験を活かしてドクターの想いを反映したクリニックを設計致します。
患者さんにとってもドクター、スタッフにとっても過ごしやすく快適な空間にしていきます。

⑤医療機器の手配

医療機器の選定・発注、設計・内装業者との調整、納入スケジュールの調整、操作方法の指導

医院設計を行う際、医療機器の配置や搬入経路についても図面に落とし込んでいくことが必要になってきます。
医療機器をどこに配置するかにより効率的な動線にも影響を与えます。

さらにレントゲン撮影なども行う場合は、専用の特殊な部屋を作ることにもなるため、専門性の高い設計技術が必要となります。

⑥人事労務・求人

人員計画の策定、就業時間・給料などの検討、各種規定の作成、求人広告、面接・採用・雇用計画

一般的な募集方法としては新聞の折込チラシや求人情報誌、ハローワーク、インターネットでの求人などを利用します。
募集方法によってコストが異なるなど、それぞれの方法に特徴やメリット・デメリットがあるので、費用対効果などを比較し決定するようにしましょう。

選定方法については書類選考・面接などを行う方がほとんどです。

⑦広告宣伝

リーフレット・チラシなどの検討・作成、看板・サインの検討、ホームページの作成

医療機関の宣伝は医療法での規制があるため、その規定を確認してから内容を考えるようにしましょう。

広告可能な媒体は限られていますが、一般的には折込チラシ、ポスティングチラシ、電柱広告や駅看板、ホームページなどがあります。
ものによっては表現方法に限りがあるため注意しましょう。

⑧行政手続き

開業届、保険医療機関指定申請、各種公費申請、消防関連

開業の準備が整ったら開業届など各種申請を行います。

消防署や保健所とも事前相談を行い、スムーズな段取りを行うための段取りや調整も必要となります。

まとめ

同じコストの素材や材料を使ってもコーディネートしだいで見え方やバランス、雰囲気が大きく変わってきます。
武内デザインオフィスでは、予算内でどれだけ良いクリニックをデザインするのかに重点を置いています。

また、単純に良いデザインをするだけではなく、デザインしながら同時に工事コストを調整することのバランスも考えております。

  • 患者さんが入りやすいクリニックを設計すること
  • 患者さんが落ち着ける空間をデザインすること
  • 素敵なクリニックだったと記憶に残るようなクリニックをつくること
  • ドクターやスタッフが気持ちよく毎日働けるクリニックをつくること

この4つの内容を、後ろから押してサポートします。

患者さんが快適に過ごせる空間をつくることはもちろんのこと、ドクターやスタッフが快適に、ストレスフリーで働ける空間をつくることも同じくらい大切なことだと考えています。

ぜひ、一緒に居心地の良いクリニックを作っていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)