医院設計とは

快適に過ごしてもらうための照明の使い分

 

はじめに

武内デザインオフィスが考える大切なポイントの一つに、患者様が落ち着ける空間をデザインするということがあります。

医療現場において、人間の健康を支える治療行為を効率よく行える機能性はもとより、患者様の不安で落ち着かない気持ちを少しでも和らげるために視覚からリラックスしていただく必要があります。

今回、院内で使用する照明の考え方と、目的に応じた照明の当て方をお話します。

病院照明の考え方

まず、照明というものはただ明るくするだけが目的ではないということは皆さん日々の生活の中で実感していることと思います。

通常の住宅であれば、新築の場合、照明器具選びは家の設計段階から始まります。 家族みんなで過ごすリビングは、テレビの画面や読書の際の文字がはっきり見やすい明るい光色、一日の終わりを過ごす寝室は眠りの妨げにならないように光源が直接目に入らないように工夫をする等、目的や用途によってさまざまです。

病院照明の考え方の一つに、「患者の快適性を高めることにより、人のもつ治癒力を呼び起こそう」といったものがあります。患者様の体と心を健やかにし、社会に復帰するための癒しの場を提供することが重要となります。

病院の特徴を抑えた照明選び

病院といっても様々なクリニックがあります。

内科、整形外科、眼科、歯科、そのほかに小児専門で治療をしている医院もあります。

それぞれ病院としては同じカテゴリーですが、患者様の目的も違えば、照明もまた違ってきます。

照明は視覚に直接働きかけるため、眼科などではやわらかい雰囲気で疲労感が少ないものが選ばれますが、反対に小児歯科などお子様の患者を対象としたクリニックでは、恐怖心よりも楽しい気持ちが勝るよう内装から照明に至るまで明るい雰囲気を希望される先生や親御さんが多いです。

院内ではさまざまな患者さまがおり、その目的も違うためそれぞれに適した照明があるので最適なものを提供していく必要があります。

用途による使い分け

病院には用途によって空間が使い分けられ、それぞれに適した照明があります。

病室など患者様の生活を中心に考えられた「病棟部門」、外来待合室など病院外からの人が多く出入りする「外来部門」、手術室や処置室など、医療従事者側の作業的要素を考慮した「診療・検査部門」に大別されます。

それぞれに適した照明はどんなものがあるでしょうか。

「病棟部門」

「病棟部門」には病室や廊下などがあり、病室に関しては患者様にできるだけストレスを与えることがなく、特別な場所だと実感させないよう日常の家庭環境に近い環境づくりが基本となります。

皆さんの一番落ち着ける場所はどこでしょう?多くの方は自分の家が一番と考えられるかと思いますが、不安な気持ちの中、慣れない場所でさまざまな方と寝食を共にするというのは考える以上に負担が大きいものです。

そこで、病室などでは落ち着き、安らぎを得られやすいソフトな間接光による環境が効果的となります。

また、廊下はすべての空間と空間をつなぐ導線の役割を果たし、例えばストレッチャーで運ばれてくる患者様がまぶしくないように光量を絞った場所、医療スタッフの作業照明の確保、夜間には全体の照度を落としつつ、安全な明かりを確保が必要となるなど多岐にわたります。

「外来部門」

病院の玄関となるエントランスや患者様の待合所などは、患者様や見舞客など迎える際、温かい雰囲気で迎えられ、お知り合いの方同士がお互いの顔に影が出て暗い雰囲気にならないように照明を置く位置も計算します。

また、待合室を兼ねた廊下は、呼び出しを待つ患者様が読書などができるよう明るさを調節し、居心地の良い空間を作り上げます。

「診療・検査部門」

病院内でも特に清潔な環境でなければならず、手術室や処置室などはほこりが付着しにくい制電性や、耐薬品性に優れた照明を設置します。

また、実際に手術を行う際医療スタッフの手元の明るさを確保する必要がありますが、この時に手元とその周辺に明暗差があると目が疲れやすく、ミスにもつながる恐れがあるため全体的に明るく、手元とのバランスを考え精神的ストレスを緩和し、作業効率を高めるが大事になります。

検査室も同様に、清潔に保つ照明選びはもちろん作業、見え方に重点を置いた照明を設置するため担当の医療従事者との打ち合わせにより決定します。

その他

その他の施設としては、スタッフステーションや事務所、管理室などがあります。

これらの施設では主に事務作業が中心になりますが、ここで求められるのはスタッフの作業効率を妨げない、明るく快適な照明環境になります。

また、コンピューターを使用した作業の場合、画面への映り込み防止に配慮したり、作業そのものが眼に負担をかけてしまうため、画面とその周辺の明暗差を極力なくしストレスを抱えることなく適切な場所に照明を配置する必要があり、書類記入などの際の手元の明るさの確保も大事になります。

まとめ

病院の施設は目的や用途によってさまざまな照明が使用されます。

なぜならば、病院内はたくさんの人がさまざまな目的でその空間におり、医療従事者によっては担当する業務ごとに最適な明かりは異なり、患者様の生活環境に合わせた明かりも場所によっては異なります。

しかし、一番大事なことは、どこで何をしていてもその人自身が最も快適で、過ごしやすくあるということです。

照明は医療建築の中の一部ですが、すべてが噛み合った時にこそ、その大事なことが叶えられるため、一つ一つの仕事を最高の技術で表現していきたいと思います。

武内デザインオフィスでは、医療現場に関わる全ての方に満足していただける環境を提供し、また、不安を抱える患者様の精神的なストレスを少しでも和らげる空間づくりをこだわりを持って常に追求しております。

医院設計をする際に考えなければならない課題について

医院設計は医療行為の始まり

クリニックを設計するにあたって、クリアしていかなければならない課題は沢山あります。診療を受けようとしている患者様のことを考えている建設主様の思いを叶えるクリニックにするためにも、ひとつひとつ丁寧な作業が求められます。

医院設計に関するノウハウを活かすのはもちろんのこと、安心して利用していただけるクリニック作りには今まで作り上げてきた実績や技術も重要です。

クリニックを作るということは、依頼主様であるドクターが安心して患者様に医療を提供できる空間を作る事ですし、患者様が安心して通ことのできる心地よい環境を作ることです。

医院設計をするということはただ単にデザインをして建築をする、医療施設を作り上げるということだけではなく、依頼主様の要望をお伺いした上で、ほかにないデザインの素晴らしい内装や空間を作る事によってドクターがより安心の医療を提供するこということのお手伝いになればと考えています。

患者様に安心を与えるためには、ドクターのお人柄や治療方法、医療機器の充実など必要な事柄はさまざまありますがそもそも医療行為を行う環境であるクリニックの空間そのものにも患者様に安心を与えるのに大事な役割があるのです。

もちろん医療行為こそ直接致しませんが、患者様をお迎えする外観や入口、受付を始めクリニック滞在中に患者様が居る時間の長い待合室や診察室などを建築するということは医療行為をサポートするということに繋がると思うのです。

 医療設計をする際の課題とは

歯科クリニックや美容クリニック、産科や婦人科などの医療機関を設計するにあたって、診療科目によっても課題が異なりますが、クリアしなければならない課題は沢山あります。

小児歯科や小児科クリニック

例えばお子様が多くお見えになる小児科クリニックの待合室では幼児に対しての細心の注意が必要です。

125_03

優しい黄色と青空の天井が優しい雰囲気を作り出し、入口からすでに不安を解消できるような空間の始まりです。

小児科では小さなお子様から小学生までさまざまな年齢の患者さまがいらっしゃいます。ベビーチェアーやおむつ替え用シートなどを設置し、配慮することも必要不可欠です。

また、バギーでお子様を連れてくる方も多いのでバギー置き場なども充実させる必要があります。

また小学生のお子様も多いので苦手意識の高い歯医者さんですら、ワクワクしてしまうような楽しい空間づくりができるように工夫が必要になります。

125_01

例えばこちらの小児歯科クリニックでは身体を思い切り動かして遊ぶことが出来るジャングルルームや本読みやおもちゃが大好きなお子様にはゆっくり遊ぶことのできるテーブルスペースを用意しています。

歯医者さんに来たのにも関わらずまるで公園に遊びに来た時と同じのような楽しさを味わうことが出来ますし、歯科治療の前後の患者様のストレスをジャングルのようなお部屋の楽しさで和らげることが出来るのです。

このように診療科目に応じて、目的に応じて最適な環境、空間づくりを行うことが医院設計には求められます。

しかしその中でも守らなければならないものがあるのです。それが、

・医療法
・建築基準法
・消防法
・都市計画法
・バリアフリー法
・都道府県条例

などです。

 

同じ項目だとしても法律によって異なる規定がありますのでそれぞれの法律の中で最も厳しい規定を守っていく必要があるのです。

医療法

医療法で定められた施設の定義として
病院・・・20人以上の患者を入院させるための施設を有するもの
診療所・・・患者を入院させるための施設を有しないもの、または19人以下の患者を入院させるための施設を有するもの

とされています。

病院は、医療法における構造基準を満たさなくてはならないため、建築基準法よりも厳しい基準が適用されます。

病院は通常の建築物とは法規が違っている部分があるので、充分に知識のる設計士にしか設計ができない建築物と言えます。設計士として優れているだけでは不十分で、さまざまな経験が必要で関係する法律にも精通していることが求められます。

建築基準法

建築物の用途に対する敷地や構造、設備などの最低の基準を定めている建築基準法は、クリニックや住宅などの建築物を建てる上で基本となる法律です。

建築物を新しく建てる際や増築する際、大規模の改装を行う場合や大規模な模様替、特殊建築物へと建築物ぼ用途変更をするための工事を行う場合には工事に着手する前に、必ず建築確認申請を提出し、建築主事の確認を受け確認済証の交付を受けなければならないと定められています。それが確認申請です。
建築士が設計した建物が、敷地に対する建物の関係や避難・安全面において、構造についての事項や設備関連の法律の規定に関して全てにおいて適合しているということの確認を受けなければいけません。

確認申請は許可ではありませんので法律に適合していることが確認されれば原則として確認済証が発行されます。

例えばビルのワンフロアをテナントとして借りてクリニックを開業したいという場合にはクリニックなどの入院用のベッドを持たない無床診療である場合には特殊建築物にはあたりませんので建築基準法によって規制されることはありません。

それは建築基準法では病院や入院用ベッドのある有床診療所が特殊建築物と定められていますが入院用のベッドを持たない無床診療所は特殊建築物とは定められていない為です。

また、ビルにテナントとして入居する場合、建築確認申請などによって用途変更を許可して貰う必要もありません。

医院設計の課題は法律と隣り合わせ

このようにクリニックの差別化を図るためには個性のある、ほかにないデザインで医院設計をする必要があります。しっかりとしたコンセプトを確立し、それに基づいた空間設計をすることがとても重要なのです。

しかし、デザイン性や個性のある外見だけではなく、課題をクリアした上でクリニックとしての機能をしっかり確保したものであることがもちろん必要です。

そのためにはさまざまな法律をクリアして医院を設計するためのノウハウや知識、経験が必要になります。

作る建築物によって、目的によっても課題は異なるということなのです。

 

【医院設計をはじめるまえに】クリニック開業のコツ・ポイント10選

「自分のクリニックを開きたい」そう考えている方へ

今回は、医院設計を始めるときのコツやポイントについてです。

クリニックを開業しようとすると準備や設計など考えるが山積みで大変ですよね。

そこで、自分のクリニックを開業しようと考えている人にまず知っていて欲しい医院設計の10個のポイントをあげていきます。

①立地、物件の選定

まず重要になってくるのはクリニックの立地です。

クリニック開業が成功するかどうかは立地で大きく左右されると言っても過言ではありません。それほど重要なポイントになるのでよく検討してから開業地を選定しましょう。

特定の場所を決めるのは資金や治療に必要なスペースや環境が確保できるかなど様々なポイントをクリアしている場所でないといけません。

そこで具体的な立地条件のポイントは4つです。

■人が多く集まる場所・地域であること

そもそも人が多くいる場所であることが大切です。都内であったり、住んでいる人口が多い地域であれば来てもらえるお客様の数が多くなりますよね。

■初めて来る患者にも分かりやすく、通いやすい場所であること

地元の方でないと分からない入り組んだ住宅街の中や、駅から遠い場所などは分かりにくく通いにくいですよね。通いにくい場所であると毎回通うことは面倒になるのでリピート率も下がります。また、初回のお客様は道に迷い予定の診療時間を遅れて始めることになるため、後ろのお客様を待たせる原因にもなり兼ねます。

逆に駅から近い立地などは通いやすいとよく目にしますし、まずは行ってみようという気になるものです。

■競合医療機関が少ないこと

開業をしたいと考えている場所の周囲に競合医療機関が多いかどうかも要注意です。

駅前などの立地の良い場所などは特に他の医療機関も集中して開業するので、他院との差別化ができる特徴があり、魅力がある医院づくりがより必要になります。

■将来性や活気がある地域

開業をする時点では大きな問題がないようでも、今後人口の減少が予測される場所などは避けた方が良いでしょう。また、将来他の医院が多数入りそうな場所は競争が激しくなるので、勝ち残るだけの技術や特徴、リピートしてくれるお客様の確保などが重要になってきます。

以上の4つのポイントを押さえながら、自分で立地調査を行うようにしましょう。もちろん物件の間取りや窓の向き、電気や給排水なども確認したうえで問題ないか確認をするようにしましょう。その際に駐車場が確保できるかどうかも忘れずに!

②医院のコンセプト、デザイン

クリニックを開業するにあたって、必ずコンセプトが必要になってきます。診療方針や患者に対するサービス、クリニックの雰囲気のイメージなどを固めておきましょう。

医院設計をお願いする際にコンセプトやイメージなどを伝えることで描いていたクリニックを実現しやすくなります。

③計画規模とコスト

クリニックを開業することは、自分が医院長になると同時に経営者になることも意味します。そこで、事業計画や建設コスト維持費などもやりくりする必要があります。

余計な部分にコストをかけることはもったいないので、可能な部分は合理化や省スペースなどでコスト削減をし、必要な部分にお金をかけるようにしましょう。

④待合室

お客様が長い時間いることになる待合室は居心地の良さなどが重要になります。

リラックスして待てるよう、光の入り方や植栽の位置、床や壁の素材などを検討する必要があります。さらに受付から待合室全体が見えるように配置してあることも大切です。

⑤受付

受付は待合室全体を見渡せるような位置で、オープンカウンターである場合がほとんどです。オープンカウンターであればお客様とのコミュニケーションも取りやすく、スムーズに受付や会計を済ますことが出来ます。

⑥診察室

診察室はクリニックの中心ともいえる場所です。

ドクターなどが効率的に動けるよう設計されていること、プライバシーが守られること、清潔感などが重要になります。

⑦トイレ

意外と見落とすことが出来ない場所がトイレです。

医療施設のトイレは通常より気配りが必要になります。男女別で清潔感があることはもちろん、車いすの患者も使いやすいよう広めのスペースを確保することや、検体との導線も必要になります。

⑧医療機器設置の対応

ドクターの診療方針により、導入する機器の大きさや必要な電気、設備などが変わってきます。医療機器メーカーに確認したうえで実際に図面の落としこみ検討していくことがほとんど。

レントゲンなど大きな医療機器を入れる場合は、搬入経路なども確保する必要があります。

⑨効率的な動線計画

クリニック内は効率的で医療業務や患者が使いやすいだけでなく、ドクターやスタッフの使いやすさも考えなくてはなりません。ドクター、スタッフ、患者の動きがスムーズでないとタイムロスが発生します。

なのでスタッフの作業の流れや患者の移動を考えた設計が必要になります。

⑩メンテナンス

クリニックは、通常の住宅などとは違い多くの患者が行き来し、ドクターやスタッフも動くため耐久性が要求されます。

そこで毎日の掃除のしやすさや耐久性の強い素材を使用するなどしましょう。医院設計をお願いするところによりますが、開業後も定期的にメンテナンスなどのアフターフォローをしてくれると安心できますね。

いかがでしたか?

クリニックなどの医療施設は、特に専門性の高い建築になります。なので、医院設計の際はその道のプロに頼むことが近道に。

武内デザイン事務所なら「同じコスト」で「最高の結果」を出すことができます

武内デザイン事務所では、予算内でどれだけ良いクリニックをデザインできるかという点を重視しています。同じコストのかかる素材を使ったとしてもコーディネート次第では、まったく違うクリニックになるからです。

クレーム「ゼロ」の確かな実績

武内デザイン事務所は医院のデザイン実績が100件を超えていて、その実績を生かして最高のクリニック作りをサポートします。

デザインワークだけでない仕事を追及しているため、実際にデザインを担当したクリニックのドクターからのクレームはゼロ!クレームゼロという実績は信頼の証しにもなると思います。

クリニックを開業しようと考えている方はぜひ武内デザイン事務所で最高のクリニックを作りましょう。