眼科クリニックを開業する方へ。知っておきたい開業ポイントまとめ

眼科医院を開業する場合は、引き受ける治療範囲をどのように設定するのかによって、立地選びやクリニックの設計、導入する医療機器などが大きく変化します。

また、今は眼科医院の開業が増えているので、眼科医院経営および診療体形など、ほかのクリニックとの差別化を図ることが大切です。

そこで今回は、眼科医院を開業する際のポイントについてご紹介します。

眼科医院の開業のポイント

それでは早速眼科クリニックを開業する際の大切なポイントについて詳しく見ていきましょう。

開業立地は家族や高齢者の多い地域がおすすめ

眼科医院は、老若男女、かなり幅広い年齢層の患者様をターゲットにすることができます。

お子様であれば学校でのプールの授業があるため、結膜炎の有無が話題となります。高校生や大学生であれば、コンタクトの処方が増えるでしょう。高齢者であれば、高い確率で白内障に羅患するでしょう。

そのため、眼科医院の開業はできるだけ幅広い年齢層の患者様を取り込めるように、家族層がたくさんいる住宅地エリアが望ましいのです。

しかし、お子様から高齢者がいるエリアが良いのはもちろんですが、どちらかというと、メガネ・コンタクト処方や結膜炎など利益の少ない医療が多くなりがちの若年層より、色々な理由での来院が予測される中年や高齢者の層を重要視したほうが良いでしょう

そのため、その地域の年齢分布の調査が特に重要になってきます。しっかり戦略を練ったうえで、クリニック経営や診療体形をよく検討することが大切です。ですが、単純に人口が多くて競合が少ない場所が良いというわけではないので注意しましょう。

開業時に行う診療や検査の選択を

眼科医院の開業時の機器を検討する際に一番考慮するべき点は、白内障などの手術を行うかどうかです。通常、手術用の機器をそろえる場合は、手術を行わない場合と比較して、機器のコストが2,000から3,000万円程度上がります。

また、眼科クリニックの面積も、レーザー治療レベルの場合は、30から40坪程度、手術を行う場合は50坪程度必要となるでしょう。

さらに、レーシックの手術を行う場合は、全体像が大きく膨れ上がるので注意が必要です。レーシックは大手の眼科クリニックでも苦戦が続く状況なので、個人での単独開業はお勧めできません。

診察室の改良ポイント

今までは、暗幕で囲まれて診療の声が筒抜けのスタイルが眼科医院の定番でした。しかし最近は、患者様のプライバシーを配慮し、暗幕と個室を併用するスタイルが増えています。

古い眼科クリニックは、新しいクリニックのように改修工事自体ができません。コストが必要になることなので、どこまでとり入れるのかをしっかり検討することが大切です。

バリアフリーを考えた医院設計を

眼科医院を訪れる患者様は、目が不自由なだけではなく、車いすや高齢者の患者様も多いです。

診療所内は暗い場所が多いうえ、散瞳薬を使用してからの検査もあるので、クリニック内のバリアフリーが必要不可欠です。特に、車いす患者様の導線がしっかり確保できるように、各室のレイアウトはきちんと配慮したほうが良いですね。設計事務所の腕が一番発揮される部分といってもよいでしょう。

メガネ店との連携対策について

視力検査やメガネ・コンタクトレンズの処方はメガネ店でもできるのですが、やはり、一定数の患者様がより正確で安全性の高い検査や処方を求め、眼科クリニックを訪れています。

医院にとっては、視力検査やメガネ・コンタクトレンズの処方は大切な収入源のひとつになります。近場にメガネ店があり、連携ができるのであれば、この手の患者様が来院する確率がグンと上がるので、近場にメガネ店があるかどうかが重要なポイントとなるでしょう。

眼科医院の1ヶ月あたりの収支

続いて、眼科医院の1ヶ月あたりの収支を見ていきましょう。

個人の眼科医院

【収益】

  • 診療報酬:約657万円
  • 介護収益:0円

【経費】

  • 人件費:約171万円  ※ドクターの収入は含みません。
  • 医薬品費:約52万円
  • その他:約195万円

眼科の1ヶ月あたりの収入:約239万円

医療法人

【収益】

  • 診療報酬:約1,187万円
  • 介護収益:0円

【経費】

  • 人件費:約636万円  ※ドクターの収入も含みます。
  • 医薬品費:約95万円
  • その他:約364万円

税引き後の眼科1ヶ月あたりの収入:約92万円

眼科医院の開業資金の目安

  • 土地や建物:約3,000万円~
  • 設備:約2,000万円から4,500万円(診察用ベッド、椅子、電子カルテ、レジスター、眼圧計、コピー複合機、顕微鏡、視野計、視力検査機器、眼底検査機器など)

武内デザイン事務所で出来ること

◎武内デザイン事務所は医院デザイン実績100件を超える経験を生かして
ドクターが願う最高のクリニックを実現する設計事務所です。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

◎ 医院設計、クリニックのデザインにおいて武内デザイン事務所が大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックの設計事務所とは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザイン事務所は常に考えています。

◎ 患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、
ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

同じ「コスト」で、最高の「結果」を出す

◎ 予算内でどれだけ良いクリニックをデザインできるかでデザイナーの能力が決まると思います。
(同じコストの素材を使っても、コーディネイト次第で見え方が全然変わります)
当たり前の事ですが、ただ「良いデザインができる」というだけではなく
「デザインをしながら同時に工事コストも調整する」というバランスの取れたデザイナーが
本当の意味で優秀なデザイナーであると言えるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)