クリニックの開業に必要な費用とは?

開業を考える医師にとって、費用面はとても大切な問題となります。

クリニックの診療科目によって、必要になる機器や敷地面積なども異なるため、必要十分な開業資金も医師のクリニックコンセプトによって大きく異なるのです。

ここでは、開業のために必要な費用の話をしていきます。

開業で最も費用がかかるものは?

開業に必要となる費用は様々です。大きなものでは医療機器や内装の費用、小さなものでは広告の宣伝費や消耗品などがあるでしょう。

一般的な内科のケースを例に挙げていきます。(予算は概算です)

【内装造作費】2,000万円

  • 院内の床や壁、天井の組み立てや装飾、空調、付随する照明などの費用
  • 工事の単価は坪あたり約40~50万円程度

【医療機器】2,000万円

  • 電子カルテや超音波診断装置、一般撮影装置、心電計、内視鏡、CRなどの費用

【備品】200万円

  • 待合室のソファーや診察机、いす、休憩室の机やいす、電話設備、タイムカード、レジスターなどの費用

【敷金や保証金】80万円

  • 礼金や仲介手数料、月額賃料の1か月程度

【前家賃】80万円

  • 賃貸借契約開始から開業前(内装工事等の準備期間)までに発生する家賃
  • 2ヶ月分程度

【運転資金】2,000万円

  • 開業当初の売上が少ない時期でも人件費や家賃等の固定費を支払う必要があり、その費用を予め想定して準備しておく資金

【医師会入会金】200万円

  • 医師会に入会する場合に必要となる費用で金額は各医師会により差異あり

【広告宣伝費】300万円

  • 開業時に作成するチラシや看板、リーフレット、ホームページなどの費用

【消耗品や予備費】200万円

  • 開業時の診察券等印刷物、筆記用具等の事務用品、医薬品等及び予備費

こういった費用を準備するためには、資金の調達をする必要があります。

まずは、自己資金としていくら準備できるのかを検討しましょう。そうして、残りの費用を銀行から借りるか、リース会社からのリースでまかないます。

ちなみに、自己資金の目安は総投資額の5パーセントから10パーセントを準備するのが良いでしょう。

開業で必要となる面積の広さ

次に、必要な費用を大きく左右するテナントの広さについてご紹介します。

テナントの面積が広くなると内装の費用も大きくなります。また、敷金などの初期費用も大きくなるので注意が必要です。まずは、自分の診療科目にどのくらいの広さが必要となるのか、今一度しっかり確認しておきましょう。また、場所探しの面も重要になってくるので確認することが大切です。

ここでは、診療科目別に必要になる面積と費用をご紹介します。

【内科】35~45坪:2,250万円

  • 内視鏡がある場合は、45坪程度が理想となります。

【小児科】30~40坪:2,000万円

  • 診察室や隔離室、X線室などを設ける場合は、35坪以上が必要になります。

【整形外科】60~70坪:2,800万円

  • リハビリ室は45坪以上確保する必要があります。

【耳鼻科】30~40坪:2,000万円

  • 繁忙期には待合室が混雑することが予想されます。そのため、40坪以上確保することが理想的です。

【皮膚科】25~35坪:1,750万円

  • レーザー治療を設ける場合は、30坪以上が必要となります。

【眼科】30~40坪:2,000万円

  • 手術室がある場合は、40坪程度の確保が理想的です。

【脳外科】60~70坪:6,000万円

  • CTやMRIを導入する場合は、シールドやX線防護工事があるので注意しましょう。

開業後について

開業後に多い悩みは、「患者様が集まらないこと」だと思います。この原因として考えられるのは、クリニックが認知されていないことでしょう。

こういった悩みをかかえないためにできることとは、運転資金を積極的に広告・宣伝に使うということです。

借入金の有効的な使い方として考えられるのは、自分のクリニックの宣伝、そしてクリニックの専門性のアピールなどに使うことです。開業時に多い失敗は、「支出を抑えるために、ホームページや新聞折り込みチラシ、看板、内覧会などの広告宣伝の費用を削ってしまったため、患者様が集まらない」ということです。

開業したばかりのクリニックなら当然のことですが、地域の方にすらクリニックの存在を知られていないのは問題です。どれほど経験豊富で、勤務医のときに患者様から評判だった医師が開業しても、クリニックの存在を知ってもらえなければ意味がありません。

もちろん、医師の専門性や人柄、クリニックでできるのはどんな治療かなどをその地域の方に知ってもらうことが大切です。

まとめ

クリニックの開業資金は、どういった患者様を中心に診察していきたいかを考えることが大切です。そして、それがかなうように上手く配分する必要があるのです。

初期投資がかさまないように上手く抑えることは大切ですが、そこばかりを考えすぎないようにすることも大切です。クリニックにとって肝心の運転資金や患者様の数を増やすために、広告や宣伝費がなくなるのは問題です。

何にどのくらい予算が必要か、そのためにはどのくらい借入が必要かをじっくり考えてシミュレーションしましょう。

武内デザインオフィスでは…

武内デザインオフィスは医院デザイン実績100件を超える経験を生かしてドクターが願う最高のクリニックを設計いたします。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

そこで、医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザインオフィスが大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザインオフィスは常に考えています。

患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

ぜひ、開業のお手伝いをさせてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)