業者を選ぶポイント

医院設計の依頼先を賢く選ぶポイントとは?

自分のクリニックを開院しようと考えた時に、どの業者に依頼をするか悩みますよね。

医院設計を依頼する場合、大きく分けて3種類の業者があります。
今回はそれぞれの特徴とメリット・デメリットについて紹介します。

3つの業者

ではそれぞれ見ていきましょう。

①建設会社

まずは建設会社です。
建設会社は医院設計・施工を一貫して受注してくれることが特徴です。

【メリット】

  1. 設計・施工を一貫して依頼できるので手間がかからない
  2. 良い建設会社を選べばお任せでの設計も可能

【デメリット】

  1. 依頼する段階では図面がないので、工事費を他と比較検討することが困難
  2. 工事監理も一貫して行うため問題のない工事が行われているか確認が取りにくい

工事費用に関しては概算で比較検討を行うことはできますが、あくまで概算となってしまうので、詳細な設計を行っていくうちに予算にどんどん追加料金がかかってくるといった可能性もあります。

また、設計を行う建築士の方は建設会社内の建築士か外注の建築士が行うため、自分で建築士を選ぶことはできません。

さらに、基本的には医院以外の工事を行うことが多いので、医院・診療所の不慣れな場合もあります。
こちらも工事に関しては素人であるので、良い建設会社であるかどうかを判断するのは難しいかもしれませんね。

②ハウスメーカー

次にハウスメーカーです。
ハウスメーカーも医院設計・施工を一貫して受注してくれるところがあります。

【メリット】

  1. 設計・施工マニュアルによってある程度の品質が保たれている
  2. 遮音性や構造など独自の仕様を持っているところもある
  3. 設計・施工を一貫して依頼できるので、手間がかからず、支払いも別々にならずに済む

【デメリット】

  1. 同じ建設条件で比較することが難しいため、工事費用が妥当であるか判断しにくい
  2. プレハブ系のハウスメーカーの場合、プランに制約がある場合がある
  3. 認定工法のため、将来増改築をする際に対応が困難な場合もある

ハウスメーカーの場合も、設計と施工を一貫して行ってくれるため、客観的な工事監理チェックが難しくなっています。

また、基本的に住宅の設計を行っている建築士であるため、医院設計は不慣れな場合があります。

 

③建築家・建築士・設計事務所

最後に設計事務所などに依頼するケースです。
医院設計を建築家・設計士・設計事務所に依頼して、工事を建設会社に依頼する方法となります。

【メリット】

  1. 自分で気に入った建築家・建築士・設計事務所を選ぶことが出来る
  2. 優秀な建築家・建築士・設計事務所を選べば、スタッフや患者さんが使いやすい理想的な医院を建てることが出来る
  3. 建築士が書いた図面で各建設会社に見積もりを出してもらい、比較検討が出来る
  4. 建築家・建築士・設計事務所が自分と同じ立場で工事を監理してくれる

【デメリット】

  1. 設計料、工事費用を別々に支払う必要がある
  2. 別々に依頼をするため料金が高くなる可能性がある

設計事務所が依頼主の代理人として、設計図の作成・申請業務・工事監理などを行ってくれます。
工事費の見積もりを査定して場合によっては減額。設計変更などの工事費用調整を行い、適切な施工会社を選定してくれます。

賢く業者を選ぶポイント

では次に、どうやって依頼する業者を選べばいいのか、4つの方法をご紹介します。

①面談などで選定する

まずは、面談などを行い選定する方法です。

営業担当だけでなく、設計の統括責任者や主任担当者との面談やヒアリングを中心に、会社概要や実績も聞けるといいでしょう。

②プロポーザル方式で選定する

プロポーザル方式とは、具体的に計画提案を行うのではなく、依頼の案件に対する発想や解決方法などの提案を審査して設計者を選ぶ方法のことです。

ただ面談を行うのではなく、依頼案件の関わる実施体制や実施方針などを聞き、判断するようにしましょう。

③計画提案付プロポーザル方式で選定する

②の方法に加えて、少し具体的な提案を求めることで判断する方法です。

面談で良い印象を受けた設計者さんであれば、もう少し深くまで入った具体的な話をしてみるといいでしょう。

④設計競技方式で選定する

最後に、具体的な設計案を見て選定する方法です。

プロポーザル方式が「設計者」を決める方法であれば、設計競技方式は「計画案」を決める方法と言えます。

注意すべきポイント

医院設計をする際は設計を進めていくうちに、医院側の意向などでコストが膨れ上がってしますことが多々あります。
予算よりお金がかかってしまった要因がはっきりしていて、合意の上であれば問題ありませんが、なぜコストがかかってしまったのか分からないといったケースも多いです。

では、予算超過にならないためにはどうすればいいのでしょうか?

対策としてはまず、基本となるプランや医院の仕様などの計画案の概要を出来るだけ詳細に提示してもらうことです。

次に、その計画案に沿った見積もりを出してもらいましょう。
その見積書は、数量×単価が分かるような形で出してもらうとなお良いです。

このような対策を取ることで、あとあと設計に変更が生じた際、どの部分が変更になって見積金額が変わったのかが分かります。

建設中にコストが膨らみ始めたら、当初の計画や仕様などを見直してコスト削減が可能な部分などを洗い出し、調整していくことも可能となります。

まとめ

医院設計は、通常の住宅などの建物に比べて難易度が高くなります。
それは、様々なスタッフの方が働いている複雑性や診療方針改定などの変化が多いこと、院内感染を防ぐための設計などを設計計画の中に盛り込まなくてはいけないためです。

ですので、設計を依頼するパートナーを選ぶ基準はとても重要となってきます。

大事なパートナー選びですので、様々な視点で評価できるよう、なるべく多くの情報を仕入れて総合的に見ることをおすすめします。

 

武内デザインオフィスでは以下の点を大事にしています。

  1. 入りやすいクリニックにすること
  2. 患者様が落ち着ける空間をデザインすること
  3. 「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックをつくること
  4. ドクターやスタッフが気持ちよく働けるクリニックをつくること

100件以上の医院設計の実績を活かして最高のクリニック造りをお手伝いします。

開業後のドクターからのクレーム0を続けていられるのは、デザインだけでなくスタッフや協力者との連携があってこそです。

患者様が快適に過ごせる空間はもちろんのこと、ドクターやスタッフのことまで考え快適に働ける空間づくりをしております。

医院設計をお考えの方にデザイン事務所がおすすめな理由

クリニックを開業!慎重になるのは当然です。

医院やクリニックを開業しようと思っても一体何から手を付けていいのかもわからないという方も多いかと思います。医院やクリニックを建設するということは恐らく一生に一度の貴重で重大な経験になることでしょうし、慎重になられる方も多いのが当然ではないでしょうか。

クリニックや医院を開業するということは容易な事ではありません。開業にかける予算のことやどのようなクリニックにするかコンセプトを考えなければならなかったりと大変ですよね。

クリニックや病院を設計するのはもちろんプロに依頼するのがおすすめです。しかし医療施設を設計するともなれば住宅や商業施設などさまざまな設計とはまた違う、医療施設を設計する事に関しての知識やノウハウが必要です。

医療施設に関しての建物についてはもちろんドクターの医療に対する考えやスタッフの思い、患者さまに対する気持ちなどを汲み取り、これから作るクリニックの魅力を最大限に引き出すための提案も行います。

ドクターの医療に対する思いを尊重し実現させるお手伝いをするのはデザイン事務所がおすすめなのです。

クリニックを建設するなら安心のデザイン事務所で

クリニックや医院を建設しようとするならばぜひ武内デザインオフィスにお任せください。医療施設を中心に商業施設、住宅などのデザインや設計も行っております。

ドクターのこだわりや個性を活かしたオリジナルの歯科医院や美容クリニック、眼科などさまざまな医療施設にしたい場合にはデザイン事務所であればドクターの意見を最大限に尊重し取り入れながらも限られた予算内での最高のクリニックを設計することが出来ます。

他にないデザインの新しいクリニックにするために、今後の医療活動が充実したものになるように依頼主さまに気に入って頂けるデザインをとことんご提案致します。

クリニックを快適な空間にしたいと一言で言っても快適に感じる空間であると感じるのには個人差がありますのでどのような空間を作れば快適に過ごすことが出来るのかしっかりとイメージの共有を行います。

ご検討されている予算によってもかけられるコストも変わりますし、建設するスペースの規模や改装する範囲によっても設計可能な部分は変わってきます。

武内デザインオフィスではその限られた予算、空間の制限がある中でもドクターやスタッフが働きやすく、患者さまが通いやすいクリニックや病院を作り上げることが出来ます。

最終的なお仕上がりをご確認頂いた際の「予算以上の仕上がりに見える!」というクライアントのみなさまの喜びのお声が聴けることが武内デザインオフィスのさらなる向上に繋がっているのです。

せっかくクリニックや医院を開設するのであれば他にないデザインで、個性やこだわりを活かしたものを建築しドクターもスタッフも患者さまにも満足して頂けるものにしたいと考えています。

まずは相談だけでも大歓迎です。

クリニックを設計する際の流れ

最近では商業施設のようなインテリアで医療施設を作りたいという依頼も数多く頂いております。このようにご自身の思いを取り入れたクリニックをデザインしたいと思われるドクターも多いのです。

イメージは固まっていてもクリニックの完成に至るまでの流れがイマイチよく分からないという方も多いらっしゃいます。

初めてのクリニックの建設や改装であれば流れが分からないということも当然あります。

まずはデザインオフィスにお問い合わせをして頂きます。武内デザインオフィスの場合はお電話でもメールでもお問い合わせ頂くことが可能です。

お問い合わせ頂いたあとはクリニックを一から建築し直すのか改装するのかなどお伺いさせて頂き、診療科目やどのようなクリニックにしていくかなどをしっかりヒアリングを行い、その後現地調査を行います。

ご要望などをヒアリングの時点で伺い、その内容をもとにデザインを提案します。打ち合わせを十分に行い最終的な設計図を作成していきます。

ご予算に合わせてデザインをしていきますので内容にご納得頂いたらそこで契約をし、工事着工開始になります。

平面プランの打ち合わせを2~3回行い当事務所を気に入っていただいた時点で設計契約をお願いしております。設計契約をするまで費用発生は一切ありませんのでご安心ください。
工事にかかる期間は建築する規模や改装する範囲などによって変わってきますが、工事を行っている期間中も実際現場に足を運んで進行具合を確認していただくことも可能です。

そして完成後は最終検査を行い、完了という流れになります。

ヒアリングを行い打ち合わせを経てクライアントのみなさまのご要望を取り入れたこだわりの詰まったデザインになりますので段階ごとにしっかりと確認し納得した上で次へと進めてまいります。

医院設計はもちろん施工相談や物件探しから物件検索依頼まで幅広くお手伝いさせて頂いております。

クリニックを作るという決断を後押ししたい

クリニックを開業しようとされている方は準備やどのようなクリニックにするかなど考えることも山積みで大変ですよね。

中でもクリニックをデザインするという重要な仕事を任せることになる業者選びというのは開業しようと考えている方にとっては、大きな決断をすることになり非常に難しい問題かと思います。

沢山のクリニックがある中で個性溢れるほかにないデザインを叶えてくれるのは一体どのような業者なのか。考えれば考えるほどわからなくなてしまう。悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

クリニックを作ろうという大きな決断を後押しすることが出来るのはクリニック設計のノウハウがあり、実績と経験を持った業者を見極める事が非常に重要になります。

武内デザイン事務所では医院設計、クリニックデザインにおいて大切にしている 4つのポイントがあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

このすべてを叶えることで初めてドクターの医療活動を後押しするお手伝いができると考えているのです。

ローコストなのにハイレベルなクリニックデザインなら武内デザインオフィスにお任せください。