【医院設計を始める前に】知っておきたい空間デザインのコツ

クリニックや医院が増えているうえで求められているのは、医師の技術だけではありません。

来院する患者様が居心地よくいられる空間、そしてリラックスして安心できる空間も求められていると言えるでしょう。

クリニックや医院など、病院にはなるべく行きたくないものです。体調が悪いこともあり、誰だって病院へ向かう時は不安になります。このうような不安を解消するためには、空間デザインにこだわり、工夫することが大切です。

クリニックや医院の空間デザインは、一般的な商業施設などのデザインとは異なります。そこで、今回はクリニックや医院における空間デザインのコツについてご紹介します。

医院における空間デザインのコツとは?

それでは、医院における空間デザインのコツをご紹介します。医院設計を始めたいという方はぜひ参考にしてください。

外観のデザイン

まず考えられるのは、医院の外観デザインです。患者様が通いたいと思う、看板代わりになるようなインパクトのある外観が大切です。

しかし、単純に派手で目立つ物が良いというわけではありません

その街と調和がとれ、医院らしく清潔感があり、その中に医院の存在を上手くアピールする必要があるのです。また、信頼できるイメージがあることも大切です。

医院として診察や設備をしっかり充実させることはもちろん大事なのですが、患者様に足を運んでもらえるような外観をデザインすることも同じくらい重要なことでしょう。

ポイントは、以下の通りです。

【入り口】

  • 初診の患者様でも入りやすい明るくオープンな雰囲気にする
  • 風除室を設けて冷暖房の効率を高める
  • 車いすでの通行を考えた十分な幅を確保する

患者様がリラックスできるデザイン

病院に持つイメージは、多くの方が「怖い」「痛い」というようなネガティヴなものだと思います。そんなイメージの空間から、日常的な要素を取り入れるようなデザインが大切です。

病院は、清潔さや衛生面を強くアピールしようと、どうしても冷たくて無機質なイメージになりがちです。そういったイメージは、患者様により不安感や緊張感を与えてしまう場合もあります。

そこで、入り口や受付などに柔らかくて温かみのあるデザインを取り入れ、少しでも落ち着ける空間をデザインします。

例えば、温かみのある間接照明を取り入れたり、ウッド調のデザインを取り入れます。無機質な空間が、一気に穏やかでリラックスできる空間となるでしょう。そうすることで、患者様の不安や緊張が少しでも取り除かれ、居心地の良い医院となるのです。

また、退屈な待ち時間をストレスなく過ごせる空間作りも大切です。医院において治療時間が長引いてしまうのは仕方がないことなので、患者様が待ち時間を長いと感じさせないような工夫が必要です。それは、親子で楽しめるキッズルームの設置だったり、退屈しないように手に取って読める雑誌や、販促物などの設置など工夫次第で様々です。

【受付】

  • 受付の位置は、受付から待合室が見渡せる場所にあること
  • 観葉植物などを置いて目に優しい空間作り
  • 空間を遮らないオープンカウンターにする

【待合室】

  • 椅子の素材は汚れにくいビニールレザーなどを使う
  • ウッド調などを使った温かみのあるデザインを使う
  • 照明や壁の色は落ち着けるオフホワイト系の色でリラックスできる空間作り

【待ち時間でもリラックスできる工夫】

  • 退屈しないように販促品や配布物などを配置する
  • 親子が楽しみながら過ごせるキッズルームの設置
  • 居心地の良い空間を考えた仕掛けを設置する

バリアフリーなデザイン

また、今後の医院設計に忘れてはならないのがバリアフリーな空間作りです。

医院の入り口には、車いすでの通行を考慮した十分な幅をとることが大切です。そして、あらゆる段差の解消や手すりの設置、車いすを乗った方に使いやすいサイズや位置の把手を使用すること、トイレは車いすの患者様でも使いやすい広いスペースの個室があること、など至る所に細やか気配りができるようにしましょう。

スタッフが働きやすいデザイン

患者様の目線でデザインを考えたら、忘れてはいけないのがスタッフが働きやすい空間作りです。

院内の動線の悪さや収納スペース不足などの失敗はよくあることです。どんなに良いデザインの院内でも、先生やスタッフが使いにくく働きにくい環境では意味がありません。先生やスタッフが動きづらかったり、カルテや医療機器などが収納できないなどの問題があったら困ります。

スタッフの動きを考えた空間デザインを考え、そして、医院で必要不可欠な収納を確保することが大切です。

このように、先生やスタッフがストレスフリーで働くことができる医院設計が成功の近道です。

無駄な設備のないデザイン

よくある失敗として考えられるのは、まったく使用しない設備が出来てしまうことです。設計の際に、流行やデザイン重視で提案されて導入したものの、実際は使わないことが多いという話です。

このように、実用性のない設計はコストの無駄になってしまいます。

また、デザインが気に入って導入したものでも、実際は見かけだけで使いにくいものであったら意味がありません。

まとめ

医院やクリニックの開業やリフォームを考えている先生の治療方針やコンセプトに基づいて、空間デザインの計画を立てることが重要です。

そして、患者様の目線やスタッフの目線に立って、いかにストレスフリーで過ごせるかを重要視しましょう。

クリニックや医院は治療の不安や待ち時間の退屈さなど、どうしてもストレスが多い場所です。そのような病院だからこそ、患者様に寄り添った温かみのあるデザイン、そしてリラックスできる空間作りが必要です。

医院設計や施工相談、物件探しや物件依頼、改装物件などは、ぜひ武内デザインオフィスにご相談ください。豊富な医院設計の実績によるノウハウで、医院開業まで的確にサポートいたします。また、施工コストの面でも先生に喜んでいただけるような提案が出来ると自負しております。

2~3回の平面プランの打ち合わせのあと、当事務所を気に入って頂けた時点での設計契約をお願いしています。設計契約をするまでは、費用は一切発生しません。

どうぞお気軽にご相談ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)