【眼科クリニックのデザイン】重視すべきポイントとは?

眼科クリニックは、どのようなデザインにすれば患者様が心地よくいられるのでしょうか。

今回は、眼科クリニックのデザインで重要なポイントについてご紹介します。眼科は、開業する各診療科と比較すると、施設の専門性が高くたくさんの医療機器が導入されるので、ほかのクリニックよりデザインをしっかり考えなくてはいけません。設計事務所によって違いが多くありますので、選ぶ方も身長に行いたいですね。

それでは、眼科医院の設計について詳しく見ていきましょう。

眼科医院の設計で心がけたいポイントとは?

眼科医院を設計するときは、どのようなポイントを重視すれば良いのでしょうか。

レイアウトや各機器、患者様やドクターに対する設備などを多角的に見ていくと、設計に必要なポイントが見えてきます。それでは、重要なポイントについて詳しくご紹介します。

手術室のポイント

眼科医院で手術室を併設する際は、手術室と診療日が同時進行するかどうかでも計画が変わっていきます。同時進行の場合、複数のドクターが対応することになるので、当然その点についてもきちんと考えなくてはなりません。

手術時間と一日の手術数をしっかり考慮し、手術前の患者様の受付や待合室、リカバリールームの数なども検討することが大切です。

また、感染症を予防するために、手術室のクリーンルーム化は必須となるでしょう。クリーン度の選定は、ほとんどの施設でクリーン度がクラス10,000が一つの指針となっています。

さらに、手術室内のメンテナンスが簡単に行えるように工夫したり、手術中にドクターが一人で室内をコントロールできるような仕組みにすることも大切です。

眼科医院で手術する患者様にとって、いくら日帰りとはいえ手術を受ける不安やストレスをできるだけ緩和する配慮は重要なのです。安全で安心できることはもちろん、リラックスできることや体に優しい環境づくりをきちんと考えて計画を立てることがおすすめです。

レイアウトのポイント

眼科医院では、内装と建築の時間軸と、治療機器や新しい検査などの進化速度が合わないことはよくある失敗例です。そんな失敗を防ぐためには、クリニック内のLAN配線や電源の配線、検査機器のレイアウトは簡単に変更しやすい設計にしておくことが大切です。

例えば、各検査機器のLAN配管と電子カルテのサーバーを、サーバーから機器の間を通って簡単に変更できるようにするために、システムフロアを併用して、壁面にメンテ用の点検口を設置しましょう。しかし、眼科クリニックには視覚障害の患者様や高齢者が多いので、安易にスロープや段差を使わないことが重要です。

アメニティのポイント

続いて注意したいのは、アメニティのポイントです。

クリニック内には、お子様から高齢者の方まで比較的幅広い年齢の患者様が対象になります。そのため、クリニック内のアメニティは、より公共施設的なスタンスが必要となるでしょう。

化粧室内にベビーシートを設置したり、車いす対応のトイレにすることが重要です。

また、クリニック内のトイレや各検査室への案内のサインは、眼帯を使用している患者様や白内障の患者様を意識して、誰にでもきちんと認識できるサインを計画することが大切です。

メガネ店との連携対策について

メガネやコンタクトの処方、視力検査はメガネ店でもできるのですが、より正確で安心感のある検査や処方を求めて、多くの患者様が眼科クリニックに訪れます。

特に、親御さんがお子様のメガネを作る場合は慎重になるので、「念のために眼科医院の先生に診てもらったほうが良いのでは…」と考えるでしょう。

眼科医院にとっては、視力検査やメガネ、コンタクトの処方は大切な収入源のひとつになります。近場にメガネ店があり、連携ができるのなら、この手の患者様が眼科クリニックに来院する確率がグンと上がるでしょう。そのため、近場にメガネ店があるかどうかというポイントは、非常に重要になるのです。

眼科クリニックのデザインは複雑化している

眼科クリニックは検査機器がたくさんあり、外来患者様の診察や検査、処置とほかの診療科に比べて患者様の医院内での動きが複雑になります。それに伴って、対応する平面計画もほかの診療科に比べて複雑になるでしょう。

視力検査を行うスペースで患者様が渋滞しないようにする配慮や、暗室内検査への患者様の誘導など、計画時にしっかり確認することが大切です。

また、眼科クリニックで白内障など日帰り手術に対応できる施設を併設する際は、手術室や手術前室、準備室、リカバリールームなどが必要になり、デザインの構成がさらに複雑化するので注意しましょう。

武内デザイン事務所でできること

◎武内デザイン事務所は医院デザイン実績100件を超える経験を生かして
ドクターが願う最高の医院の設計いたします。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

◎ 医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザイン事務所が大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良い設計事務所とは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザイン事務所は常に考えています。

◎ 患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、
ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

同じ「コスト」で、最高の「結果」を出す

◎ 予算内でどれだけ良いクリニックをデザインできるかでデザイナーの能力が決まると思います。設計事務所にも同じことが言えます。
(同じコストの素材を使っても、コーディネイト次第で見え方が全然変わります)
当たり前の事ですが、ただ「良いデザインができる」というだけではなく
「デザインをしながら同時に工事コストも調整する」というバランスの取れたデザイナーが
本当の意味で優秀なデザイナーであると言えるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)