クリニックを開業する前に。開業資金はいくら必要なのかチェックしよう!

クリニックの開業資金や開業後の診療報酬などは、クリニックのコンセプトによって大きく異なります。

また、クリニックの開業条件によって、開業資金に違いが出るでしょう。たとえば、戸建てクリニックを開業するのかテナント診療にするのか、さらに最低限の機器だけで開業するのか、クリニックの売りとなる機器を導入するのかなどでも大きく異なります。設計事務所によっても費用はバラバラですね。

そこで今回は、クリニックの開業資金についてご紹介します。クリニックの開業を検討中の方はぜひ参考にしてください。

クリニックの開業時の初期投資

クリニックを開業すると場合は、開業資金として多額の初期投資が必要になるでしょう。ほとんどの院長先生は、開業ローンを組んで、長期間にわたって支払い計画を立てることが多いようです。クリニックの開業資金にかかる費用の主な項目は以下のようになります。

  • 土地や建物
  • 医療機器や什器
  • 広告宣伝費(開院時のチラシ印刷代やホームページ作成など)
  • 医師会入会費
  • 運転資金(売り上げの少ない月の家賃の支払いや人件費に備えるための資金)
  • 消耗品費(机や椅子、テレビなど)

科目別の初期投資

それでは、クリニックの初期投資を科目別に見ていきましょう。

内科医院

内科は競合が多いので、いかに自院の特徴や専門性を打ち出すかが重要になります。

糖尿病学会専門医や日本消化器病学会専門医などの専門医資格を持っていたり、内視鏡が得意だったり、ドクターの強みを患者様に知ってもらうことがポイントです。どのような分野をどこまで診療するのか、反対に診療しないのはどの分野かなどを、開業前にしっかりコンセプトを決めましょう。

内科の開業資金

  • 土地や建物:約2,500万円~
  • 設備:約1,800万円から3,500万円(心電計、内視鏡、レセコン、電子カルテ、超音波診断装置、X線撮影装置など)

整形外科医院

整形外科はリハビリテーションを実施することが多いので、資格を持つスタッフを十分な人数揃える必要があるのです。

看護師や医療事務に加えて、理学療法士や放射線技師、リハビリ助手などの職種の採用を行って、総人数も多くなります。そのため、経費に占める人件費がほかの診療科と比較して高くなります

また、リハビリルームの設置やX線室のシールド工事を行うことがあるので、整形外科の適切な面積は60坪から100坪程度になるでしょう。リハビリに訪れる一日の患者様の数は、ほかの科目に比べて多くなりますが、クリニックの規模が大きく、一日当たりの経費や開業資金は高くなるでしょう。

ほかのクリニックとの差別化を図るには、十分な数の理学療法士を配置してリハビリテーションを重視したクリニックを目指すことが大切です。また、学校の多い地域なら、部活やスポーツによる怪我へのケアを重視している旨をうたうなどの方法がとれます。

整形外科の開業資金

  • 土地や建物:約3,000万円~
  • 設備:約2000万円~(レセコン、電子カルテ、低周波治療器、骨密度測定装置、X線撮影装置、平行棒など)

皮膚科医院

皮膚科は小さなお子様から高齢者まで男女問わず、ほかの診療科目に比べて幅広い患者様が来院します。開院してしばらくは、来院する患者様の層をよく観察し、しっかり戦略を立てたうえで診療を行うことが大切です。

たとえば、お子様の受診が多い地域ならば、お子様を中心に診療を行って、付き添いの保護者の方に自費診療をすすめていくと良いでしょう。すると、その保護者の方から評判が回って、近所の方や家族などが来院され、クリニックの集患につながる場合があります。

クリニックの開業時点では、電子カルテや顕微鏡、オートクレーブがあれば最低限の診療が出来るでしょう。美容系の機器の導入費用は約1,000万円と、開業時点では高い買い物となります。そのため、開業後にクリニックのコンセプトとその地域の患者様のニーズに合わせてしっかり考慮し、導入を決めることがおすすめです。

皮膚科の開業資金

  • 土地や建物:約1,200万円~
  • 設備:約500万円~(電子カルテ、顕微鏡、レセコン、無影灯など)※各種レーザー機器を導入しない場合

眼科医院

眼科は開業前に、白内障などの手術を行うかどうかをきちんと決める必要があります。それは、白内障の手術用の機器をそろえるかどうかで、開業経費が2,000万円から3,000万円ほど変化するからです。

また、クリニックの適正面積は、レーザー治療レベルの場合は30坪から40坪程度、白内障の手術を行う場合は70坪から100坪前後の違いが出てきます。

眼科の開業資金

  • 土地や建物:約3,000万円~
  • 設備:約2,000万円から4,500万円(電子カルテ、スリットランプ、レセコン、自動視野計、オートレフケラトメータ、眼底カメラなど)

武内デザイン事務所で出来ること

◎武内デザイン事務所は医院デザイン実績100件を超える経験を生かして
ドクターが願う最高のクリニックを実現できる設計事務所です。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

◎ 医院の設計、クリニックデザインにおいて武内デザイン事務所が大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザイン事務所は常に考えています。

◎ 患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、
ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

同じ「コスト」で、最高の「結果」を出す

◎ 予算内でどれだけ良いクリニックをデザインできるかでデザイナーの能力が決まると思います。
(同じコストの素材を使っても、コーディネイト次第で見え方が全然変わります)
当たり前の事ですが、ただ「良いデザインができる」というだけではなく
「デザインをしながら同時に工事コストも調整する」というバランスの取れたデザイナーが
本当の意味で優秀なデザイナーであると言えるでしょう。

医院に特化した設計事務所として当デザインオフィスは、今後もお客様の希望に沿ったクリニックをデザイン、設計し続けていきます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)