【まずはここから】クリニックの開業手順とは?

クリニックの開業の主な流れをご紹介します。

手続きだけではなく、経営を見据えた開業をすることがポイントとなるでしょう。開業してから失敗しないためにも、ぜひ参考にしてください。

クリニックの開業の手順とは?

開業コンセプトを決める

まずはクリニックを開業するために、クリニックのコンセプトを決定しましょう。やりたい診療ややりたくない診療、クリニックの規模などを固めていきます。

いつごろまでに開業するのかを決め、さらにクリニック開業に関する知識を収集しましょう。

開業コンセプトについては、かなり重要な項目になるのでじっくり考えることが大切です。

  • 自分がやりたくない診療は何か
  • どんな診療をしたいのか
  • どのような規模でどんな医療機器を導入するのか

などをはっきりと決めていきます。これを決めないと、時間や無駄なコストがかかってしまう可能性があるのです。

開業場所を選ぶ

クリニックを開業するにあたり、場所の選定は重要になります。競合するクリニックの状況や診療科目の特徴、診療圏調査も必要です。

近くに競合するクリニックがなくとも、地元の人が通いにくい場所では意味がありません。

開業場所をある程度決めたら、実際に現地に足を運び、自分の足と目で場所や駅からの距離、土地の特性や競合になるであろうクリニックを慎重に調査しましょう。こういった調査をじっくり行うことで、ある程度の患者様の外来数も予想できるでしょう。

開業資金の借り入れを行う

クリニックを開業するために、ほとんどのドクターは金融機関からの借り入れが必要になるでしょう。ドクターの状況に応じて、金融機関からできるだけ有利な条件で借り入れを行いましょう。

開業資金の借り入れの流れは以下の通りです。

  1. 事業計画
  2. 資金計画
  3. 金融機関との交渉
  4. 銀行借入契約

設計や内装を考える

クリニックの設計や内装を考えます。どれだけ低コストで質の良い内装や設計ができるか、たくさんの設計事務所からよく考えて選びましょう。

設計事務所を決めたら、設計士とクリニックのコンセプトの打ち合わせを決めていきます。内装に関しては、ドクターの希望やこだわりなどをもとにアイデアを出し合って、修正工事が発生しないようにじっくり詰めていきましょう。

医療機器の選定

医療機器の選定はクリニックのためにかなり慎重に行いましょう。

簡単に業者に見積もりを依頼すると、医療機器が思ったより高値で固定されてしまうこともありえます。医療機器を選定し、物件の引き渡しをしたら、機材の搬入を行います。逆算し、いつ頃機械を発注したら良いのかを考えます。

申請や届け出業務を行う

クリニック開業のためには、行政への届け出や手続きが必要になります。保健所や消防署などと事前に相談し、スムーズに手続きが行えるように段取りや調整も行いましょう。

申請や届け出業務の主な流れは以下の通りです。

  1. 保健所や消防署の事前相談
  2. 医師会ご挨拶
  3. 保健所届け出
  4. 社会保険医療機関指定

スタッフの採用

クリニックを経営するためにスタッフの面接や採用を行います。診療科目や内容によって、必要になるスタッフの人員数は異なってくるでしょう。

また、適切な人員の配置や採用方法などはコンサルタントに相談して決定することがおすすめです。

スタッフ採用の主な流れは以下の通りです。

  1. 人員計画の策定
  2. スタッフの採用面接
  3. 応募書類の整理
  4. 面接のセッティング
  5. スタッフの採用決定通知・不採用通知
  6. スタッフの研修
  7. 電子カルテ研修

看護師や技師、医療事務などの採用面接を行うのは初めてというドクターも多いと思います。面接で何を重要視すればよいのか迷ってしまう方も少なくないでしょう。

スタッフ面接で重要なのは、ドクター自身が初心に帰り、どんな開業を目指しているのか、どんな診療を考えているのかにぴったりとあてはまるスタッフを選ぶことです。

また、面接で質問することを事前にしっかりまとめておくことも大切です。

よくある質問に配下のものがあります。

  • 過去の職歴
  • 志望動機
  • なんで前職を辞めたのか
  • 求職者が考えている長所や短所

広告戦略を考える

クリニックを開業しただけでは患者様は来ないでしょう。たくさんの患者様に来てもらうには、広告が重要になります。

ホームページや印刷物などで、広告の戦略を考えていきましょう。

広告戦略の主な流れは以下の通りです。

  1. ロゴデザインの確定
  2. ホームページや印刷物、看板の作成
  3. 印刷に入る
  4. 広告の発注
  5. 近隣へのご挨拶
  6. 内覧会の準備
  7. 内覧会

クリニックの開業でもっとも大切なのはその内容ですが、クリニックのコンセプトをいかに上手に伝えられるかも大切と言えます。デザインも重要視し、見栄え良く作成していきましょう。

特にクリニックのロゴマークは、思いを形にするアイデンティティの表現と言えます。コストがかかったとしても、患者様に親しんでもらえるロゴマークを作成してもらうことがおすすめです。

クリニックの開業当日

いよいよクリニックの開業当日となります。

開業当日は色々なハプニングがつきものですが、慌てず対応できるようにどんと構えましょう。また、朝から業者のご挨拶があったり難しい患者様がいたりと、患者様の数の割には忙しさを感じるかもしれません。

手間取ってしまわないように、あらかじめ研修などでしっかりシミュレーションを行うことが大切です。また、実際にオペレーションを繰り返すことでもどんどん慣れていくでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

クリニックの開業の流れはある程度理解できましたでしょうか。

武内デザインオフィスでは、この流れの中でも医院設計の点でお手伝いしたいと考えております。医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザイン事務所が大切にしているポイントは4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザイン事務所は常に考えています。

患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。ぜひ、武内デザインオフィスと一緒に素晴らしい空間を作っていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)