医院設計の金額や費用の相場・ポイントについて

病院やクリニックのデザインや設計を考えている方も多いと思いますが、費用が気になってなかなか踏み出せないという方も多いでしょう。

思ったよりコストがかかってしまった、コストをかけた割にはデザインがイマイチ…というような結果になってはとても残念ですよね。リフォームについても同じです。せっかく改装、設計をするなら誰もが満足できる医院でなければ意味がありません。

そこで今回は、医院設計にかかる費用相場や費用分布などについてご紹介したいと思います。医院設計を検討中の方はぜひ参考にしてください。

病院やクリニックのデザイン・設計の費用相場

まずはだいたいの費用の相場について見ていきましょう。デザイン設計や設計管理、内装工事や外装工事にかかる費用の相場は以下の通りです。

今後、医院設計を考えている方は費用の目安にしてください。

  • デザイン設計:250~500万円
  • 設計管理:150~500万円
  • 内装工事:200~700万円
  • 外装工事:500~1000万円

※クリニックや病院の規模などによって金額が異なります。

病院やクリニックのデザイン・設計の費用分布について

続いて、病院やクリニックのデザイン・設計の費用の分布についてご紹介します。

  • 750~1000万円:40%
  • 500~750万円:30%
  • 100~500万円:20%
  • 1000万円以上:10%

このように、一般的な病院やクリニックの設計やデザインの費用の相場は100~750万円と言えます。

※病院やクリニックの設計デザインの概算費用なので、実際の状況や費用諸経費などで変化していきます。

医院設計のポイント

それでは、最後に医院設計のポイントについてご紹介していきます。通い続けてもらうにはどんなポイントにこだわればよいのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

親しみやすいデザイン

医院設計で重要視されているのは、安全で清潔な場所であることです。また、ドクターや看護師にとって使いやすく働きやすい空間であること、患者様に導線がわかりやすい場所であることが大切です。今までは、医療を行う現場として効率が良く機能的な空間が求められていました。

ですが、白や青一色の空間で無機質な病院やクリニック特有の空間を苦手とする方も多いのが現実です。

そのため、最近では効率性や機能性に加えて、親しみや安らぎを感じることができるデザインにこだわった空間であることが求められています。

色彩計画

患者様が落ち着いて過ごせる空間であるためには、色彩にもこだわる必要があります。

グリーンやピンクは人の気持ちを落ち着かせる効果があります。また、優しい気持ちにさせてくれる色でもあるので、待合室での緊張感や不安感を和らげてくれるでしょう。木目調の床は、温かみのあるイメージなので、グリーンやピンクにうまく溶け込みます。

オレンジは人を元気にさせてくれる色です。こういった色を受付に使うことで、病院やクリニックのイメージをはつらつとした印象にさせることができるでしょう。

こういった色彩計画は、設計士だけでなくカラーコーディネーターにもアドバイスをもらうことがおすすめです。患者様が座るソファーや目に優しい観葉植物、壁に飾る絵なども空間のイメージを大きく左右します。そのため、素材の組み合わせや色などについても、専門家の意見を聞くと良いでしょう。

患者様に選ばれる病院・クリニックとは?

近年、医療機関を取り巻いている環境は大きく変化しているのです。ここからは、患者様に選ばれ続ける病院・クリニックであるためにはどういったポイントが大切なのかをご紹介していきます。

高品質な医療サービス

患者様に選んでもらうには、まず高品質な医療サービスがあることが重要です。多くの患者様から選ばれ続けて満足してもらうには、ホスピタリティ、つまりおもてなしの心が大切と言えるでしょう。

多くの患者様が医療現場に求めることは、安心で安全、さらに信頼できる診療に加えて顧客満足度の高さです。

患者様本位の医療サービスであること

医療は、医療と言うサービスに対して診療代を患者様から頂きます。そのため、医療現場もサービス業と言えるかもしれません。

このようにサービス業である限り、患者様はお客様と言えます。ですから、経営はお客様本位の医療サービスであるべきだと考えます。

選ばれる医院を目指して

現代は、サービスやモノを販売するビジネスにおいて、ターゲットの規定や商圏分析はごく普通に当たり前のこととして行われています。そのため、医療も経営、サービス業と考え、経営理念や基本方針の立案、地域の特性や商圏、競合の分析などを通じて選ばれえる医院を目指すことが大切です。

選ばれ続ける医院であるために

いかがでしたでしょうか。スタッフやドクターの目線から見てみると、また新たな発見があったのではないでしょうか。

武内デザインオフィスでは、医院設計のほかに歯科医院設計やデザイン、歯科医院改装も行っています。

同じコストの素材や材料を使ってもコーディネート次第で見え方やバランス、雰囲気が大きく変わってきます。武内デザインオフィスでは、予算内でどれだけ良いクリニックをデザインするのかに重点を置いています。

また、単純に良いデザインをするだけではなく、デザインしながら、同時に工事コストを調整することの「バランス」を考えています。

武内デザインオフィスでは、今回ご紹介した医院設計のポイントのほかに、以下のことを重視しています。

  • 患者さんが入りやすいクリニックを設計すること
  • 患者さんが落ち着ける空間をデザインすること
  • 素敵なクリニックだったと記憶に残るようなクリニックをつくること
  • ドクターやスタッフが気持ちよく毎日働けるクリニックをつくること

この4つの内容を、後ろから押してサポートします。

患者さんが快適に過ごせる空間をつくることはもちろんのこと、ドクターやスタッフが快適に、ストレスフリーで働ける空間をつくることも同じくらい大切なことだと考えています。長く愛される医院であるためには、患者様の立場と働くスタッフの気持ちに立ってみることが大切と言えるでしょう。

ぜひ、武内デザインオフィスと一緒に居心地の良い、また通いたくなるようなクリニックや病院をつくり上げましょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)