今すぐ知りたい!医院設計の戦略的アプローチについて

クリニックを開業するにあたって、医院設計はとても大切なポイントとなります。

そこで、今回は医院設計のデザインや戦略的なアプローチについてご紹介します。クリニックの開業をお考えの方は、ぜひ参考にしてくださいね。

選ばれる医院をつくることの大切さ

医療施設を選ぶにしても医療施設を選ぶにしても、ほかとの差別化を図る上で大切なポイントは、患者様やお客様が何をもってクリニックや施設を選ぶのかという点です。この主要さをしっかり把握することがポイントとなります。

その業種の本質部分をしっかりあぶりだすことにより、その答えは自然と見えてくるでしょう。

考えてもよくわからないという方は、自分自身に置き換えてみるとわかると思います。ドクターが優しいクリニックか、リラックスできる落ち着いたクリニックか、はたまた流行を取り入れたおしゃれなクリニックか、など色々あるでしょう。

しかし、最も重要なことは、医療レベルの高い医院となるでしょう。この医療技術の信頼感こそが、患者様にまたこのクリニックに行きたいと思ってもらえるのです。

医院設計の成功のポイント

それでは、医院設計における失敗しにくいポイントについてご紹介します。以下のポイントに注意しながら医院設計を細かく考えていきましょう。

スムーズな導線

医院設計で考慮しなければならないのは、二つの導線です。一つは患者様が通る表動線で、もう一つはスタッフやドクターが通行する裏動線です。

表動線をスムーズにするには、回遊性を持たせることがポイントです。待合室から診察室へ、処置室、検査室、そして再び待合室というように、一連の過程において円を描くように流れをつくります。すると、移動に無駄がなくとてもスムーズにいくでしょう。

しかし、スタッフの動きをスムーズにする裏動線も重要なのです。移動距離を短縮するためには、表動線とは違って中心から放射状に伸びるような動線が好ましいでしょう。

設備計画について

医療機器を選ぶことは、実は設計上において最も大切なポイントとなります。どのような医療機器を採用し、それを誰がどんなふうに使うのかを具体的に考えなければ、実際の動きをシュミレーションできません。そのため、合理的なレイアウトを構築できないのです。

さらに、機器の配置によりコンセントの位置や数も考えなければなりません。また、検査データをネットでやり取りするならば、LAN配線もあらかじめ計画しておく必要があります。

もう一つ大切なポイントは、照明です。診療空間は皮膚の色がしっかりとわかるように、直接照明と間接照明を組み合わせて、より自然に近い光の状態をつくりだすことが必要なのです。ちなみに、明るいLED照明は診療空間に向いているでしょう。

患者様へのホスピタリティ

医療は人を相手にする以上、少なからずサービス業であるのです。そのため、クリニックでのホスピタリティは大変重要です。そこで、必ず押さえたいのは患者様がゆっくりくつろげるような空間的配慮です。

より良い診療環境を整えるだけではなく、診療とは関係のないトイレや待合室など、デザインも含めて快適に過ごせるように工夫することが大切です。

たとえば、待合室ではリビングルームのようなリラックスできる温かみのあるデザインが良いでしょう。さらに、BGMや間接照明により、視覚や聴覚とともに心地よい空間づくりが重要です。このような点から、患者様は医院側のこころづかいを自然と感じ取り、安心して心穏やかに緊張せず、過ごすことができるでしょう。

診療科別のポイントを押さえる

それぞれの診療科によってもまた違ったポイントがあります。

たとえば内科はほかの科に比べて患者様の数が多いので、できるだけ患者様を待たせないように、診察室を二カ所に設けて交互に使うなどの効率が良いプランが求められます。

しかし、小児科の場合は、外観のデザインから院内のインテリアまで、親しみやすいイメージ作りが求められるでしょう。

また、お子さんには必ず付き添いの方がいるので、待合室は広めにとり、椅子も多めに配置することが大切です。

建築・設計会社の選び方

医院設計は、その分野ならではのノウハウが求められるでしょう。

そのため、建築や建設会社にはその医院がどんな診療コンセプトを持って、どのくらいのスタッフを抱え、どんな機能を使って具体的にどう動くのかをシミュレーションする力が必要不可欠です。そうしなければ、快適性と機能性の二つを備えた医院を実現することができないのです。

医院設計の豊富な実績があって、十分なノウハウを持った会社であれば、最新の医療機器の情報を含めたトータルアドバイスができます。経験値が物をいう医院設計だからこそ、会社選びは重要なのです。

医院設計は武内デザインオフィスにおまかせください

武内デザインオフィスは医院デザイン実績100件を超える経験を生かして、
ドクターが願う最高のクリニックを設計いたします。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

◎ 医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザインオフィスが大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザインオフィスは常に考えています。

◎ 患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、
ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

ぜひ、医院設計でお困りのことがあれば何でも武内デザインオフィスにご相談くださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)