失敗しないために…。クリニックの開業立地選びの注意点

クリニックの集患のカギとなる要素の中で、クリニックの立地選びは大部分を占めていると考えてよいでしょう。開業の立地について検討しなければならない理由は、立地はやり直しがきかないからです。

クリニックの立地を選ぶ際は、人口分布や受療率などから割り出す診療圏の調査と、実際に足を運んで地域の様子を調べる現地調査で、それぞれから得られる情報は異なります。これには時間と労力が必要ですが、両方を踏まえて開業場所を選ぶことが、失敗しないための大前提なのです。

開業立地はクリニックの患者数を大きく左右する

クリニックの開業を成功させるために大きな要因の一つは、クリニックの立地です。たとえば、自宅にする土地を探すのなら、自分が住みたい地域や、子供を通わせたい学区や利便性などを考えて選ぶと思います。

しかし、クリニックの開業場所を選ぶ場合は、開業後の経営の安定性や集患を一番に考えることが大切です。そのため、周辺の競合のクリニックの状況や、先生の診療科目などの特性、周辺環境や人口導線などを考えながら開業場所を探します。

クリニックの開業場所において一番大切なことは、現地に足を運んで地域の住民の目線になって立地を確認することです。

間違った立地選びとは?

それでは、間違ったクリニックの立地選びとはどんなものがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

診療圏調査を行わずに立地の好みだけで開業する

クリニックの開業場所を探す際にやってはいけないのは、診療圏の調査を行わずに自分の住みたい地域や生活の利便性が良い地域、子供を通わせたい学区などを優先条件に選ぶことです。このような理由で、診療圏調査を行わずに開業すると、思うように集患できず、クリニックの開業後に看板やホームページなどに広告宣伝費をかけたところで、効果があまり期待できない状況に陥ってしまうでしょう。

クリニックの開業場所を選ぶ際は、診療圏調査を必ず行い、適切な開業場所かどうかをしっかり見極めましょう。

対象となる患者層を意識しない

診療圏の分析を行うときは、対象となる患者層にも注意しましょう。対象となる患者層が絞れていないと、開業場所を選定することができないと言っても過言ではないのです。ターゲットを定めずに色々な患者様に来院してほしい…という先生の気持ちもわかるのですが、そもそも診療科目の時点である程度の患者様の傾向は絞られていきます。

主な患者様の傾向は次の通りです。

  • 内科や整形外科の場合:慢性疾患の中年から高齢者
  • 小児科や耳鼻咽喉科:子供や若者

このような傾向からある程度のターゲットを絞り、意識して開業場所を選定しましょう。集患マーケティングを行うことにより、たくさんの患者様に親しまれるクリニックを目指せるでしょう。

実際の現地を見に行かない

診療圏調査を行って、開業コンサルタントの意見を聞いたうえで開業立地を決めたにもかかわらず、集患に悩んでしまうクリニックも少なくありません。

この原因の多くは、自分でクリニックの開業場所に足を運んで調査せず、診療圏調査のデータなどから良い立地だと判断してしまうことです。人口が多いのに人通りが少ない場所や、線路や道路の傍なのに交通の便が悪い場所…というように、データや地図から読み取ることのできない立地条件は、実際に現地に足を運ばなければわからないのです。

通りがひとつ違うだけで人通りが全く違うということも多いので、患者様になった気持ちで現地を歩き、様々な角度からクリニックの開業候補値を見ることが大切です。

近くに同じ診療科のクリニックがないという理由だけで場所を決める

先生によっては、近所に同じ診療科のクリニックがないと聞くと、チャンスと感じ、その地域でクリニックを開業してしまうこともあります。しかし、その地域に小児科がない場合、そもそも地域に子供が少ないので、小児科の需要がないということも考えられるでしょう。

そのため、競合クリニックがないからとその地域に開業場所を決めてしまうのは注意が必要です。

需要があってライバルのいない地域にクリニックを開業すれば、成功するのは当然です。しかし、現在はそのような地域がほとんどないでしょう。需要がある地域は必ず同じ診療科目のクリニックがいくつか先に開業していると言えます。

クリニックの開業場所を選ぶときは、需要の見込みと、競合クリニックの数やそのクリニックの様子を比べて、より新しいクリニックが求められてそうな地域に開業することがおすすめです。そのうえで、競合クリニックとどこで差別化していくかを考えましょう。

悪い立地を挽回するには?

では、立地の悪さを挽回するにはどうすればよいのでしょうか。ここからは、悪い立地を挽回する方法をご紹介します。次のポイントを意識して立地の悪さを挽回しましょう。

人の流れに垂直に看板を設置する

進行方向に対して設置してあるクリニックの看板より、進行方向に対して垂直に看板を立てる方が人の目に留まりやすいでしょう。人の流れが多い通りに垂直に設置している看板で、患者様にクリニックの存在をたっぷりアピールしましょう。

少し遠くても行きたくなるようなホームページをつくる

スマホやパソコンが普及した現在は、患者様のほとんどはインターネット経由でクリニック探しを行います。ネットのホームページは立地に関係なく、患者様にクリニックの情報を提供することができます。ほかのクリニックとの差別化をしっかりホームページ上で伝えることが出来れば、多少立地が悪かったり遠くても、患者様はクリニックに足を運んでくれるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

クリニックの開業立地の選び方や、間違った立地の選び方などはしっかり理解できましたか?

クリニックの集患は、開業立地で大部分が決まってしまいます。クリニックを開業したからには、簡単に開業場所を変えることができないため、しっかり時間をかけて開業場所を決めることが大切です。その地域の需要を満たすことがきれば、クリニックに必ず患者様が来てくれます。

現地調査と診療圏調査を踏まえて、先生自身が納得できるデータに基づき、クリニックの開業場所を選んでください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)