ドクターとスタッフのための医院設計

クリニックの医院設計において、毎日働くドクターとスタッフの目線から見ることはとても大切です。

今回は、ドクターやスタッフから見た医院設計の重要性についてご紹介します。

ドクタールームとスタッフルームはどうあるべきか?

テナント内でクリニックを開業する場合、どうしてもスペースが限られてしまいます。診察室や待合室を優先したレイアウトにすると、ドクタールームやスタッフルームは隅に追いやられ、狭くなりがちです

クリニックの労働環境を考えると、開業後は患者様で溢れて緊張感が走ったり、忙しさで慌ただしくなることが予想できます。そのため、少しでも休める休憩時は、リラックスできる環境が必要となります。ゆっくり休めるスペースでないと、リフレッシュできず、休憩後に力が入らなくなってしまうでしょう。

このような点は、スタッフ雇用や仕事のモチベーションの問題にもつながりますので、医院設計で重要すべき要素でもあるのです。

医院設計をドクターとスタッフ目線で考える

それでは、スタッフとドクターの目線から医院設計のポイントを考えていきたいと思います。

快適な環境にするには

実際にデザインする際に、どこに重点を置くべきかをお話しします。

スタッフルーム

スタッフルームは、場所や状況によっては採光の確保が出来ない場所に配置しなければならないこともあるでしょう。

ですが、たとえ狭くてもリフレッシュ&リラックスするために、できるだけ開口部に面したスペースに配置することが大切です

レイアウトの都合で、どうしても開口部に配置できない可能性もあります。その際は、壁面のデザインや室内の空調、照明などを工夫して、できるだけリラックスできる環境を作る必要があります。

また、スタッフルームではスタッフ達が靴を脱いで横になれるスペースがあると望ましいです。こういった点を考えると、クリニックではロッカーや着替えのスペースとは別に、1.5坪から3坪程度は必要です。また、設計の基準では「スタッフ数×1.5〜1.8平方メートル」で計画しても良いですね。

ドクタールーム

ドクタールームも、スタッフルームと同じように開口部に面して配置することが望ましいです。ドクターは、ドクタールームをクリニックの商談や応接、事務室のように使うことも多いため、最低でも4.5坪は必要でしょう。

また、日帰りで手術を行う場合を考えると、シャワー室を設置するケースがあります。こういった点を踏まえて、クリニックのあらゆるスペースを確保することが大切です。

テナント内でクリニックを開業する場合

一般的なビルテナント内のクリニックでは、ドクタールームとスタッフルームで約7.2坪が必要となります。

そのため、診察室や処置室、レントゲン室、待合室、受付、化粧室、トイレなどを合わせた30坪を加えても、最低でも40坪程度のスペースが必要になるでしょう。

テナントを決める際には、診察室や処置室のスペースより雇用するスタッフの数やドクタールームに何を求めるのか、が実際問題として重要になります。

特に、最近の開業の傾向では、受付の事務員さんや看護師さんの雇用に苦労することが多いようです。こういった労働環境の面で見ても、今後の医院設計は、スタッフルーム、そしてドクタールームの機能面を充実させることが大切です

スタッフの動線を考える

医院設計で重要するのは、待合室やトイレ、バリアフリーなどが多いでしょう。どれも、患者様が気持ちよく過ごせるためにとても大切です。

しかし、毎日忙しなく働くスタッフの動線をしっかり考える必要があります。

どんなに素晴らしい雰囲気を醸し出していても、スタッフやドクターがスムーズに動かない空間では作業効率もモチベーションも上がらないですよね。こういった面もまた、クリニックの快適さを作用するのです。このように、スタッフの動線についても、よく考えて医院設計を進めましょう。

医院設計の目安としては、待合室→診察室→処置室→受付→トイレの順番にスペースを確保していくことが多いでしょう。

そして、余裕があればキッズコーナー→ドクタールーム→スタッフルームの順番に検討するのではないでしょうか。

しかし、診療が問題なくスムーズに行えるためにも、スタッフやドクターが動きやすく、使いやすく動線を考えることも大切です。設計は、希望に合わせて変更が自由にできます。

まずは、毎日緊張感を持ちながら慌ただしく働くスタッフの目線に立って考えてみてはいかがでしょうか

だからといって、患者様の動線を無視しては意味がないので、スタッフ、ドクター、患者様の様々な視線から医院設計をよく考えることが大切です。

これが、開業後の成功につながる大きなポイントと言えるのではないでしょうか。

武内デザインオフィスでできること

いかがでしたでしょうか。スタッフやドクターの目線から見てみると、また新たな発見があったのではないでしょうか。

武内デザインオフィスでは、医院設計のほかに歯科医院設計やデザイン、歯科医院改装も行っています。

同じコストの素材や材料を使ってもコーディネート次第で見え方やバランス、雰囲気が大きく変わってきます。武内デザインオフィスでは、予算内でどれだけ良いクリニックをデザインするのかに重点を置いています。

また、単純に良いデザインをするだけではなく、デザインしながら、同時に工事コストを調整することの「バランス」を考えています。

武内デザインオフィスでは、今回ご紹介した医院設計のポイントのほかに、以下のことを重視しています。

  • 患者さんが入りやすいクリニックを設計すること
  • 患者さんが落ち着ける空間をデザインすること
  • 素敵なクリニックだったと記憶に残るようなクリニックをつくること
  • ドクターやスタッフが気持ちよく毎日働けるクリニックをつくるこ

この4つの内容を、後ろから押してサポートします。

患者さんが快適に過ごせる空間をつくることはもちろんのこと、ドクターやスタッフが快適に、ストレスフリーで働ける空間をつくることも同じくらい大切なことだと考えています。

ぜひ、一緒に居心地の良い、また通いたくなるようなクリニックをつくり上げましょう!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)