患者様に選ばれる医院であるための大切なポイント

医院設計を考えるうえで大切なことは、患者様に選ばれ続ける医院であるためには何が重要かを知ることです。今回は、これから開業をする予定の方にご紹介したい、患者様に選んでもらえるために大切なポイントについてお話します。

開業を目指している方は、ぜひ参考にしてください。

患者様に選ばれ続ける医院のポイント

それではさっそく患者様に選んでもらえる医院とは何が大切かをご紹介していきます。どれも大切なことばかりなので、ぜひ頭に入れておいてください。

おもてなしの心を大切にする

ドクターや看護師など働くスタッフであれば、だれもが患者様に対する思いやりの心を持っていると思います。しかし、その心は存在していても、患者様には見えていないことが多いのが現実です。

そこで、目に見えない思いやりの心やおもてなしの気持ちを、目に見えるようにする必要があります。

医療者ではなくても、社会人なら誰もがあいさつや身だしなみ、言葉使いなどの形に感謝の気持ちや尊敬の意思を込めて現しています。患者様の命を預かる医療現場では、なおさら接遇のマナーが必要と言えるでしょう。

高度な医療技術や医療知識は、患者様との信頼関係があるからこそ生きるのです。そのため、信頼関係を築く基本となるのが医療接遇になります。そして、医療接遇の強い思いは実際に行動に移すことで初めて患者様に伝えることができるのです。

日々の忙しさで忘れがちなおもてなしの心ですが、患者様に通い続けてもらう医院になるには、常に意識していたいものですよね。

患者様は医療弱者であることを忘れてはならない

医院において、患者様は医療弱者であることを常に忘れてはなりません。患者様の身になって心のケアをじっくり考えることが大切です。

初めて受診される患者様なら、不安な気持ちや緊張している心を察してあげましょう。「わからないことがあれば何でも聞いてください」と一声かけるだけでも違ってきます。そして、次の診察や検査室などへの道順を説明して案内してあげるだけでも大きく変わるでしょう。

また、廊下や階段ですれ違う際には、患者様が歩きやすいように、医療者ははしに身を寄せてあげましょう。その際に優しい笑顔を向けてあいさつすることも大切です。患者様へのいたわりの気持ちやぬくもりが感じられるような対応であることが、通い続けてもらえる医院のポイントなのです。

このような、患者様の身になって考える心のケアはとても重要です。

患者様と同じ目線に立って考える

決して目には見えないおもてなしの心を伝える方法は、心のケアと同じように、患者様と同じ目線に立って考えることが大切です。

たとえば、待合室の椅子に座っている患者様から医療者の白衣や靴の汚れが目に付くことがあります。患者様に安心と安全を実感してもらうためには、まずは清潔第一に考えて身だしなみを整えましょう。細かい部分も、患者様にはしっかり見えていることが多いのです。

また、病室や検査室のカーテンの開け閉めは、医療者にとっては毎日の業務のひとつにしか過ぎないと思う方もいると思いますが、患者様にはプライベートな空間の一コマになります。カーテンはしっかり閉めてほしいと思いますし、カーテンを開ける際は一声かけてほしいと思うものです。

そして、患者様は聞きたいことがあっても、医療者が忙しそうにしていたり目を合わせてくれないと、患者様は遠慮してしまうでしょう。その聞きたいことには重要な医療情報が含まれるケースがあります。そのため、患者様との対応ではしっかり目を見て話すこと、聞くことを忘れないようにしましょう。

患者様がまた帰宅案る医院を目指して

医院において医療接遇とは、高級ホテルのように最上級の敬語を使って、丁寧にお辞儀をしてお見送りするようなサービスの提供とは少し違います。

患者様の置かれた状況や立場をしっかり考え、患者様が考えていることや何を求めているのかを想像して寄り添う気持ちを行動に移しましょう。患者様の年齢や生活の環境に合わせて声のトーンや表情を変えることも大切です。ひとりひとりに寄り添った対応が重要と言えるでしょう。

患者様は、自分に共感してくれることで医院に対して安心感や信頼感、親しみやすさや優しさを感じることができます。こういったすべての思いが、また来たい医院になるのではないでしょうか。そして、また来たい医院から家族や友人にも紹介したい医院につながるのです。

日々の忙しい業務の中でこういった思いは忘れがちですが、医療者が医院で働くことができるのは患者様のおかげであることを常に意識しましょう。

武内デザインオフィスができること

いかがでしたでしょうか。スタッフやドクターの目線から見てみると、また新たな発見があったのではないでしょうか。

武内デザインオフィスでは、医院設計のほかに歯科医院設計やデザイン、歯科医院改装も行っています。

同じコストの素材や材料を使ってもコーディネート次第で見え方やバランス、雰囲気が大きく変わってきます。武内デザインオフィスでは、予算内でどれだけ良いクリニックをデザインするのかに重点を置いています。

また、単純に良いデザインをするだけではなく、デザインしながら、同時に工事コストを調整することの「バランス」を考えています。

武内デザインオフィスでは、今回ご紹介した医院設計のポイントのほかに、以下のことを重視しています。

  • 患者さんが入りやすいクリニックを設計すること
  • 患者さんが落ち着ける空間をデザインすること
  • 素敵なクリニックだったと記憶に残るようなクリニックをつくること
  • ドクターやスタッフが気持ちよく毎日働けるクリニックをつくること

この4つの内容を、後ろから押してサポートします。

患者さんが快適に過ごせる空間をつくることはもちろんのこと、ドクターやスタッフが快適に、ストレスフリーで働ける空間をつくることも同じくらい大切なことだと考えています。長く愛される医院であるためには、患者様の立場と働くスタッフの気持ちに立ってみることが大切と言えるでしょう。

ぜひ、武内デザインオフィスと一緒に居心地の良い、また通いたくなるようなクリニックや病院をつくり上げましょう。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)