【知っておきたい】医院設計に求められることとは?

医院設計に求められることとは、いったい何だと思いますか?

ここでは、医院設計に求められるポイントを詳しくご紹介します。

医院におけるインテリアデザインについても詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

医院設計に求められることとは?

使いやすいこと

医院設計に求められるポイントとしてまず考えられるのは、機能面です。
クリニックだけではなく、住宅でも事務所でも、使いやすいことはとても大切です。

空調や照明のスイッチが不便な場所にあるととても使いにくく、利用者に負担やストレスがかかってしまいます。クリニックでは、機能面の問題はかなり重要になってきます。

手術室に、照明のスイッチが足元になく、壁面だけだとしたら不便ですし、手間や時間もかかってしまいます。

機能面でのポイントは、インテリアや設計において大変重要な役割を果たすのです。
クリニックの診療方針やスタッフの動き方、患者様の使い勝手に合わせて、色々な角度から機能面を考えることが大切です

人に優しいこと

医院設計において次に注目したいポイントは、人の目や体に優しいことです

クリニックは冷たく無機質なイメージが多いと思います。ですから、余計に癒しの空間としてこだわり、患者様が居心地の良い空間でなくてはなりません。

壁の色や照明の色が目に優しいグリーンや温かみのあるオレンジなら心までリラックス出来るでしょう。待合室で診察を待っているときは、誰でも不安や緊張感がでるものです

医院設計とは、そんな気持ちを和らぐことも必要なのだと思います。

清潔なデザインである

そして、クリニックだけではなく事務所や様々な施設においても言えることですが、清潔であることは大事です

特に清潔感が失われがちな化粧室には、注意が必要です。

化粧室は、利用する人を選ばないユニバーサルデザインが好ましいでしょう。常に清潔でいられるように、手を洗う水洗を自動にしたり、ペーパータオルやハンドドライヤーを設置するスペースも確保する必要があります。

また、化粧室の出入り口には抗菌タイプの材質を使用することが望ましいです。

さらに、待合室にある椅子。患者様の体調が悪いときは、座るだけではなく横になることもあるでしょう。

そのため、清潔感がある汚れにくい素材が良いですね。座り心地にも注意してデザインを考えましょう。

クリニックならではの利便性が重要

医院設計では、レイアウトも重要です。
診察室や検査室、そしてリハビリ室など配置をしっかり考える必要があります。

クリニックでは、診察がなくリハビリ目的だけの患者様も少なくありません。ですから、受付や待合室から診察室、検査室としっかり分かれている構成が望ましいでしょう

このように、患者様の目的によって動線を考える必要があるのです。

また、リハビリを行う整形外科では、患者様やスタッフの人員も多くなります。そのため、ある程度の面積が必要になるでしょう。

リハビリを行う患者様は、足や膝、腰などに痛みを感じている場合がほとんどです。そのため、ほかの診療科より段差をなくし、空間にこだわる必要があります。

待合室や通路の幅に余裕を持たせることはもちろん、車椅子や歩行補助器具などを使用する患者様のための利便性もしっかり考えましょう。

目的によって計画を考える

たとえば、皮膚科は保険診療の皮膚科と自費治療を含んだスキンケアクリニックで、計画が大きく異なります。

保険診療の皮膚科では、光線療法機器などの電気の容量を確認する必要があります。
ほとんどは単相100Vですが、1〜1.5KVAの場合もありますのでチェックをしておきましょう。

レーザー治療は焦げたような匂いが発生することもあるため、処置室の換気に注意しましょう。
特に、排気部分は単独で設置した方が良いですね。また、外部に直接ダクトが出せるような設置にすることも大切です

自費治療のスキンケアクリニックでは、医療施設というよりはエステサロンのような要素が強くなる場合があります。
最近では、若い女性が美容目的でスキンケアクリニックに通うことも多いでしょう。

そのため、プライバシーを重視することも大切です。待合室で患者様同士の目線が合わないように、ソファーや椅子の配置に注意しましょう。

また、メイクを落としたり施術後にメイクをするためのパウダールームの設置も必要です。顔色やメイクアップが分かりにくくないように、ライティングの色温度、電球色・自然光・温白色などに変更できる設備であることも大切です。

クリニックの面積は、保険診療の皮膚科の場合は25〜30坪程度が必要です。
自費治療を含んだスキンケアクリニックの場合は、50坪以上が必要となるでしょう。(処置室の数によって異なります)

デザインやレイアウトは、保険診療か自由診療かで計画が異なりますので、必ず最初に何が目的なのかをしっかり明確にすることが大切です。

まとめ

クリニックのデザインは、内科系や産婦人科、小児科、皮膚科、そしてメンタルクリニックなど診察科目によって重要視するべきポイントが異なります。

また、診察科目によってクリニックの診察室の医療設備や機能性なども異なります。

そのため、診察科目によって診察室のレイアウトやコンセプトをしっかり考えたデザインをすることが大切です。

初めて手がける診察科目の医院設計をする際は、まずは医療設備の種類や診察の内容などをしっかりヒアリングして、詳しく調べることを怠らないようにしましょう。
そして、医院設計に求められていることとは何かをしっかり考えていきましょう。

武内デザインオフィスでは、医院やクリニックの設計、デザインから歯科設計やデザイン、そして改装リフォームなども行っております。
医院デザイン実績100件を超える経験を生かし、ドクターが思う最高のクリニックを設計いたします。

患者様が快適に過ごせる空間を作ることはもちろん、ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間作りを目指しています。

クリニックデザインや店舗デザインに関するご相談ならぜひ武内デザインオフィスにお任せください。ドクターの意見を尊重しながら、患者様に選ばれるクリニックを作っていきます。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)