空間別に考える医院リフォームのポイント

継承などで医院でもリフォームされる場合があります。

今回は医院のリフォームについて知っておきたい知識やデザインについてご紹介します。

よく使う用語について

まずは、医院のリフォームについてよく使う用語の整理をしておきましょう。リフォームの他にも、リノベーションやコンバージョンという言葉も使われることが多いです。違いが分かりにくいので、それぞれの用語についてご紹介します。

リフォームとは?

リフォームとは、クロスの張替えや床の張替え、住宅のキッチンの取り替えのような、比較的小規模な改装を指します。一般的には、大規模な改装も含めてリフォームと総称しています。

リノベーションとは?

リノベーションとは、給排水や空調・電気などの設備の更新、間仕切りの大きな変更など大規模な改装によって、その建物の性能や機能を向上させることを指します。

たとえば、既存内装設備を解体、撤去して一度スケルトン状態にして改装する場合などが当てはまるでしょう。

コンバージョンとは?

コンバージョンとは、大規模な改装の中でも建物の用途を変える場合を指します。たとえば、事務所から店舗や住宅などに変更することはコンバージョンに当たります。

最近では、事務所をゲストハウスのような宿泊施設に変更するケースが多いようです。床面積や変更用途にもよるのですが、建築確認申請が必要なケースが多いので、設備や法規制などの難しい問題をしっかりクリアすることが大事です。

よくある医院のリフォーム・リノベーションの理由

継承の際に医院のリフォームやリノベーションが多いのは、以下のような理由があります。

  • リフォームだと工事期間が短く、仮診療所の期間が短くなる。また、仮診療所の場所が無く長期の休診が難しい時は盆休みや連休を利用して部分リフォームをすることも出来る
  • 同じ敷地で建て替える際は、長期の工事期間に診察を止めれないので仮診療所を作る必要があるため、費用が無駄になったりスタッフの雇用問題が出てくる
  • ほかの敷地に建て替えれば、仮診療所の問題がないが、簡単に近所でそれなりの土地を見つけるのが難しい、さらに土地代もかかってしまう

リフォームは、設備の面などで様々な制約を受けることがあります。しかし、土地探しや費用の問題、仮診療所の方法などの問題が解決できないことが多く、リフォームされるケースが多いのです。しかし、既存の建物に対する思い入れが強いので、建て替えることは考えられない、というケースもあるでしょう。

院内空間別のリフォームポイント

医院内の各空間におけるリフォームのポイントについてご紹介します。

【アプローチ・出入り口】

クリニックのアプローチは、安全面の確保を前提に、手すりやスロープが必要となります。また、最近では下足のまま出入りするケースが多いので、下足やスリッパの収納スペースが不要になるメリットもあります。

バリアフリーを考えると、クリニックのアプローチは、道路から段差をなくして手すりも完備しておきます。

【受付】

受付内の事務スペースは、書類等が多く散らかりやすい場所です。そのため、カルテ棚で仕切ったり患者様から見えにくいレイアウトにする必要があります。

また、受付カウンターは待合室の患者様の様子がきちんと把握できるように、待合室に向けて配置するケースが多いです。

【トイレ】

トイレは、患者様用とクリニックのスタッフ用と別々に分けます。基本的には、患者様用のトイレは待合室の近くに男女別に設置します。また、患者様用として検査室付近に専用のトイレを設ける場合もあります。

トイレのリフォームの場合は、床をフラットにしたり幅を広めにとったりと、バリアフリー対策を施すことも大切です。

【待合室】

待合室はクリニックの顔とも言える場所です。診療に直接関係のある場所ではないのですが、また来たくなるクリニックのような、印象深い空間作りを目指しましょう。

通常、待合室の広さは、1日の患者様の数を予測して決めます。椅子は、入り口と直接対面しないように配慮し、患者様同士の目線が合わないように設置することも大切です。

クリニックの雰囲気に合わせて色合いも決めていきます。温かく穏やかな空間になるように、カウンターを木目調にしたり、薄いピンク色やオレンジ色のソファを選ぶこともあります。全体のデザインや調和に合わせて空間を壊さないように配慮しましょう。

【外観】

クリニックの外観は、クリニックの看板代わりにもなるので、道を歩く方や車で移動する方にもアピールするようなデザインが好ましいです。

外壁の張替えや塗り替えだけでもイメージがガラリと変わりますが、さらに印象を強く残すにはもう一工夫しましょう。たとえば、煙突や時計塔などの視覚的に印象に残りやすいものを設置すると、クリニックの存在をよりアピール出来ます。

【院長室・スタッフルーム】

クリニックは患者様目線に立つことも大切ですが、質の高い医療提供のためにはスタッフやドクターがストレスなく働ける場所であることも大切です。

特に、ドクターやスタッフがゆっくり休憩できる場所は必要になるでしょう。スタッフルームは、ロッカーや冷蔵庫、ミニキッチンなどを設置するスペースを確保したうえで、足を伸ばしながら過ごせる場所があると良いですね。

まとめ

武内デザインオフィスでは、クリニックデザインにおいて大切にしているポイントが4つあります。

  1. 入りやすいクリニックを設計すること
  2. 患者様が落ち着ける空間をデザインすること
  3. 「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを作ること
  4. ドクターやスタッフが気持ちよく働けるクリニックを作ること

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で、ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなものだと考えております。

また、同じコストで最高の結果を出すことをモットーにデザインを考えております。というのも、同じコストの素材を使っても、コーディネート次第で見せ方が大きく変わるのです。武内デザインオフィスでは、デザインしながら同時に工事コストも調整するということを意識しております。

クリニックデザイン、クリニックリフォーム、店舗デザインに関することなら、ぜひご相談ください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)