医院設計で大切なことは?知っておきたい設計の基本

医院設計で大切なことは、一体どんなポイントがあるのでしょうか。クリニックを開業する前に、医院設計の大切なポイントを知っておきましょう。

ここでは、医院設計の基本や大切なポイントについてご紹介します。クリニックの開業を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

医院設計の基本とは?

「開業するクリニックは、出来る限り自分の理想を追求した設計にしたい」と考える方が大半です。苦労してクリニックを開業するわけですから、そう思うのは当然のことです。しかし、経営者の観点からみると、クリニックは患者様のための施設でもあるのです。

クリニックに訪れる人が安心して診察を受けることができる、快適なクリニックづくりを念頭におきましょう。そして、医院設計の基本構想を固めていくのです。

では、どのポイントに気を配ればクリニックを快適で安心だと思ってもらえるのでしょうか。

もちろん、患者様の年齢や男女比によって違いはありますが、どのような場合でも、医院設計において大切なポイントがあるのです。

待合室は大切なポイント

最初に考えられる大切なポイントは、クリニックの待合室です。できるだけリラックスできるようにゆったりとしたスペースを用意し、温かみのある色合いや柔らかい照明でまとめることが大切です。そして、待合室全体の様子が見渡せる位置に受付を設置するのもおすすめです。

また、オープンカウンターの受付を設置することは、患者様とのコミュニケーションがとりやすくなります。コミュニケーションがとりやすい受付は、緊張しがちなクリニックで患者様の安心につながります。

待合室は、患者様が最も多くの時間を過ごす空間です。ご自身が患者様になったつもりで、空間の心地よさをしっかり考えることが大切です。

トイレの快適さを考える

患者様目線で医院設計を考えるときに、待合室以外で大切な場所があります。それは、処置室でも診察室でもなくトイレです。

トイレは、後回しにされがちな空間ですが絶対に必要なスペースです。トイレの印象がどう捉えられるかで、女性の患者様のリピート率が左右されるとも言われています。そのため、トイレは意外にも気を抜けないスペースなのです。

とはいえ、トイレにお金をかけてゴージャスにする必要はありません。男女別にすることはもちろん、清潔感のある洗面台や鏡、ベビーベッドや温水洗浄便座などの設備を用意しましょう。トイレは、全体が落ち着いて見える色調であることがおすすめです。

また、車いすの患者様でも利用しやすいように、広めの個室も用意しておきたいところです。

医師にとっては待合室もトイレも、一見医療とは関係ないスペースに思えます。しかし、患者様にとっては目につきやすく大切な空間なのです。患者様目線に立ちながら、ご自身が使いやすく、清潔感を感じられやすい空間をつくるように心がけましょう。

清潔感やアメニティなどの配慮

医院設計で大切にしたいポイントはまだあります。患者様への清潔感やアメニティなどの配慮は、大切にしたいポイントのひとつです。

まずは待合室の椅子を例に挙げてご紹介します。体調が悪い患者様にはベンチシートや長椅子ではなく、ひとりひとりが分れている単脚ソファータイプを提案します。これは、座り心地もしっかり検証したうえで選ぶことが大切です。

次に、トイレのデザインは、スペース的に可能であれば利用する患者様を選ばないユニバーサルデザインにしましょう。手を洗う洗面はオート水栓がおすすめです。ハンドドライヤーやペーパータオルを設置し、トイレの出入り口の建具には抗菌材質を使用しましょう。

これは、患者様が直接受ける医療行為ではないのですが、患者様に対する環境や空間のおもてなしは、クリニックとして迎える側の医師の思いを表すものになります。日常生活に一番近い医療である「クリニックの環境」はそこからスタートし、できるだけ大切にしたいポイントでもあるのです。

武内デザインオフィスはクリニックの開業をお手伝いします!

ドクターからのクレーム「ゼロ」の実績

◎武内デザインオフィスでは、医院デザイン実績100件を超える経験を生かして、ドクターが願う最高のクリニックを設計いたします。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
武内デザインオフィスでは、デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

◎ 医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザインオフィスが大切にしているポイントが4つあります。そのポイントは以下の4つです。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザインオフィスは常に考えています。

◎ 患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、
ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

同じ「コスト」で、最高の「結果」を出す

◎ 予算内でどれだけ良いクリニックをデザインできるかでデザイナーの能力が決まると思います。
(同じコストの素材を使っても、コーディネイト次第で見え方が全然変わります)
当たり前の事ですが、ただ「良いデザインができる」というだけではなく
「デザインをしながら同時に工事コストも調整する」というバランスの取れたデザイナーが
本当の意味で優秀なデザイナーであると言えるでしょう。クリニックの開業を検討している方は、どんな些細なことでもお気軽に武内デザインオフィスにご相談ください。一緒にクリニックの成功を目指しましょう。

【武内デザインオフィスの医院関連業務内容】

  • 医院設計
  • 医院デザイン
  • クリニック設計
  • クリニックデザイン
  • 医院改装
  • クリニック改装
  • 歯科設計
  • 歯科デザイン
  • 歯科改装

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)