待合室・受付

また行きたくなる医院設計のコツ【受付編】

受付は、患者さんが医院に入って一番初めに目にするエレメントです。まさに、「医院の顔」とも言えるのではないでしょうか。

古い医院の場合、待合室にいる患者さんや受付が外から見えないように受付までを大回りする設計が多く見られましたが、患者さんにとっては余計に不安感がつのるでしょう。

そこで、どんな受付だとまた行きたくなるのか、心地よく過ごせるのかをご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

医院の顔である受付のポイント

変化のあるデザインでソフトな印象を

受付は、玄関から入ってすぐ目の前というのも良くありませんが、適度な距離感で受付にいるスタッフが患者さんを視認できることが基本になります。

受付につながる待合室は、木目を使ったりアクセントカラーを入れたりとデザインにポイントを入れることで変化を出します。そうすると、ソフトで優しい印象となります。

また、カウンターの形状に関しても、単調で無機質なカウンターではなく、丸みのあるものなど変化のある形状の方が柔らかく見えます。

受付カウンターにカーブラインを取り入れることで生まれる効果

受付カウンターを無機質なつくりではなく、曲線のカーブラインを取り入れることでデザイン的に柔らかく優しい雰囲気になります。

また、曲線にすることで、受付内のスタッフの視覚範囲が広がるという効果も生まれます。さらに、配置によっては、受付カウンターにカーブラインを付けることで、受付から玄関が視認しやすくなるという効果も生まれるのです。

車いす対応のローカウンターがある場合は、ユニバーサルデザインにも配慮して、サイドやカウンターだけではなく天井や床にもカーブラインをあしらいます。

白やベージュ、オフホワイトなどの優しい色合いを使うことで、より柔らかな優しい雰囲気を演出することができるでしょう。

機能面も充実したつくりに

受付は、機能的な面でも充実したつくりを意識します。

たとえば、手荷物台をつくるのか、車いす用のローカウンターは必要かなどがポイントとなります。福祉のまちづくり条例では、車いす対応カウンターの設置を求められる場合もあります。

また、受付カウンターの内側はスタッフの重要な作業スペースになります。

そこで、パソコンや電話、インターホン、コンセント、アンプ、複合機、LANなどの機器や設備端末を整理しておく必要があります。スタッフが作業しやすいように、すっきりと使いやすい配置にしましょう。

有床診療所の場合、診察時間外にも面会者や入院患者さんが待合室を通ることがあります。そのため、セキュリティのためにシャッターを設けることもあるでしょう。

受付カウンターのサイドやバックにも気を配る

受付カウンターのサイドやバックも、スタッフが使いやすいように機能的に作りこみましょう

カウンターのサイドやバックは通常カルテ棚が設置されます。カルテ棚は既製品もありますが、カウンターとの兼ね合いを考えると、できるだけオリジナルで仕上げたほうが良いでしょう。

受付カウンターの高さや寸法

トップカウンターの高さや奥行き

医院の受付カウンターの構成は、スタッフが事務作業をする作業カウンターと、患者さんとスタッフがやり取りをするトップカウンターの二段構成となります。

通常、受付カウンターの高さは100㎝を基準としており、受付のスタッフが座ってもカウンター越しに待合室が見渡せる高さになっています。

ですが、受付の中を患者さんにのぞき込まれないように少し高めに設定する場合もあります。

トップカウンターの奥行きは20~30㎝程度になることが多いです。患者さんが問診票などを記入する場合は、少し広めに設定することもあります。

ですが、どうしても広さを取れない場合は、クリップボードなどを患者さんに渡して、待合室の座席で記入してもらうケースもあります。

作業カウンターの高さや奥行き

受付カウンターの内側は、スタッフが事務作業を行うスペースとなります。この作業カウンターの高さに関しては、70㎝程度を基準としています。

作業カウンターの周りは、パソコンやレジ、電話、モニター、コンセント、インターフォンなど事務機器や通信設備が並びます。そのため、奥行きは少し広めの50~60㎝程度に設定しています。

ですが、奥行きが深くなりすぎると患者さんとのコミュニケーションがとりづらくなるので注意が必要です。

車いす対応カウンターの高さ

最近では、バリアフリーやユニバーサルデザインの条例による規制で、車いす対応カウンターを設ける医院が増えています。

この車いす対応カウンターを設ける場合、高さは70㎝とし、受付のスタッフが座って対応しやすい高さにします。また、足元には車いすが入るように工夫する必要があります。

車いすで来る患者さんが少ない医院は、車いす対応カウンターと患者さんの相談カウンターを一緒にする場合もあります。

受付は患者さんへの優しさと機能面を重視することがコツ

受付カウンターは、医院設計の中でも非常に重要なエレメントとなります。

患者さんとのコミュニケーションがとりやすく、スタッフには機能的で使いやすく、働きやすいカウンターになるような工夫が大切です。

武内デザインオフィスでは、患者さんが心地よくいられることやスタッフがストレスフリーで働ける空間作りを行うことを考えています。

ご紹介した医院設計のポイントのほかにも、

  • 入りやすいクリニックを設計すること
  • 患者さんが落ち着ける空間をデザインすること
  • 素敵なクリニックだったと記憶に残るクリニックをつくること
  • ドクターやスタッフが気持ちよく働けるクリニックをつくること

この4つの内容を大事にしております。

また、良いクリニックデザインとは、「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」と考えています。

このように、患者さんが快適に過ごせる空間作りをすることはもちろん、ドクターやスタッフが快適にストレスなく働ける空間をつくることも同じくらい重要なことです。

さらに、良いデザインを考えながら工事コストも調整することを忘れません。

ぜひ、一緒に「また来たくなるようなクリニック」を目指しましょう。

また行きたくなる医院設計のコツ【待合室編】

医院設計に関して、内装デザインに特に重きをおくのが待合室でしょう。

患者さんが最初に入って目にするのが待合室なので、まさに「医院の顔」と言えます。

ドクターに見てもらう体調の悪い時は、誰しもが何かしら不安を持って医院を訪れます。ましてや、初めて訪れる医院なら余計に心配事や不安になることが多くなるでしょう。

さらに、待ち時間が長くなると不安感が募ります。

そこで、どんな待合室だと患者さんにとって居心地の良い空間になるのか、ポイントを挙げていきます。

居心地の良い待合室のポイント

待合室の椅子について

医院の待合室では、椅子やソファーはとても大切なデザインのポイントとなります。

どんな医院で、どんな患者さんが来るのかを配慮することが重要です。

例えば、産婦人科なら妊婦用の椅子を使うことや、妊娠している方が座りやすいように工夫しながらデザインを考えます。また、なるべく明るい色合いを選ぶことで、圧迫感のない開放的な印象になります。

どんな医院でも、椅子やソファーの色彩は明るく濁りのないキレイな色を選びましょう。そうすることで、患者さんがリラックスし、心おきなく過ごすことができます。また、明るい色彩は医院のイメージも印象付けることができるのです。

照明の演出や天井のデザイン

JIS照度基準によると、医院の待合室の照度は300LXあれば充分でしょう。

一般的には、医院では蛍光灯ではなく、落ち着いた雰囲気を演出する暖色系の電球色ランプが使われます。無機質な蛍光灯は冷たいイメージを与えるので、ダウンライトを使うケースが一般的です。

ですが、近年はLEDが進化してるので、種類が増えコストも下がっています。そのため、ダウンライトもほとんどLEDに変わっています。

また、レディースクリニックでは、ブラケット照明を使って柔らかい空間を演出しても良いでしょう。

天井は、単調なままでは無機質なイメージを与えるので、掘り込みなどをつくることでイメージの変化が見えます。また、間接照明を使うこともありますが、その場合、電球の取り換えがしやすいように高さや配置を工夫することが大切です。

天井は、天井裏の配管などの問題で変化をつけることが難しいケースもありますが、ちょっとした工夫で変化をつけると、患者さんにも柔らかい優しい雰囲気を感じてもらえるでしょう。

患者さんが気持ち良い・心地よいと思える待合室にすることが重要です。

床のデザイン

待合室の床のデザインは、全体的な雰囲気を変える大切なポイントです。

床の仕上げ材には様々な種類がありますが、医院でよく使われるのはビニ床シートやビニ床タイル、タイルカーペットなどです。これは、土足で上がるかスリッパで上がるかによっても変わってくるので注意が必要です。

よく使われる床のデザインは、床にポイントでアクセントカラーを入れることです。

ベージュ系の床に同系色のホワイト系のポイントを入れたり、反対色のビビットな色合いをポイントで入れることもあります。これによって、受付のカウンターをわかりやすくしたり、患者さんに方向性を感じ取ってもらえたりとデザインによって色々な効果が生まれます。

待合室では、患者さんが予想以上に待たされることもあるでしょう。イライラしたり気持ちが落ち着かなくなることも予想できます。

そこで、床に少しのアクセントを入れるだけで待合室に変化やリズムが生まれ、患者さんの心も少し落ち着き、リラックスできるでしょう。ただ単調の無機質な空間だと、イライラした気持ちに拍車がかかる場合もあります。

このように、床も待合室の大事なデザインのポイントとなります。患者さんが落ち着いてリラックスできる空間を第一に考えていきましょう。

マガジンラックについて

医院の待合室は、広いスペースを確保することが難しい場合が多く、本立てや本棚が場所をとるので置き場所に困ることもあります。

本立てには雑誌を置くことが多いですが、小児科はお子さん用の漫画や絵本などを沢山置くこともあります。また、本以外にもパンフレットなどを置くことも多いでしょう。

既製品の本立てや本棚を置く場合も多いのですが、場所を取らずにすっきり見せるために、カウンターや壁の一部を掘り込み、本や雑誌を並べるケースもあります。

また、本立ての上に医院の掲示板などを設けると患者さんの目につきやすくなります。

ごちゃごちゃしていないすっきりとした待合室にするために、こうして、マガジンラックなども工夫しましょう。

キッズコーナー

お子さん連れの患者さんが多い医院は、待合室の一部をキッズコーナーとして開放する場合もあります。

キッズコーナーは受付からも目に入りやすいように設置することが重要です。

キッズコーナーは、お子さんの怪我や事故に対して配慮する必要があります。そのため、クッション性のある材料を組み合わせて作ることが一般的です。

また、壁は汚れやすいため、壁面にウォールマットを貼る場合もあります。

狭い空間でも、ベビーサークルで囲んだりクッションブロックで囲んだりと仕切りを作り、お子さんや他の患者さんへの配慮を大切にします。

ナースステーションや受付から十分目に届くことも大切ですが、どうしても見通しの悪い場所に設置する場合は、監視カメラなどを設けて危険がないように目を配ることが大切です。

お子さんのために、テレビモニターや絵本、遊具などを置いて楽しむ気持ちを大切にすることもお忘れなく。

確かなデザインをクリエイトするために

ご紹介したように、医院の顔となる待合室は十分に考えこんでデザインする必要があります。

また、キッズコーナーを設ける場合が危険のないように十分に配慮しましょう。

武内デザインオフィスでは、医院デザイン実績100件を超える経験を活かし、ドクターが願う最高のクリニックを目指します。良いクリニックデザインとは、「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」と常に考えております。

患者さんが快適に過ごせる空間をクリエイトすることはもちろん、ドクターやスタッフも快適にストレスなく働ける空間作りを大事にしています。

ぜひ、一緒に「また行きたくなるクリニック」をつくり上げましょう。

【医院設計】待合室づくりの際に気を付けるべきポイント

はじめに

みなさんはこれまでに一度は病院に足を運んだことがあるかと思います。

病院に行くということは多少なりとも不安な気持ちを持ち合わせていることでしょう。

病院の設計において、来院された患者さんが診察を待つ間少しでも不安な気持ちを柔らげ、リラックスした状態で待機できる環境を作ることに重点を置くことがあります。

また、小さなお子さんを連れている方や、患者が小さなお子さんの場合でもそれぞれに適した環境というものがあります。

今回はそういった病院の待合室を作る際に、気を付けるべきポイントを患者さんの目線も交えながらお話していきます。

 

対象によって待合室のコンセプトを変える

まず、病院という施設は一部の総合病院を除き、それぞれの診療内容によって独立している場合が多いです。

歯科・内科・外科・小児科など、やはりそれぞれ来院される患者さんの特徴も異なってきます。

 

お子さんも来られる場合

まず、歯科クリニックや小児科を併設されている病院は大人の患者さんだけではなく、小さなお子さんも同時にいらっしゃいます。

待合室づくりの基本である「患者さんがリラックスできる空間」を考えるのと同時に、お子さんに対する配慮も忘れてはなりません。

小さな子供は体に不調を感じると、これまで経験したことのない痛みや苦痛から大人の感じるストレスよりもはるかに感じやすいことでしょう。

治療そのものはする側もされる側も決して楽なものではなく、そういった経験から病院とは特別な場所なんだと思わせないようにする必要があります。

そうするためには出来るだけ日常に近い空間であり、かつ楽しい場所でなくてはなりません。

おもちゃで遊べるコーナーを作成したり、小学生くらいの患者さんが多く来られる医院であれば、ケガをしにくいように床材にクッション性のあるものを使用したりなどの配慮が必要となります。

また、お子さんの患者だけでなくその保護者にとっても使いやすい空間でなくてはなりません。

ベビーチェアやベビーベッドなどを設け、急な対応や受付作業をスムーズに行えるように配慮したり、もちろんトイレ内にも設置をします。

付き添いの親御さんへの配慮も重要になります。

 

その他医院の待合室

これまでは主にお子様に対しての待合室づくりをお話しましたが、それ以外の大人の方が利用する医院の待合室はどのように設計するべきでしょうか。

前述したように、待合室は患者さんの不安を少しでも解消し、リラックスの出来る日常に近い空間設計が重要になります。

しかし、医院のコンセプトによってデザインは大きく変わってきます。

清潔感を重要視しているクリニックは青を基調とし、シンプルなデザインを好まれます。

また、美容外科や自費診療をメインとしているクリニックでは高級感があり、オシャレで落ち着いた雰囲気のデザインが多く採用されています。

来院される患者さんの目線に立ってみると、決して安くない治療費をかけて自分自身を変えたいと思い来院しても、デザインが普通で特別な空間だと認識されなければいくら先生の腕は確かでも説得力に欠けてしまいます。

患者さんは何を求めて来院されるのか、また、医院のコンセプトをしっかりと汲み取り双方にとってメリットのあるデザイン設計が重要です。

 

バリアフリー対策

病院の性質上、バリアフリーな空間が必須となります。

身体が不自由な方や、ケガにより動きが制限される方、体調が優れず思ったように体を動かすことができない方など様々な方がいます。

手すりやスロープ等を各所に配置し、制限された動きの中でも楽に動作ができるようにします。

また、車いすを利用される方も当然いますので、そういったことも考慮し、段差は排除しスムーズな移動ができる床を確保します。

そういった方が多く利用され、また、今後高齢者が増加傾向にあることも考慮してリフォームの段階でバリアフリーな院内設計を採用される医院も多くなってきています。

ひと昔前でもバリアフリーは採用されていましたが、スロープの角度が急であったり、トイレ内のバリアフリー化が充実していなかったりなど、逆に負担が大きくなることもありました。

しかし現代では、そういったことは極稀で、どのような方でも楽に利用できる設備が充実してきており、子どもからお年寄りまで気持ちよく利用することが可能です。

 

使い勝手の良さ

院内を利用するのは患者さんに限らず、多くの医療従事者も利用しています。

とても忙しく院内を移動することも多いですが、部屋と部屋とを結ぶ導線をしっかりと作らなければ現場では思わぬ事故に繋がったり業務に支障をきたしてしまいます。

そうならないためにも、そこのクリニックではどのような人の流れがあるのか、また、現状の改善したいポイントというのもヒアリングをしなければなりません。

クリニックに限ったことではないですが、デザインに関しては見た目も重要ですが、それと同じくらい機能性にもこだわらなければなりません

その2つが両立してこそ設計というものは成り立つのです。

 

まとめ

現在様々なクリニックがあり、そのコンセプトも多種多様です。

院内デザインの設計において気を付けなければならないことは、医院のコンセプトをしっかりと反映させて、患者さんが気持ちよく利用できる施設というのが基本です。

しかしその基本が一番難しく、医院がやりたいこと、出来ること出来ないことと、患者さんが求めるもの求めないものをすり合わせることが最も大変なことです。

そのためにはデザインする医院にしっかりとヒアリングをし、詳細な打ち合わせを経てデザインをしていきますが、中にはイレギュラーなこともあります。

そういった時にこそこれまでの経験と知識を活用し対応していくことで希望をかなえていきます。

武内デザインクリニックでは以下の4つについて重視しております。

 

  1. 入りやすいクリニックを設計する事
  2.  患者様が落ち着ける空間をデザインする事
  3. 「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
  4.  ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

 

ご自身の持つテーマに加え、ご予算を考慮した上でより良いクリニックの設計を致します。

個性を大事にしながら安心さを与える入口・受付のデザインとは

クリニックで一番目につく場所の印象とは

皆さんはまず、クリニックに入る時どんな入り口かをチェックするでしょう。

どんな場所でも、入口が与える印象はとても大切です。例えば、路面にある一階のクリニックは目に付きやすく、入りやすいかどうか、雰囲気をすぐ確かめられる場所にあります。

ですがビルの二階以上のクリニックではどうでしょう。

外からは中の雰囲気がわからないので実際にそのビルに入り、入口まで行って雰囲気を確かめなくてはなりません。もし、入口の印象が暗くて不衛生だったらどうですか?思わず引き返したくなるでしょう。そんなことでは、せっかく勇気を出して中に入っても、とても残念な気持ちになってしまいます。

入口は、そのクリニックの中の印象までもを想像させる大事な場所です。

入口がマイナスイメージであったら、その中の診察室やドクター、スタッフのイメージまでも悪いものにしてしまいます。そのため、入りやすく清潔で綺麗な入口であることはとても大切です。

物事においてマイナスイメージというのは強く人の心に残ります。たとえ、ドクターやスタッフの印象、対応が素晴らしいものであっても、クリニックのデザイン、内装が不潔で居心地の悪いものであったらマイナスイメージの方が勝ってしまうのです。

「あのクリニックはドクターの雰囲気が良かった。スタッフも笑顔で優しく対応してくれた。けれど、クリニックは不潔で落ち着かない。」というように、クリニックのあまり良くない印象の方が心に強く残り残念なものになります。

129

この写真の、グリーンが鮮やかな小児科・アレルギー科のクリニックは、「健やかな森」をコンセプトにデザインしました。

グリーンという色は、安心感、安定した気持ちを与えてくれます。また、グリーンは木や森など自然にある色なので不安な気持ちを穏やかにし、リラックス効果を与えます。

初めてクリニックに行く人々の心は、いつもより不安があります。ましてや、小さいお子様は体調の悪さに加え「何をされるかわからない」という気持ちもあるでしょう。

このように、親御さんによってクリニックに連れていかれるお子様の心は今にも泣きだしそうな不安感で押しつぶされているかもしれません。

そういった気持ちに少しでも寄り添えるように、安心感を与えるグリーンを全面的に出し、照明が暖かく開放感のある明るい受付を意識しました。

133

また、受付横の壁には「森」という字をデザインした遊び心のある仕様になっています。お子様の不安な気持ちを少しでも拭えるように楽しい気持ちやユニークな気持ちになるようにデザインしています。

武内デザインオフィスでは、予算内でどれだけベストなクリニックをデザインできるかを考えています。同じコストの素材を使っても、コーディネートやデザイン次第で見え方が全く変わってきます。

コストは同じでも、デザイナーの腕次第で全く違うものになってくるのがデザインの面白い部分であり、魅力だと思います。

そのため、単純にコストをかけて立派で豪華に見せるのではなく、いかに決められたコストの中で最高の結果を出せるかを常に考えています。

医療活動の一貫ともいえる「医院設計」

また、クリニックデザインはドクターの医療活動をお手伝いできるように考えなくてはならないと思っています。

患者様が快適に、不安なく過ごせることはもちろん大事なことです。特に、待ち時間が把握しにくいクリニックならなおさらです。

ですが、クリニックで過ごす時間が長いドクターや、スタッフの居心地の良さも同じくらい大切なのです。

ドクターやスタッフは、毎日同じ場所へ出勤し、そのクリニックの中で働き、過ごすわけですからストレスが無く快適に働けるという場所である必要があります。

これは、クリニックでなくても同じことが言えるでしょう。

働く環境というのは皆さんも大事にしているのではありませんか?共に働くスタッフなどの人間関係がどんなに良くても、居心地の悪い落ち着かない場所で働くというのは、少なからずストレスが蓄積されていくものです。

働くことにおいて何かしらのストレスは必ずついてくるものですが、環境や施設によって幾分かのストレスは軽減できるものだと思います。

その場所に集うすべての人に合わせたデザイン作り

そのように武内デザインオフィスでは、医療活動において医院設計やクリニックデザインの面から、出来る限りのお手伝いを出来ればと考えています。

また、受付だけではなくクリニックの待合室も同じです。患者様がクリニックに入り、初めに待機する場所である待合室はクリニックの顔でもあります。

そういったクリニックの顔ともいえる待合室ですから、殺風景でいかにも「病院」というような無機質な印象は取り除きたいと考えています。

無機質で殺風景な状態は、シンプルでクールという印象を与える反面、物悲しさや冷たい印象を人に与えてしまいます。クリニックにおいてそのようなイメージは、あまり良いと言えずマイナスでしょう。

クリニックの待合室がいかにも病院というような殺風景な場所だと、まだ会っていないドクターの印象もそのようなものに植え付けられてしまいます。会ったことのない人に体や心の不調を任せるという事は誰だって不安ですよね。

まだ見ぬドクターを想像しながら診察を待つ患者様の気持ちは、殺風景で冷たい環境が拍車をかけ、不安感が募るでしょう。そのようなことが無いよう考えて設計、デザインする必要があります。

また待合室は、椅子やソファーなど患者様が使う部分にも気を配ります。配置する場所も、患者様の目線になって色々な角度から事細かに考えることが大切です。

例えば、産婦人科と小児科の椅子が同じようなものでは使い勝手が異なるので、患者様への配慮が足りないでしょう。いつでも、それぞれの立場から考えることが大事です。

そのように、武内デザインオフィスでは医院デザイン100件の実績を生かしてドクターと患者様に寄り添って設計しております。開業後のドクターからのクレームは、今までゼロで続けていられるのもスタッフや協力業者との連携があってこそでしょう。

武内デザインオフィスでは、デザインワークだけではなく格段に素敵なものを造れるよう常に追求しております。