【クリニック開業のポイント】物件選定のコツとは

独立してクリニックを開業する人にとって、物件の選定はとても重要なポイントとなります。

どこで開業すれば成功できるのか…これはとても悩むことだと思います。これは簡単に決めることのできない最重要課題と言えるでしょう。

物件は気に入らなかったらすぐに取り換える、なんてことはできません。なので、失敗しないためにも物件選定の流れやポイントについてしっかりと理解していきましょう。

物件選定3つのポイント

物件を選定する前に、まずは以下の3つのポイントを見ておきましょう。物件を選ぶ際には、3つの視点から見ることが重要になります。

  1. ハード情報:建物や土地の位置や広さ、ほかに入っているテナントは何か、賃料はいくらか、などじかに見てわかるものを指します。一般的な意味での不動産情報のことになります。
  2. ソフト情報:周囲の立地環境の良しあし、開業した際の潜在的な需要の分析など、目には見えない情報のことを指します。
  3. 自分のモチベーション:開業するにあたり、自分で「こういった場所でこのような医院を経営したい」という思いは、クリニック開業の結果を大きく左右するでしょう。物件は単なるデータや数値の比較では決められないのです。

クリニック開業にあたって、以下のポイントについて検討することは重要なことです。

  • 採算がとれるのか
  • 将来的に見てマーケットとして有望なのか

この診療圏調査は必要不可欠です。

診療圏調査について

クリニック開業にあたって重要になる診療圏調査は以下の通りです。

  • 開業予定地周辺の地理的条件、住民の生活パターン、交通条件などの経営立地概要調査など
  • 開業予定地の周辺の患者様が来院するエリアを検討する診療圏の設定
  • 開業予定地周辺の人口、年齢別人口、世帯数、夜間・昼間人口の変動傾向などの動態調査
  • 受療率から割り出す推定患者数の調査
  • 近隣競合医院の患者数や評判などから見た実力の評価

実際に物件を見てみる

まずは自分で目をつけていた場所や不動産情報から選んだものなどの候補を絞り、紙面上からわかる情報をできるだけ集めます。この時点ではまだ開業のイメージはつきにくいので、あまり悩まずに気に入ったものをいくつかピックアップします。

そして、実際に自分の目で確かめに行きましょう。その際、物件を見ることはもちろん、周りを歩いてみることがポイントです。その町を散歩するようなイメージで、ほかのお店を眺めたり人と会話を楽しんでも良いでしょう。そして、そこに流れる空気を感じることが大切です。

自分の中にその土地のイメージを作って、そこで開業している自分の姿を想像することがおすすめです。

物件のチェックポイントとは?

実際に物件を見に行ったら、細やかな部分にまで注目しましょう。注目すべきポイントは以下の通りです。

  • 広さ:人や車の動きをトレースしたものが導線と言います。この導線に沿った場所であれば、人の目にも触れやすいので有利になるでしょう。
  • スタイル:駅周辺の物件の場合、最寄駅からの距離やその駅の規模、駅から物件までの道について、雨でも傘がいらないかどうかなどを詳しく見ていきます。
  • 出入り口:物件の前の道がどうなっているのかも注目すべきポイントです。一方通行でないか、道幅は十分か、歩行者が歩きやすいか、生活道路として使われているか、反対車線からのアクセスはどうか、などについても詳しくチェックします。
  • 階数:遠くからでもわかりやすい場所であれば、看板なども目につきやすくなるでしょう。
  • テナント:夜間照明はあるか、安心して患者様が来院できる場所かどうかを詳しく調べましょう。
  • エレベーター:物件の周りにどんな施設があるのかはとても大事なポイントです。医療機関にふさわしい環境か、ショッピングセンターなど人が集まる施設があるか、騒音や振動、悪臭がないか、など慎重に調べます。
  • 電源:診療科目によって、必要になる大型検査機器に対応できる容量の電源が設置されているかを確認しましょう。
  • 天井までの高さ:床から天井までの高さは十分かチェックしましょう。最低でも2,400mm、天井走行式X線装置を設置する予定があれば2,700mmは必要となります。
  • 天井裏と床下:トイレや洗面、流しなどの水回りを増設する場合に床下工事ができるのか、照明や空調、各種配管工事が必要な場合は、天井裏の工事ができるのかどうか、などをしっかりと確認しましょう。
  • 耐加重構造:レントゲン機器やウォーターベッド設置を検討する場合は、平米加重300kg以上あるかを確認しましょう。
  • 看板:外部に看板設置が可能かどうかでクリニックのアピール度に大きく差が出ます。看板が取り付けられるかをしっかり確認しておきましょう。
  • 工事確認:もし工事が必要な場合は、期間中ほかのテナントに迷惑がかからないかも事前に確認しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

物件の選定や物件を見るときにチェックしたいポイントなどはしっかりと確認できましたか?

武内デザイン事務所は医院デザイン実績100件を超える経験を生かして、ドクターが願う最高のクリニックを設計いたします。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザイン事務所が大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザイン事務所は常に考えています。

患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

クリニックの開業後は、ぜひ武内デザインオフィスに医院設計としてサポートさせてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)