医院設計における色彩のお話

医院やクリニックの設計を行うにあたり、重要視されているのは清潔感があり安全な場であることです。

医師やそこで働くスタッフの方が使いやすい動線であることはもちろんのこと、患者さまにとっても分かりやすい動線であるということが”安全な場”づくりに繋がります。

医院やクリニックは医療行為を行う場であることから、今も昔も「医療を行う場として安全で効率的な空間」であることは必要最低限の条件となっています。

このようにして機能面と効率性を重視して作られた昔からある病院は、”白や青色系の無機質な色合いの病院らしい空間”で、待合室のソファーは万が一の汚れが落ちやすいようにビニール製になっていることが多くあります。しかしその”病院らしいイメージ”の空間が苦手で、足を運びたくなくなってしまう方が多いものです。

ただでさえどこか体調子が優れなかったり、気分があまり良くないというときにいかにも病院という雰囲気では気持ちが滅入ってしまいませんか?

だからこそ最近では機能性や効率の良さを重視するだけではなく、親しみやすさを感じるような安心感のある空間をデザインすることが増えています。今までの白や青系の無機質なイメージを覆す色彩を取り入れたデザインにしてみませんか?

今回は医院を設計する際に重要な色彩に関してのお話です。

デザインにおいて重要な色彩

色彩は、デザインを構成している「形」や「質感」などを同様で非常に重要な要素の一つです。

色にはそれぞれに性質があり、色彩によって私たち人間の精神状態や感情を左右することもあります。医院やクリニックにおける色の選択は、診療に影響を及ぼす可能性はゼロではないということです。

例えば白は健康状態が良好な方から見ると清潔感があってクリーンなイメージに直結します。しかしどこか体調が優れない方にとっては「無」で、最悪の場合「死」を連想してしまう可能性があります。もちろん白が悪いということではありません。使い方や使う位置を工夫したり、清潔感を前面に押し出すデザインにしたり観葉植物を置くなどして空間に工夫を凝らし、全面に白を採用することも可能です。

白だけでなくそれぞれの色には「性質」があり、さまざまなイメージを作り出すのに役立つのが色彩です。どのような色を選択し、どのように使用するかはデザインにおいて非常に重要なのです。

色の持つイメージを活用したデザイン

それぞれの色が持つイメージを利用し、上手く生かした空間デザインを行います。

ピンク系

「銀座フェイスクリニック(美容外科・美容皮膚科)」

こちらはピンク系の色味を主体としたデザインとなっています。

女性患者さま専用のクリニックという特色を活かし、女性らしさの溢れるオシャレで快適な空間に仕上げています。

グリーン系

「明海こどもクリニック」

心が安らぎ、森林を連想するようなグリーン系の色味を採用したデザインです。

カウンターの木肌色との組み合わせで、まるで森の中にいるような心地のよさを表現しています。

優しい色合いと曲線が優しい表情をしているため、入口からお子さまが安心できるクリニックのイメージをしっかりと伝えることに成功しています。

ピンクやグリーンには、人の気持ちを落ち着かせるようなリラックス効果があると言われています。医院やクリニックに行かねばならないという患者さまの精神状態を考慮し、安らぎを与えることができる色彩を採用することでそのクリニックのイメージを演出しながらも快適な空間をつくることができます。

診察室

いずれの診療科目においても、診察室は色を正確に認識できるような空間で、ドクターだけでなく患者さまの目が疲れてしまわないように配慮することがとても大切です。

医師が目で見て診察を行うスペースですから、スムーズに正確な診断ができることがとても重要なのです。

診察室に関しては色彩はもちろんのこと、照明の配置や診察台の配置などの計画も快適な空間づくりに大きく関わってきます。

基本的には皮膚などが正確に確認できること、またドクターやスタッフの目が疲れないこと、患者さまがリラックスできる空間だと感じることができるようにすることが求められます。

診療科目にもよりますが、クリニックのイメージを損なわずに、さらには患者さまの真の目的である診察を適切に行うことができる環境づくりを行うために色彩にかんして考慮することがとても重要なのです。

武内デザインオフィスのクリニックデザインに関する考え

武内デザインオフィスは医院デザインの実績100件を超える経験から得たノウハウを生かし、ドクターの理想のクリニックを設計しています。

多くの実績の中でも、開業後のドクターからのクレーム0で設計をし続けることができているのは、スタッフ・協力業者との連携があるからこそです。

  1. 患者さまが入りやすいクリニックを設計すること
  2. 患者さまが落ち着くことができる空間をデザインすること
  3. 素敵なクリニックだったと記憶に残るクリニックを造ること
  4. ドクターやスタッフが気持ちよく働くことができるクリニックを造ること

この4つのポイントを大切にし、デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及します。

武内デザインオフィスの今までのノウハウを生かし、ご依頼頂いたクリニックにとって最良となるデザイン・色彩プランをご提案致します。

まとめ

医院やクリニックの開業やリフォームを考えている先生の治療方針やコンセプトに基づいて色彩の計画を立てることが重要です。

特に地域のみなさんのための個人クリニックなどは、身近な患者さまの診療はふれあいの時間とも言える大切な時間です。患者さまが安心して過ごすことができる空間づくりのためには、その医院やクリニックの”空間”のイメージを作る色彩についてもしっかりと考慮することがとても大切なのです。

壁の色や床の色、ソファーの色などを考慮するだけでなく、素材の組み合わせ方など専門家としてのアイディアをお伝え出来ればと思います。

もちろんご依頼主となるドクターのお好みの色を取り入れることができますので、「その病院らしさ」を表すことになる色彩に関して、最良の答えが出るように一緒に計画を立てましょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)