開業前に知っておきたい!開業までの流れとは?

これから開業を目指す医師にとって、何が大切か、どんな流れなのかを具体的にご紹介していきます。

クリニック市場を分析した時に、決して順風満帆とは言えない環境だからこそ、しっかり調査と検討を重ねることが大切です。

開業を思い立ったらやるべきこととは?

医師たちが開業を思い立った理由は人それぞれです。しかし、この段階では開業に憧れをもっている方が多いでしょう。

今後何年もクリニックを経営していくためにも、開業に憧れを持つだけでは今後の成功のためには不十分です。開業を考えたら、まずは「なぜ開業するのか」「どのようなクリニックを作りたいのか」というコンセプトをはっきりさせましょう。

そして、考えたコンセプトを目標に、しっかり突き詰めていうことが大切です。こういったポイントが、安定した開業準備や開業後のクリニック経営につながっていくでしょう。

コンセプトの重要性

開業の準備を進めていく中で、そしてクリニックの経営を行っていく中で、医師は様々な決断を迫られます。そんなときにこそ、コンセプトが判断基準として役立ちます。

クリニックの名称をつけるときにも、何をつけても決して間違いにはなりませんが、コンセプトに合致しているかという基準を設けると判断しやすくなるでしょう。コンセプトがないと、判断に迷いが生じます。さらに、判断基準がなく、ばらばらの印象のクリニックになってしまいます

開業に必要なこと

開業には、様々なことが必要になりますが、主なものを挙げると以下のようになります。

  • 開業地の選定:立地調査や将来性の予測、継承物件の検討、診療圏の調査
  • 事業計画策定:投資金額の決定、収支の想定、キャッシュフロー表の作成、損益計算書の作成
  • 資金調達:調達方法の検討、調達先の選定、金融機関への相談など
  • 内装設計:建物本体工事の調整、設計や内装業者の選定、保健所への確認
  • 医療機器:機器の選定や発注、内装業者と調整、納入スケジュールの調整、操作の指導
  • 人事労務や求人:人員計画の策定、就業時間や時給などの検討、各種規定の作成、求人広告の作成、面接採用など、雇用契約
  • 会計や税務:会計の処理
  • 行政手続き:開設届、各種公費申請、消防関連手続き、保健医療機関指定申請

開業までのスケジュール

開業までのだいたいの流れやスケジュールは以下の通りです。

【開業5か月前】

銀行融資申し込み、賃貸借契約、医療機器の選定、医院名称やロゴマークの検討

【開業4か月前】

銀行融資申し込み終わり、工事が始まる

【開業3か月前】

会計士などの責任者の決定、各種保険契約などの検討開始、使用薬剤の打ち合わせ

【開業2か月前】

工事の検査や電話の取り付け、完成引き渡し、口座の開設、X線量測定、医療機器の導入、求人広告の掲載、面接、新聞折り込みなど、ホームページの企画制作、薬局の開設、保健所の届け出、保健医療機関指定申請、医師会や町内会、老人会などへのあいさつ回り開始

【開業1か月前】

スタッフの研修、ホームページのテスト稼働、本稼働、保健医療機関指定、検査会社や医療廃棄物業者の決定、内覧会や模擬演習

開業の運転資金について

一般的な内科の場合は、約2,000万円程度を目安に用意しておくことが良いでしょう。

運転資金は、事業の経費に加えて医師の生活費なども見積もる必要があります。これらの支出を含めた収支が、クリニックが黒字になるまでの間の必要資金となります。しかし、診療内容や借入条件によって必要額は異なります。

また、不測の事態などで開業後に運転資金が追加で申し込みしなくてはならない場合は、金融機関に対して悪い印象を与えてしまいます。さらに、融資許可が下りないという可能性もあるのです

そのため、はじめに極力多めに手当てし、足りないときはその都度一部繰り上げ償還を行うことが良いでしょう。

スタッフの募集や選定方法

クリニックで働くスタッフの一般的な募集方法は、新聞の折り込みチラシや求人情報誌、そしてハローワークなどを利用します。こういった募集方法は、コストや効果にそれぞれの特徴があります。そして、地域によってもその特徴は異なるでしょう。

しかし、現在、看護師などコメディカルの人員確保は難しい状況となっています。そのため、場合によっては派遣や人材紹介業者へ依頼することとなります。

スタッフの選定については、履歴書から書類審査、面接等を行います。

開業の宣伝について

クリニックの宣伝については、医療法によって規制があります。広告が可能な媒体は限られています。しかし、一般的には新聞の折り込みチラシや電柱広告、駅の看板、ポスティングチラシ、ホームページなどがあります。

その媒体によっては、表現の方法が決められているので注意しましょう。そして、クリニックのスタッフの求人広告なども、宣伝の媒体となるのです。

武内デザインオフィスでは…

開業には、医院設計が必要になります。その際にはぜひ武内デザインオフィスをご利用ください。

武内デザインオフィスは医院デザイン実績100件を超える経験を生かして、ドクターが願う最高のクリニックを設計いたします。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザインオフィスが大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザイン事務所は常に考えています。

患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

開業後は、ぜひ医院設計として弊社にサポートさせてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)