リフォームについて

医院リフォームを成功させるために押さえておきたいポイント

すでにご自分のクリニックを持っていられる方でも、さらに理想的なクリニックにしたいと考えている人は多いです。

心地よい空間であれば、自ずと人が集まってきます。
クリニックを見直して患者さんやスタッフ、ドクターが過ごしやすい快適な空間を作ることは、医院経営の安定にも大きな影響を及ぼします。

もちろん一番大切なのは診療方針となりますが、リフォームが経営の転機となることは珍しくありません。

そこで今回はリフォームを考えている方に参考にしてほしい医院リフォームを成功させるためのポイントについて解説していきます。

医院リフォームを成功させるためのポイント

①スムーズな動線を考える

医院リフォームで考えなくてはならない動線は2つあります。
それは、患者さんが通る「表動線」とドクター・スタッフが通る「裏動線」です。

表動線をスムーズにするポイントは「回遊性」を持たせることです。
回遊性を持たせるということは、待合室から診察室、処置室、検査室、再び待合室に戻るという一連の過程において、円を描くように流れをつくるということです。
円のような流れをつくると移動に無駄がなくなります。

一方でドクター・スタッフの動きをスムーズにする裏動線も重要になります。

裏動線を効率よくさせるには、表動線とは異なり、中心から「放射状に伸びるような動線」にすることがもっとも理想的です。
診察室を中心に処置室、検査室、受付が放射状に繋がり、それらの部屋が通路で結ばれることで移動がスムーズになります。

②合理的な設備計画

医療機器の選択は、実は設計上で肝と言っても過言ではないくらい重要なポイントです。

どのような機器を使用して、それを誰がどのように使うのかを具体的に見なければ実際の動きをシミュレーションすることが出来ず、合理的にレイアウトを考えることが出来なくなるからです。
さらに機器の配置によってコンセントの位置や数まで考えなければならなく、データをネットでやり取りするクリニックをであれば無線LAN配線まで考慮しなくてはなりません。

そしてもう一つ大事になるのが照明です。

診療室は皮膚の色などがはっきり識別できるよう、直接照明と間接照明を組み合わせてより自然に近い色を出すことが必要になります。
最近では明るいLEDが普及しているので診察室におすすめです。

③患者さんへのホスピタリティー

医療は対人である以上、少なからずサービス業の側面があり、ホスピタリティも重要となってきます。

ホスピタリティとして必ず押さえておきたいポイントは患者さんがくつろげるような空間的配慮です。
より良い診療環境を整えるだけでなく、診療とは直接的な関係のない待合室やトイレなども快適に過ごせるように工夫をしたいところです。
トイレは患者さん用とスタッフ用を別々に設けて、患者さん用のトイレは待合室の近くに設置しましょう。

例えば、待合室はリビングルームのような温かみのあるデザインや照明を使い、さらにBGMによって視覚・聴覚ともに心地よい雰囲気づくりが可能です。

そういった工夫から患者さんはクリニック側の心遣いを感じ取り、心地よく過ごしてもらえるのです。

また、医院は公共性の高い建物であるため、外観も街並みから外れないように調和された親しみやすいデザインが好ましいです。

④診療別のコツを押さえる

上記の他にも、それぞれの診療科によって異なるポイントがあります。

例えば内科なら、他の科に比べて比較的患者数が多いため、出来るだけ患者さんを待たせないようにする工夫が必要です。
診察室を2か所設けて交互に使うことなど、診療を効率的に出来るようなプランが必要になります。

一方、小児科の場合は外観のデザインから院内のインテリアまで親しみやすい色使いのデザインや、おもちゃや絵本を用意するなどの工夫があると望ましいです。
また子供には必ず付き添いの方が居るので、待合室は広めに設け、椅子なども多めに配置する必要があります。

⑤段差のないアプローチと出入口

クリニックの入口には、車いすの方でも入りやすいようスロープを設置するようにしましょう。
出入り口の段差もなくしバリアフリーにするのも基本的なポイントです。

今までは入口で中履きに履き替えるクリニックが多かったですが、最近では土足のまま出入りできるようにしているものが主流になります。

⑥色彩計画で印象を変える

クリニックの設計で重要となるのは動線や安全・清潔感など「医療を行う場として機能的で効率的な空間」であることが求められてきました。

しかし白や青一色に統一された無機質な空間でいかにも病院といった空間が苦手といった人が多いのも事実です。
そのため、最近では機能性や効率性に加えて「親しみやすい安らぎを感じる空間」であることが求められています。

特に地域に密着した形の小さな個人医院であれば、触れ合いや安らぎといった点はとても重要になります。

そこで重要になるものが「色彩計画」です。
白や青一色で統一するのではなく、ピンクやグリーンなど気持ちを落ち着かせてくれる色を使うことや、木目調の床材にするなどの工夫のことを言います。

その医院らしさを色で表すことも出来るので、医院のイメージカラーを基調にデザインするクリニックも増えています。

設計士だけでなくカラーコーディネーターにも同席してもらうと、色による効果について詳しく教えてくれるのでおすすめです。
ソファーや観葉植物、壁に飾る絵なども印象を左右するため、素材の組み合わせも考えてみましょう。

まとめ

住宅などの一般的な建築と比べて医院のデザイン・リフォームはその分野ならではのノウハウが求められます。
したがって建設会社にはそのクリニックがどのような診療コンセプトを持って、どれだけのスタッフが働き、どの医療機器を使って具体的にどんな動きで診療を行うのかなどをリアルにシミュレーションできる力が重要となってきます。

反対に、医院デザインの実績が豊富にあり十分なノウハウを有している会社であれば最新の医療機器なども含めた幅広い知識を持っているため、アドバイスも可能で強い味方となってくれます。

経験値がものを言う分野でのリフォームだからこそ、会社選びは重要となります。

 

武内デザインオフィスでは同じコストで最高の結果を出すことを掲げています。

予算内でどれだけ良いクリニックをデザインできるかでデザイナーの能力は決まります。
同じコストのかかる素材を使っても、デザインやコーディネート次第では見え方が変わってきます。

当たり前のことですが、ただ良いデザインを作るだけでなく、デザインしながらコストも調整することが出来るバランスの良いデザイナーであることが本当の意味で優秀なデザイナーであると言えます。

デザインワークだけではない”Something else”を常に追及していきます。

【クリニックのタイプ別】デザインのテーマ

皆さんは一度は病院に足を運んだことがあるかと思います。

大きな総合病院がかかりつけの病院の場合は他の院と比較は難しいでしょうが、歯科クリニック・眼科・内科や、美容外科や心療内科などのクリニックに通われている方は、それぞれの院のデザインの違いにお気づきかもしれませんね。

それぞれの院は目的が違えば、来院する方の年齢・性別はバラバラです。

そもそも病院のデザインは何を意識しなければならないのでしょうか?

ただでさえ心身共に弱っている中で、視覚的、機能的に負担をかけてしまっては何の意味もありません。

今回はそれぞれの診療科別に、クリニックのデザインについて患者さんにとってどんなものが最適なのかということをテーマにお話します。

 

小児科のデザイン

院によってデザインは様々ですが、その中でも小児内科や小児歯科などのクリニックのデザインはかなり特殊なものといえるでしょう。

今でこそ様々なデザインがありますが、ひと昔前はシンプルな内装にちょっとしたおもちゃや絵本があるだけといったクリニックが珍しくありませんでした。

基本的に患者さんは身体のどこかに問題を抱えていて、心身共に弱っている状況です。

そんな中、治療という行為は負担が大きい内容も含まれます。

内科であれば注射であったり、歯科クリニックの場合はあの独特の薬品のにおいやキーンとした音、削る際の痛みなど、お子さんであればそのストレスは計り知れないことでしょう。

では、現在はどのようなクリニックが多いでしょうか?

まず、内装はお子さんが普段見慣れているようなものが好ましいです。

例えばカラフルでポップなデザインであったり、絵本に出てくるようなパステル調なデザインで特別な場所なんだという警戒を解く必要があります。

そして、中にはお子様が元気に遊べるスペースやおもちゃを設置し、病院は遊ぶところなんだという認識になってもらいます。

そうすることにより、お子さんの受けるストレスを極力小さくし、診療をスムーズに行うことができます。

スムーズに行うことができれば、その分より多くの患者さんを受け入れることができ、結果的にクリニックの経営も安定することでしょう。

小児内科や、小児歯科、小児科を併設しているクリニックは特にデザインが重要になってきます。

 

心療内科のデザイン

心療内科はとてもデリケートな患者さんが多く、解放的なデザインが好まれない場合もあれば、閉塞的なスペースがタブーになったりと、デザイン面では特に慎重に決めなければなりません。

クリニックの特色から患者さんの傾向をより詳しくヒアリングし、その患者さんのために最も最適な空間を演出する必要があります。

これまでの心療内科はどこか暗く、重い雰囲気が漂うというイメージがありました。

しかし現在では、温かみがあり、優しい雰囲気の中心安らげる空間がすでに一般的になっています。

このように、変わりゆく時代の背景や患者さんのニーズ、それに対応する医療従事者の求めるものを適切にくみ取り、最適な空間を作っていく必要があります。

 

美容外科クリニックのデザイン

美容外科クリニックの場合、受診する患者さんは自分を変えるため、より自分を高めるために来院することでしょう。

ここで院内のデザインが日常的なものであふれていたらどうでしょうか。

日々の自分をより感じてしまい、中にはコンプレックスを解消するために受診を決断した患者さんもいる中で、不安な思いをさせてしまうこともあるのではないでしょうか。

そのため、人気の美容外科クリニックのデザインは非日常で、洗練されたハイセンスなものが多くなっております。

目的をもっている人が来院してくれるよう、しっかりと院としてのコンセプトをもち、それを表現することが大事になります。

美容医療を診療内容に含まれているクリニック様は、患者様に対して「あなたを美しくする」という説得力を目に見える形で伝えることが良いでしょう。

術後の無用なトラブルを回避するため、患者様も気持ちよく施術を受けられるよう、病院と患者の間にギャップを作らないようにすることが重要です。

一般病棟のデザイン

床数の多い病院は、入院施設を併設しているところも多いでしょう。

そのようなクリニックの場合は、開放的で明るいデザインを取り入れることが一般的です。

入院生活が長い患者さんの場合ですと、日常生活ではない非日常の生活にストレスをためてしまうことが多くあります。

そんな患者さんのために施設は開放的であり、閉塞感のないできるだけいつもの日常に近い生活に近づけます。

中には長期間の入院を余儀なくされる患者さんもいるため、できるだけ院内と外界との隔たりを無くすようなデザインを心がけています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は診療科ごとのデザインについてお話しました。

現在は情報が手に入りやすく、自分の症状や雰囲気に合った病院を患者さんが選ぶ時代になっています。これまでは身体に変調が起こった場合はお医者さんの判断を仰ぎ、そけで診断をしてもらった結果から別の病院を紹介してもらったりといったことがありました。

そのため、少しでも患者さんのニーズをくみ取るべく、治療方針や治療内容、そして院の雰囲気を良くしたりと、様々なことを行っています。

デザインについていえば、その病院の特色や文化をわかりやすく表現し、そして対象となる患者さんやスタッフに気を配ることに最も注力しなければいけないものであります。

機能的な面から患者さんの心のケアまで、しっかりとカバーするためにもそれぞれの院ごとの特色やテーマをしっかりと把握し、その施設にかかわる全ての人が働きやすく、また、自分らしくいられることが最も大事なことと考えます。

 

クリニックのデザインが患者様に与える影響について

 

人がクリニックに来る目的について考える

 

人々はクリニックに対してどのようなイメージを抱いているのでしょうか。

お腹が空いているときには飲食店に行く、疲れを癒してもらうためにマッサージ店に行く、というように人は目的を果たすため、あるいは欲求を解消するために特定の場所へと向かいます。

それと同様で、患者様は「体の不調を治してもらうこと」を目的としてクリニックにやって来ます。

また、自分の体に関することですから、当然不安な気持ちだって抱いているはずです。

つまり、クリニックに来院するお客様に対して提供するべきなのは、適切な診断や信頼はもちろんのこと”癒し”や”安心感”でもあると言えるでしょう。

 

クリニックに対するイメージ

 

クリニックと言えば今までは暗いイメージがありましたが、最近では本当に医療機関であるのかを疑ってしまうほどに外観も内装も綺麗でオシャレなクリニックが増えてきています。

もちろん見た目が新しいことが全てというわけではありません。

昔からあるようなクリニックは、長く続いているというイメージを与えることができるため、信頼のもとに成り立ってきたのだということが分かります。

しかし、人は見た目から様々なことを判断します。

それはクリニックに限ったことではなく、対人にしてもそうですし、あらゆる商品に関しても同じことが言えるでしょう。

初めて来院される方であれば特に、口コミやクリニックの外観で病院のレベルや医療の技術をはかり、本当に信頼できるかどうかを見極めます。

そのため、自身のクリニックに持つテーマに加え、健康や癒しを目的とし、安心を提供することのできる空間造りをすることが大切であると言えるのです。

 

 

クリニックのデザインが与える影響

 

今までの施工例を参考に、デザインが患者様に与える影響について具体的にお話ししていきます。

 

施工例①

【Before】

130_01

【After】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらの調剤薬局では、照明やクロス、床材の交換を行いました。

ここでは照明を取り上げて話を進めていきます。

見ていただくと分かる通り、以前は全体的に白の色調が強くどこか冷たいイメージのある空間でしたが、暖色系のボールランプを取り入れたことで、やわらかくあたかみのある空間へと変わりました。

このようなオレンジ系の照明は、「リラックス効果」をもたらしてくれると言われています。

反対に、施工前のような白い光は、活動を促す効果があります。

これは、日中の明るい光に交感神経が刺激されて活発になり、夕方にあたたかい光を浴びて気持ちが休まってくるのと同じようなメカニズムです。

そのため、あたたかな光は、より快適でくつろぐことのできる雰囲気を作り出すのに効果的であると言えます。

施工例②

【Before】

122_02

【After】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらのクリニックではクロス、床材の交換、照明工事やグラフィックサインの工事を行いました。

クリニックデザインを行う際に重視しておきたいものの1つとして、「居心地」が挙げられます。

なぜなら「何かあったらまたここに来たい」と思ってもらえるかを決めるのは、居心地の良し悪しだからです。

その居心地の良さを決めるのは、ドクターやスタッフなどの職員の雰囲気はもちろんのこと、患者様が過ごす空間でもあります。

先程説明した照明の他にも、空間の快適さを決めるのは色です。

色は人の心理に様々な効果を与えます。

例えば上記に挙げた写真で使用しているオレンジには、エネルギーを与えたり、緊張を和らげる効果があるのです。

また、オレンジ色は「健康」や「活力」、「親しみ」などのイメージを連想させると言われています。

その他にもホワイトは解放された気持ちになる、グリーンは穏やかな気持ちになるなど、色にはそれぞれの特性があります。

このように色によってもたらされる効果は様々なので、壁紙やクロスの色を変えるだけでもクリニックの印象はだいぶ変わると言えるでしょう。

そのため、デザイン設計をする際は、どのような印象を与えたいのかなどクリニックのイメージを明確にすることが大切です。

 

施工例③

【Before】

befor_001_01

【After】

after_001_01

ファザードの工事を行った例です。

入口は一番初めに目に入る場所であり、ここで第一印象が決まると言っても過言ではありません。

初めて来院する患者様のことも考えて、いかに入りやすい雰囲気を作れるかを意識することが重要であると言えます。

また、親しみを持ってもらえるようにするためにも、その地域にマッチした外観造りを意識することも大切です。

 

施工令④

【Before】

befor_001_04 (1)

【After】

after_001_04

 

こちらでは、パーティーションの交換を行いました。

最近ではプライバシーの問題もあるため、パーティションで区切りを作っているクリニックが増えてきています。

また、パーティションを設けることで患者様の緊張を和らげることもできるため、安心感にもつながると言えるでしょう。

 

快適さを提供できる居心地の良い空間造り

 

クリニックのデザインが人々に与える心理的影響についてお話しさせていただきました。

誰からも愛され、必要とされるクリニックにおいて大切なのは、来院してくる患者様に快適さを提供するのはもちろんのこと、ドクターやスタッフの方たちもストレスなく過ごしてもらえるような空間造りであると言えます。

診察する側であるドクターやスタッフの方たちにとって、クリニックは1日の大半を過ごす場所でもあります。

もしも職場の雰囲気が暗いと、働いている側にとってのストレスになりますし、それは患者様にも伝わるものです。

だからこそ、誰しもが快適に過ごすことのできる居心地の良い空間造りが大切であると言えるのです。

居心地の良い空間には、自然と人が集まってくるものです。

そのような空間を提供するためには、設備や技術はもちろんのこと、クリニックのデザインも大切であると考えます。

そして、来院してくださった患者様に「素敵なクリニックだった」と思っていただけることが重要です。

クリニックの開業、またはリフォームを考えている方は、是非自身のコンセプトはもちろんのこと、患者様にどのようなイメージを提供したいのかをまずは明確にしておくと良いでしょう。

 

人が集まる心地のいい医院を作るコツとは

居心地の良い空間には人が集まる

クリニックや商業施設は世の中に沢山あります。それぞれのクリニックや商業施設の努力があり人が集まっています。その努力中で欠かすことができないのが心地の良い空間、環境づくりです。

医療を提供する場である建物を患者さまが過ごしやすい空間や環境にすることは、この先長く続いていくクリニックの経営の安定にも繋がります。

診療方針やクリニックの戦略、クリニックのスタッフの雰囲気やドクターの腕なども非常に重要です。しかしリフォームをすることがクリニックの経営の発展に繋がるということは珍しいことではありません。

患者さまの居心地も良くなる上に働く側の動線も良くなります。それほどリフォームというのは意味のあることなのです。

リフォームをお考えの方に配慮して頂きたいポイント

これから医院を設計しようと考えている方に是非参考にして頂きたいポイントがあります。

ポイント1:親しみやすい外観

078_01_420

クリニックは住宅街や駅前など通いやすい場所にあり、人々の暮らしに馴染むような親しみやすい外観にすることが重要です。クリニックにある街並みや、その街の雰囲気に調和するデザインをすることも公共の施設として親しんでもらうためには必要なことです。

ポイント2:バリアフリー

もちろんクリニックの診療科目にもよりますが、出入り口などは段差をなくしアプローチにはスロープを作るなど高齢者や車いすを利用している患者さまに配慮した入口にすることはとても重要です。

出入りが楽なように、バリアフリーにするというのは最近では基本になっています。積極的にバリアフリー化を進めるクリニックや病院などが増えているのも事実です。

バリアフリーリフォームの目的は、先ほどもお伝えしたように段差の解消や手すり・スロープの設置などによって患者さんの身対的負担を減らすことにあります。

しかしただ単に患者さまの身体的な負担を少なくするだけではなく、バリアフリー化することにっよって患者さまに「自分たちのことをとても気にかけてくれる」と感じてもらい、信頼してもらう事ができるというメリットもあります。

ポイント3:受付と待合室の明るさ

クリニックに入ってまず印象的なのが受付や待合室です。医院の顔と言っても過言ではない受付はスタッフの雰囲気がいくら良くても、照明や不便な作りのせいでマイナスなイメージにもなりかねません。受付がマイナスのイメージではそのクリニックのイメージそのものに影響が出ます。

自然素材を使用したり、グリーンなどの優しい色にしたり、暖色系のインテリアを配置するなど入ってすぐに居心地の良さを感じて貰えるような工夫をすると良いでしょう。

受付はオープンなイメージにすることによって、誰でも親しみやすい開かれた印象にすることが出来ます。

ポイント4:快適な照明

診察する部屋は患者さまが最も緊張しやすい空間でもあります。診察室内の明るさを均一に保つ工夫や待合室も暗い雰囲気にならないような照明使いが求められます。

ドクターの顔色やスタッフの顔色が悪く見えないようにするためにも、部屋の照明を均一にすることは重要なことです。

ポイント5:動線を見直しスムーズに

実際にクリニックで過ごしているドクターやスタッフの皆様にしか、なかなか感じることのできないクリニックの不便さ。あぁだったらいいのに。こうだったらいいのに。と日々感じている不便さを解消しましょう。

同じスペースでもレイアウトを変えてみたり工夫をすることによって動線がスムーズになります。

動線がスムーズになる事は作業能率の向上に繋がりますので同じ時間でも更に多くの患者さまを診ることができたり、お待たせする時間が少しでも短くなる可能性もあるのです。

before002_01     ➨    after002_01

そしてドクターやスタッフの働きやすい、作業のしやすい動線を確保することはもちろんですが何より大事なのは患者様の動線を確保することです。

患者さまの動線とドクターやスタッフの動線は同じではありません。患者さまの立場に立って配慮することが必要不可欠なのです。

患者さまの動線がスムーズでもドクターやスタッフの動線がスムーズでなければ、誰にとっても心地の良い空間とは言えません。

今までは患者様の動線が優先なので不便な思いをして過ごしていたというクリニックの方も、これからは患者さまとドクターやスタッフの双方の動線を配慮したクリニックを設計していきましょう。そのためには今までの動線を再確認することが必要です。

ポイント6:トイレ

トイレは患者さまもドクターもスタッフも兼用というクリニックが多くあります。しかし出来れば患者さま用のトイレを設けるようにしましょう。患者さまのトイレは待合室の近くに配置し、ドクターやスタッフ用のトイレはバックヤードの近くにするなどの配慮もしましょう。

水回りは悩むことが多い部分ですので、デザインする際によく相談しましょう。

クリニックがうまく行くリフォームのコツ

クリニックをデザインする際には患者さまの心地の良い空間づくりをするのが鉄則です。しかし心地のいい空間でも医療行為をするのに不便な状態では、患者さまに不安を与える可能性もあります。

患者さまが安心して来院し、診察までの時間を過ごし、適切な診察・処置を受け、検査室やトイレなど帰るまでの一連の流れをスムーズにすることが重要です。

移動に無駄がないような設計をすることによって無駄な時間を省き、作業能率も上がります。

必要な部屋が通路で結ばれることによって患者さまもドクターもスタッフも快適に過ごすことが出来ます。

医療行為もクリニック設計も、人対人

医療技術が進み最新の医療機器などさまざまな医療を提供するクリニックが増えています。

いくら機械が進歩しても医療行為を行うのはあくまでも”人”。患者さま相手に行う医療は少なからずサービス業の面もあり、患者さまもより良いクリニックでの”サービス”を求めています。

そこで出来るサービスとは患者さまが心地よく過ごす事の出来る環境を提供する事ではないでしょうか。

ただ診察をして終了ではなく、診察とは直接には関わっていない受付・待合室・トイレなどのデザインを通して快適さを引き立たせることが患者さまの居心地の良さ人繋がるのではにでしょうか。

ドクターとイメージのすり合わせをし、納得頂けるクリニックを設計します。リフォームを検討中の方は武内デザインオフィスまでぜひご相談ください。

 

医院の改装をお考えの方へ~メリットの多いリフォーム~

クリニックは大事な場所

クリニックや病院は生活していく中で欠かす事の出来ない必要な場所です。クリニックや病院が近くにある事で多くの方が安心して暮らしていくことが出来ます。

逆に言えば信頼できるクリニックが無ければそこで暮らしていくのをやめてしまう方すらいらっしゃるかも知れません。はるばる遠くからクリニックに通って下さるという患者さまもいらっしゃるでしょう。

同じクリニックや病院に通っている方は腕のいい信頼できるドクターがいることはもちろん、クリニックや病院の安心できる空間があるからこそという方が多いのです。

武内デザインオフィスでは、医療施設を中心に商業施設、住宅などのデザインや設計を行っています。今まで100件を超える医院のデザインをしてきたノウハウと経験を活かして、ドクターや患者さまや働くスタッフの求める医院を設計することに真剣に取り組んできました。

クリニックに通う方はもちろん、クリニックで長い時間過ごすことになるドクターやスタッフのためのクリニックの設計は非常に重要な事です。

新築の医院をデザインするのはもちろんですが、今あるクリニックをさらにより良い環境にすることが出来るリフォームも積極的に行っています。今回は医院を最初から建築するのではなく医院をリフォームする、改装することのメリットについてお伝えしたいと思います。

医院に通うのは信頼の証

先ほどもお伝えしたようにクリニックには腕の良いドクターや親切なスタッフ、充実の医療機器が必要です。しかしそれだけでは100%とは言えません。

医療を提供するクリニックの空間も大切なのです。

いくら腕の良いドクターが担当してくれていても、居心地の悪い診察室や待合室では気持ちが落ち着きません。中に入れば親切なスタッフがいるとしても、初めて来る患者さまは親切なスタッフのことを知らないので入口の雰囲気が悪ければ中に入ってみようと思いません。

このように腕の良いドクターと親切なスタッフ、心から落ち着くことのできる空間が整っていることこそが信頼して通ってもらえるクリニックの条件なのです。

クリニックに通っている患者さまがいるのはそのクリニックと患者様の信頼の証なのです。

リフォームをすることによって更に患者さまが快適に、働くドクターやスタッフも心地よく働くことのできる環境を提供したいのです。今ある患者さまからの信頼を継続するためにも改装をするというのは良いことでしょう。

どうせするならメリットの多い改装を

同じ費用を掛けるなら、同じリフォームでもよりメリットの多い改装をすることが求められます。

ドクターの描く理想のクリニックであること、イメージ通りの完成をすることはもちろんのことです。商業施設のようなインテリアで医療施設を作りたいという依頼が増えている昨今では、ハイレベルなインテリアデザインを提案することはもちろんのこと、それぞれの診療科目に適したオペレーション提案が求められます。

しかしそれだけではなくリフォームをすることによって更に使いやすい、便利な環境にするだけではなくリフォーム前に不便に感じていた問題点などをしっかり改善していきます。

ただ単に内装を新しくするだけではない

医院を単に新しくするならば建築し直すことも可能です。しかしクリニックをまるっきり変えるだけでは今までの問題点が解決するのかと言われればそうではないのです。

もちろんリフォームの規模にもよりますが、建築し直すよりもコストの削減につながります。

今後も更に医療活動を発展させていくためにも、今後の医院の経営に影響を及ぼさないようにコストも考えていく必要があります。現状をしっかり把握し、改善点を的確に見出し、同じ費用でも可能な限りの手を尽くして無駄をなくしていきます。

現状の良い所は活かしつつ、建物の設計やデザインを見直すことによってクリニックの特性や強味、利便性を強化することで患者さまの獲得や医院の発展のお手伝いができると考えています。

ただリフォームして内装を新しく、綺麗にして終わりではなく長い目で今後を見据えて最善のリフォームをご提案していきます。

クリニックのリフォームで出来ること

これから開業をお考えの方も、今あるクリニックのリフォームをお考えの方もリフォームで出来ることについてを知っていただきたいと思います。

リフォームを考えるようになるきっかっけというのはさまざまでしょう。ご高齢の患者さまの院内の移動が大変そうだった時、診察室の使い勝手が悪く不便に感じることが多いと感じること、他のクリニックを見て自分のクリニックの印象や居心地が心配にななった、クリニックが古くなっていくら掃除をしても清潔感があるか心配・・・などなど。

クリニックや病院のリフォームでは今まで不便に感じていたことを解消することができます。患者さまは居心地の良さやリラックスできる環境、清潔感を重視している方も多いでしょう。そんな患者さまにも好印象を与えることができるのもメリットの一つです。

今までは考慮することが出来なかった院内の照明の明るさ、動線を改めて見直すことによって業務効率を上げ更に患者さまに配慮できる空間づくり、プライバシーを配慮した空間を作ります。

綺麗になることによって洗練されたイメージになり高級感も出るなど、リフォームをすることにはさまざまメリットがあるのです。

クリニックをより良いものにしたい、今までのイメージとは変えたいなどリフォームの目的はさまざまでも今後の医療の経営の発展にお役に立ちたいのです。

関わる人全員のためのクリニックを作る

武内デザインオフィスでは病院やクリニックにとって、つまりドクターやスタッフ全員にとってより良いリフォームを実現します。クリニックの特色やクリニックが今後目指す方向性、ドクターの考えや思いを形にするプランニングを行います。

そのためドクターからクレームゼロという実績を誇ります。ドクターはもちろん協力業者やスタッフの力添えがあってこその実績です。

このさきずっと患者さまから信頼される、選ばれるクリニックにするためにもドクターの意見を尊重していくのは重要なことです。その先も長く続いていくクリニック作りのお手伝いをさせて頂きたいと考えます。