医師のための医院設計と患者さまのための医院設計

クリニックや医院を設計する際には、その施工技術や設備の質の高さはもちろんのこと、そのクリニックや医院で働くことになる医師やスタッフ、そして通院することになる患者さまの視点から見た適切なプランニング能力が必要不可欠となります。

もちろんそこで開業している、もしくはすることになる先生方の医療に対する姿勢、どのようなクリニックを運営していくのかという今後の将来像などをヒアリングし理想的なクリニックの設計を行います。しかしそれだけではなく、開業することになる土地に住んでいる患者さまの声をしっかりと把握し、形にすることが求められるのです。

医療技術が進歩する中で満足の行く治療を受けることだけでなく、リラックスして心地よく治療を受けることができる空間を作ることが医院設計を行っている事務所に求められています。

患者さまの声を理解するためには、患者さまの目線に立つことが大切なのです。

先生方が患者さまから得た知識や今までの経験を踏まえ、独自のノウハウを生かしてプランを考え、医師のみなさまだけでなくスタッフや患者さまから見ても満足のいく医院を目指します。

今回は先生方から見る医院設計と、患者さま目線で見る医院設計についてお話したいと思います。

医師のための医院設計

医院やクリニックを開業するのは先生方です。

医院やクリニックはその経営の主役となる先生方の負担が少ないように、安心して診療や治療を行うことができる環境を設計することができるかどうかはデザイン事務所にかかっています。

理想的な医院を設計するために、まずは先生方の診療や治療の方針を伺い、具体的にどのようなコンセプトで設計していくのかを先生方と設計事務所ができる限りイメージの共有をしていきます。

今まで数多くの医院やクリニックを設計してきてはいても、全く同じクリニックを作るということはまずあり得ません。開業する土地も違えば物件も違い、働いているスタッフも違えば来院する患者さまも違います。

もちろん過去の経験が非常に大事で、実績を自信に変えることは非常に大切なことです。しかし、「こういう時にはこうする」「前はこうしたからそれが正解だ」というように必ずしもパターン化するのではなく、今向き合っている先生のための空間作りとして試行錯誤し、より良いアイディアを生み出していく姿勢でいることが重要です。

だからこそ、その医院やクリニックの治療方針やコンセプトを共有することが非常に重要で、唯一無二の医院設計を行うことができるのです。

先生が快適に治療を行うことができるということは、患者さまの安心を作ることに直結します。

患者さまのための医院設計

医院やクリニックに訪れる患者さまにとって、新しくできたクリニックに行くのは勇気がいることかもしれません。また、もとあった医院やクリニックがリフォームをした場合には、大きな期待を抱いているかも知れません。

”クリニックの顔”となる医院設計デザインは、患者さまの第一印象を左右する非常に重要なものです。

また、患者さまにとってクリニックで診療を受けるまでの時間は、「何も出来ない不便な待ち時間」というマイナスイメージであることが多いようです。そのマイナスイメージになってしまいやすい待ち時間を快適で居心地がいいものに変えることができるような環境を整えることが、医院設計においても重要な課題の一つです。待ち時間の心地よさは患者さまに「また来たい」と思って頂けるかどうかを決める要素になる可能性があります。

待合だけでなく診療中には安心感のある空間づくりのために、照明や色彩にこだわり、プライバシーに配慮した作りを考えることも大切です。

武内デザインオフィスでは、働いている医師やスタッフのみなさまからの視点だけでなく、患者さまの視点からも十分に配慮した最適な設計をご提案し、患者さまにとっても安心感のある空間づくりができるようんい工夫しております。

医師にも患者さまにも安心感を与える空間

医院設計の内装デザインの基本となる壁や天井、床などの素材や色彩選びは、どのようなコンセプトなのかによって大きく異なります。

決められた予算の中で最大限できる限りのご提案をし、先生方に負担がなくベストな選択をして頂けるように努めるのが武内デザインオフィスの重要な役割でもあります。

内装

例えば白を基調としてた空間を作るのであれば、白に直結するイメージの”清潔感”を重視した空間づくりをし、医院のコンセプトに合ったテーマカラーを設定して診療方針を表現するなど、今までの経験を活かしてさまざまなアイディアをご提供します。

医師にとっても患者さまにとっても安心感のある空間にするためには、診療方針に沿った内装を作ることが重要なのです。

照明

医院やクリニックの設計の際に必要なのは、その場所に合った照明の明るさや、患者さんに不快感を与えることのない最適な照明器具です。

特に患者さまの目に見える照明器具や色調には気を配り、治療を受けている際に眩しいと感じるなどの不快な状態にならないように隅々まで配慮します。

上を見たときに直接目に入る照明は間接照明にするなど、予算の中でベストな照明設備になるように工夫をします。

そのほかの工夫

その他もそのクリニックの診療科目によって、男性患者さまが多い、女性患者さまが多い、子どもが多い、お年寄りが多いなどさまざまな特色があります。

それぞれが違う感覚を持っているのは当然のことですので、そのクリニックにいらっしゃる方全員が満足の設備を整えることは難しいでしょう。

しかしなるべく部屋の中で暑さ寒さの偏りがでにくい設計にするなど出来る限りどなたにとっても快適な環境になるように最大限の工夫をします。

コストアップになってしまわないように、同じコストの中で最高の設計をします。

まとめ

医院設計をする際には、医師の目線に立つことはもちろんですが、患者さまから見た医院設計をすることが非常に重要です。

どのような医院にしたいか、どのような空間を作りたいのかということをしっかりと共有し、医院づくりを行いましょう。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)