失敗しない!クリニック開業のポイントとは?

開業を目指すドクターはかなり多いと思います。しかし、クリニックはどんどん増加している傾向があるので、開業しただけで成功するとは限らないのです。

ここでは、クリニックの開業で失敗しないためにできるポイントをご紹介したいと思います。

開業を目指すドクターはぜひ参考にしてください。

クリニックの開業で失敗しないためのポイント

それではさっそくクリニックの開業で失敗しないためのポイントについて見ていきましょう。

ホームページを活用する

最近のクリニックの開業では、ホームページを活用することが重要になっています。かつて主流だった看板やチラシなどは制限もあり、専門性を強く打ち出すことができない場合もありました。

その点、ホームページはあまり問題にならないので、積極的にクリニックの強みをアピールできるのです。

患者様はクリニックをいくつか比較して自分の病気や治療法について調べます。そのため、クリニックのホームページには、専門とする病気についての詳しい解説文などを載せてみると良いでしょう。また、現代は若い患者様だけではなく、高齢の患者様も積極的にホームページを見る傾向があります。

ネット社会ともいえる現代なので、ぜひまめにホームページを更新してクリニックのアピールをしましょう。

既存のクリニックを徹底的に調べる

クリニックを開業するにあたって、開業する立地やその土地の既存のクリニックを詳しく調べ上げることが重要です。都内では、目黒区や品川区、世田谷区などが開業したい人気の土地として挙げられます。

しかし、このような人気の土地はすでにたくさんのクリニックがあり、開業で失敗しやすい土地ともいわれているのです。

一般企業が出店する場合は、丁寧なマーケティングをすることは当たり前です。クリニックを開業する場合も、開業する土地を徹底的に調べ上げることを忘れないようにしましょう。

自分の強みと弱みを把握する

開業を準備するというと、多くの医師は物件の選定から始めるかもしれません。しかし、開業後に失敗しないためには、まずは事前の準備をしっかりすることが重要です。

まずは自分の強みと弱みは何かを考えてみましょう。それぞれを紙に書き出してみて、いかに強みを生かして弱みを補うかを考えるのです。

たとえば内科医のドクターでも、小児は診られない、糖尿病の治療は得意ではない…など弱みがあることも多いです。まずは自分をしっかりと把握し、弱みをどうやって補うかを考えることが開業後に失敗しないポイントと言えるでしょう。

スタッフの採用はパートも検討する

クリニックを開業するにあたってスタッフを集めることも重要なポイントになります。看護師にしても事務のスタッフにしても、必ず常勤で採用する必要はないのです。それは、クリニックの開業した当初は患者様の数の変動が激しいため、本当に必要となるスタッフの数が確実に把握できないからなのです。

患者様が少ないときは、パートならシフト変更などで柔軟に対応できるでしょう。しかし、常勤だと毎日来てもらうことになるのです。その分当然人件費がかかり、経営を圧迫してしまう可能性があります。

そのため、開業当初はできるだけパートで採用し、黒字化してから能力がある人を常勤にする方法が良いでしょう。

開業までの主な流れ

次に、クリニックを開業するまでにどんな流れになるのかを見ていきましょう。

方針の検討

まずはクリニックの基本的な方針を考えましょう。元の勤務先の病院の近くで開業することは可能か、自力で集患していくのかを考えます。

マーケティング

次は、自分の希望だけではなくターゲットとなる患者様の層や競合の有無、患者様の導線などをリサーチします。そして、立地を選定することも大切です。

物件の選定

マーケティングした後は、いよいよ物件の選定を始めます。数あるテナントの中から事業計画に合った物件を選びましょう。

また、排水や電気容量などがクリニックに適応するかも十分に確認します。

資金計画と事業計画

借り入れの返済や人件費、固定費を試算し、事業計画を練っていきます。また、平均単価を試算して月商を割り出していきます。

資金調達

クリニックの開業準備額の平均は1000~2000万円といわれていますが、今は減少している傾向があります。また、自己資金が0円でも借り入れができるので頭に入れておきましょう。

スタッフの採用や教育

準備が進んできたら重要になってくるのがスタッフの採用です。おすすめなのが、最初はパートで採用し、クリニックが黒字化してから常勤採用する方法です。これなら、人件費が抑えられ、急なトラブル時にも対処しやすくなるでしょう。

広告宣伝

クリニックの開業には、インターネットを大いに活用して専門性の打ち出しを始めましょう。最近では高齢者もインターネットを見て受診する時代です。

また、内覧会が効果的なクリニックもあります。

まとめ

いかがでしたか?

クリニックの開業の流れや失敗しないためのポイントなどは、ある程度理解できましたでしょうか。

武内デザインオフィスでは、この流れの中でも医院設計の点でお手伝いしたいと考えております。医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザイン事務所が大切にしているポイントは4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザイン事務所は常に考えています。

患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。ぜひ、武内デザインオフィスと一緒に素晴らしい空間を作っていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)