開業の前に!クリニック開業時に気を付けたい注意点とは?

特にトラブルもなくスムーズにクリニックを開業することが出来たとしても、開業後に患者様が来なくて困る!という問題がよくあります。

このように、なぜ開院しても患者様が思ったよりも集まらないという事態に陥るのでしょうか。それは、開業前の準備中に、気を付けなければいけない注意点を考えていなかったからでしょう。ここでは、クリニックの開業準備中に気を付けたい注意点について詳しくご紹介します。

クリニックの開業を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

クリニックの開業準備中に気を付けたい注意点とは?

それでは早速、気を付けたい注意点について見ていきましょう。これらの落とし穴に注意して、クリニックの開業を成功させましょう。

コストばかりを意識しない

開業準備中では、多くのドクターが開業コストばかりを意識して、集患対策への意識に注目していません。

クリニックの開業準備の中で、集患に対する意識が高くなるのは開業場所を探す段階となるでしょう。クリニックの開業場所を探しているときは、患者様が実際に来てくれるかどうかという意識がとても高くなります。

しかし、開業場所が決定すると、途端にドクターの頭の中から集患対策への意識が薄れてしまうのです。そして、ドクターの頭の中では建築費や家賃、融資など開業コストのことばかり考えてしまいます。

これでは、開院後に患者様を集めることが難しくなってしまうのは一目瞭然ですよね。しっかり対策をとっていないのだから、患者様が集まらないのは当然と言えるでしょう。

本来なら、開業準備中にやるべきことがたくさんあるのです。開院後の成功を目指すなら、コストばかりを意識するのではなく、集患への意識を持ち続けることが重要なのです。

事業計画書でチェックするべき点を知っておく

開業準備中に、税理士や開業支援コンサルタントが作成する事業計画書にも注目しましょう。

この事業計画書では、開業前の宣伝広告費に注意が必要です。多くのドクターがこの宣伝広告費をできるだけ抑えようとします。

しかし、たくさんの患者様にクリニックに来てもらうには、色々な手法とそれなりの期間が必要です。当然そこにはコストがかかりますが、その予算が少なすぎるので、しっかりした集患対策が取れずにいるのです。

クリニックの開業には建築内装費や医療機器費などたくさんの資金が必要となります。多くのドクターはこれらの費用が最も必要な要素として意識し、広告宣伝費が軽視されています。どれだけコストを抑えてクリニックを開業できたとしても、患者様が来てくれなければ経営が成り立ちません

事業計画書は、経営を成功させるために重要な計画書です。コストを安く抑えることも大切ですが、広告宣伝費を安くしすぎるのも問題なのです。

集患対策のための広告活動かを考える

開院チラシをたくさん配布して内覧会も実施したのに、開院後は患者様が全然きてくれない…そう悩むドクターは非常に多いようです。

もちろん、チラシの新聞折り込みや内覧会などの開院前の広告活動はとても大切です。

開院前にしっかり広告活動を行ったのに上手くいかないのはどうしてでしょうか。それは、広告活動のやり方ではなく、実施期間に原因があります。多くのドクターが広告活動の実施期間が短すぎるのです。

患者様にとって、医療機関を切り替えることはハードルが高いことです。医療機関を切り替えることに高いハードルを感じる患者様は、新聞折り込みでチラシを見ただけでは医療機関を変えようとは思わないかもしれません。チラシだけでは、ドクターが伝えたいクリニックの良さをしっかり理解してもらうのは難しいのです。

患者様にクリニックを切り替えてもらうためには、できるだけ長い集患実施期間を設けて、じっくりと切り換えてもらう戦略をとることがおすすめです。

クリニックの開業の成功とは?

ドクターの皆さんは、クリニックの開業の成功とはどういう状態を指すと考えますか?

実は、開業を成功させたいと漠然と考えるばかりで、開業の成功をきちんと理解していないドクターが少なくありません。クリニックの成功は何かをしっかり考えていきましょう。

開業の成功とは?と聞かれると、多くのドクターが「患者様がたくさん来て、クリニックの経営が良くなること」と答えるでしょう。しかし、「経営とはそもそも何ですか?」「クリニックの経営が良くなることとは、どんなことでしょう?」などと聞かれると、多くのドクターがあいまいな答えを出すでしょう。

経営は、利益を継続的に生み出す活動のことを指します。利益を残すことが重要になります。

クリニック開業の成功とは、クリニック開院後にしっかり利益が残ることです。まずは、クリニックの開業の成功の意味をしっかり把握しましょう。

利益を残すには、売り上げを上げることと費用を削減することが大切です。これらを、開業準備中も開院後も常に頭に入れておくことが成功への近道なのです。

武内デザインオフィスでできること

◎武内デザインオフィスは、医院デザイン実績100件を超える経験を生かし、ドクターが願う最高のクリニックを設計いたします。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

◎ 医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザインオフィスが大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザインオフィスは常に考えています。

◎ 患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、
ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。ぜひ、一緒にクリニック開業の成功を実現させましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)