開業のポイント

【まずはここから】クリニックの開業手順とは?

クリニックの開業の主な流れをご紹介します。

手続きだけではなく、経営を見据えた開業をすることがポイントとなるでしょう。開業してから失敗しないためにも、ぜひ参考にしてください。

クリニックの開業の手順とは?

開業コンセプトを決める

まずはクリニックを開業するために、クリニックのコンセプトを決定しましょう。やりたい診療ややりたくない診療、クリニックの規模などを固めていきます。

いつごろまでに開業するのかを決め、さらにクリニック開業に関する知識を収集しましょう。

開業コンセプトについては、かなり重要な項目になるのでじっくり考えることが大切です。

  • 自分がやりたくない診療は何か
  • どんな診療をしたいのか
  • どのような規模でどんな医療機器を導入するのか

などをはっきりと決めていきます。これを決めないと、時間や無駄なコストがかかってしまう可能性があるのです。

開業場所を選ぶ

クリニックを開業するにあたり、場所の選定は重要になります。競合するクリニックの状況や診療科目の特徴、診療圏調査も必要です。

近くに競合するクリニックがなくとも、地元の人が通いにくい場所では意味がありません。

開業場所をある程度決めたら、実際に現地に足を運び、自分の足と目で場所や駅からの距離、土地の特性や競合になるであろうクリニックを慎重に調査しましょう。こういった調査をじっくり行うことで、ある程度の患者様の外来数も予想できるでしょう。

開業資金の借り入れを行う

クリニックを開業するために、ほとんどのドクターは金融機関からの借り入れが必要になるでしょう。ドクターの状況に応じて、金融機関からできるだけ有利な条件で借り入れを行いましょう。

開業資金の借り入れの流れは以下の通りです。

  1. 事業計画
  2. 資金計画
  3. 金融機関との交渉
  4. 銀行借入契約

設計や内装を考える

クリニックの設計や内装を考えます。どれだけ低コストで質の良い内装や設計ができるか、たくさんの設計事務所からよく考えて選びましょう。

設計事務所を決めたら、設計士とクリニックのコンセプトの打ち合わせを決めていきます。内装に関しては、ドクターの希望やこだわりなどをもとにアイデアを出し合って、修正工事が発生しないようにじっくり詰めていきましょう。

医療機器の選定

医療機器の選定はクリニックのためにかなり慎重に行いましょう。

簡単に業者に見積もりを依頼すると、医療機器が思ったより高値で固定されてしまうこともありえます。医療機器を選定し、物件の引き渡しをしたら、機材の搬入を行います。逆算し、いつ頃機械を発注したら良いのかを考えます。

申請や届け出業務を行う

クリニック開業のためには、行政への届け出や手続きが必要になります。保健所や消防署などと事前に相談し、スムーズに手続きが行えるように段取りや調整も行いましょう。

申請や届け出業務の主な流れは以下の通りです。

  1. 保健所や消防署の事前相談
  2. 医師会ご挨拶
  3. 保健所届け出
  4. 社会保険医療機関指定

スタッフの採用

クリニックを経営するためにスタッフの面接や採用を行います。診療科目や内容によって、必要になるスタッフの人員数は異なってくるでしょう。

また、適切な人員の配置や採用方法などはコンサルタントに相談して決定することがおすすめです。

スタッフ採用の主な流れは以下の通りです。

  1. 人員計画の策定
  2. スタッフの採用面接
  3. 応募書類の整理
  4. 面接のセッティング
  5. スタッフの採用決定通知・不採用通知
  6. スタッフの研修
  7. 電子カルテ研修

看護師や技師、医療事務などの採用面接を行うのは初めてというドクターも多いと思います。面接で何を重要視すればよいのか迷ってしまう方も少なくないでしょう。

スタッフ面接で重要なのは、ドクター自身が初心に帰り、どんな開業を目指しているのか、どんな診療を考えているのかにぴったりとあてはまるスタッフを選ぶことです。

また、面接で質問することを事前にしっかりまとめておくことも大切です。

よくある質問に配下のものがあります。

  • 過去の職歴
  • 志望動機
  • なんで前職を辞めたのか
  • 求職者が考えている長所や短所

広告戦略を考える

クリニックを開業しただけでは患者様は来ないでしょう。たくさんの患者様に来てもらうには、広告が重要になります。

ホームページや印刷物などで、広告の戦略を考えていきましょう。

広告戦略の主な流れは以下の通りです。

  1. ロゴデザインの確定
  2. ホームページや印刷物、看板の作成
  3. 印刷に入る
  4. 広告の発注
  5. 近隣へのご挨拶
  6. 内覧会の準備
  7. 内覧会

クリニックの開業でもっとも大切なのはその内容ですが、クリニックのコンセプトをいかに上手に伝えられるかも大切と言えます。デザインも重要視し、見栄え良く作成していきましょう。

特にクリニックのロゴマークは、思いを形にするアイデンティティの表現と言えます。コストがかかったとしても、患者様に親しんでもらえるロゴマークを作成してもらうことがおすすめです。

クリニックの開業当日

いよいよクリニックの開業当日となります。

開業当日は色々なハプニングがつきものですが、慌てず対応できるようにどんと構えましょう。また、朝から業者のご挨拶があったり難しい患者様がいたりと、患者様の数の割には忙しさを感じるかもしれません。

手間取ってしまわないように、あらかじめ研修などでしっかりシミュレーションを行うことが大切です。また、実際にオペレーションを繰り返すことでもどんどん慣れていくでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

クリニックの開業の流れはある程度理解できましたでしょうか。

武内デザインオフィスでは、この流れの中でも医院設計の点でお手伝いしたいと考えております。医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザイン事務所が大切にしているポイントは4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザイン事務所は常に考えています。

患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。ぜひ、武内デザインオフィスと一緒に素晴らしい空間を作っていきましょう。

開業前に知っておきたい!開業までの流れとは?

これから開業を目指す医師にとって、何が大切か、どんな流れなのかを具体的にご紹介していきます。

クリニック市場を分析した時に、決して順風満帆とは言えない環境だからこそ、しっかり調査と検討を重ねることが大切です。

開業を思い立ったらやるべきこととは?

医師たちが開業を思い立った理由は人それぞれです。しかし、この段階では開業に憧れをもっている方が多いでしょう。

今後何年もクリニックを経営していくためにも、開業に憧れを持つだけでは今後の成功のためには不十分です。開業を考えたら、まずは「なぜ開業するのか」「どのようなクリニックを作りたいのか」というコンセプトをはっきりさせましょう。

そして、考えたコンセプトを目標に、しっかり突き詰めていうことが大切です。こういったポイントが、安定した開業準備や開業後のクリニック経営につながっていくでしょう。

コンセプトの重要性

開業の準備を進めていく中で、そしてクリニックの経営を行っていく中で、医師は様々な決断を迫られます。そんなときにこそ、コンセプトが判断基準として役立ちます。

クリニックの名称をつけるときにも、何をつけても決して間違いにはなりませんが、コンセプトに合致しているかという基準を設けると判断しやすくなるでしょう。コンセプトがないと、判断に迷いが生じます。さらに、判断基準がなく、ばらばらの印象のクリニックになってしまいます

開業に必要なこと

開業には、様々なことが必要になりますが、主なものを挙げると以下のようになります。

  • 開業地の選定:立地調査や将来性の予測、継承物件の検討、診療圏の調査
  • 事業計画策定:投資金額の決定、収支の想定、キャッシュフロー表の作成、損益計算書の作成
  • 資金調達:調達方法の検討、調達先の選定、金融機関への相談など
  • 内装設計:建物本体工事の調整、設計や内装業者の選定、保健所への確認
  • 医療機器:機器の選定や発注、内装業者と調整、納入スケジュールの調整、操作の指導
  • 人事労務や求人:人員計画の策定、就業時間や時給などの検討、各種規定の作成、求人広告の作成、面接採用など、雇用契約
  • 会計や税務:会計の処理
  • 行政手続き:開設届、各種公費申請、消防関連手続き、保健医療機関指定申請

開業までのスケジュール

開業までのだいたいの流れやスケジュールは以下の通りです。

【開業5か月前】

銀行融資申し込み、賃貸借契約、医療機器の選定、医院名称やロゴマークの検討

【開業4か月前】

銀行融資申し込み終わり、工事が始まる

【開業3か月前】

会計士などの責任者の決定、各種保険契約などの検討開始、使用薬剤の打ち合わせ

【開業2か月前】

工事の検査や電話の取り付け、完成引き渡し、口座の開設、X線量測定、医療機器の導入、求人広告の掲載、面接、新聞折り込みなど、ホームページの企画制作、薬局の開設、保健所の届け出、保健医療機関指定申請、医師会や町内会、老人会などへのあいさつ回り開始

【開業1か月前】

スタッフの研修、ホームページのテスト稼働、本稼働、保健医療機関指定、検査会社や医療廃棄物業者の決定、内覧会や模擬演習

開業の運転資金について

一般的な内科の場合は、約2,000万円程度を目安に用意しておくことが良いでしょう。

運転資金は、事業の経費に加えて医師の生活費なども見積もる必要があります。これらの支出を含めた収支が、クリニックが黒字になるまでの間の必要資金となります。しかし、診療内容や借入条件によって必要額は異なります。

また、不測の事態などで開業後に運転資金が追加で申し込みしなくてはならない場合は、金融機関に対して悪い印象を与えてしまいます。さらに、融資許可が下りないという可能性もあるのです

そのため、はじめに極力多めに手当てし、足りないときはその都度一部繰り上げ償還を行うことが良いでしょう。

スタッフの募集や選定方法

クリニックで働くスタッフの一般的な募集方法は、新聞の折り込みチラシや求人情報誌、そしてハローワークなどを利用します。こういった募集方法は、コストや効果にそれぞれの特徴があります。そして、地域によってもその特徴は異なるでしょう。

しかし、現在、看護師などコメディカルの人員確保は難しい状況となっています。そのため、場合によっては派遣や人材紹介業者へ依頼することとなります。

スタッフの選定については、履歴書から書類審査、面接等を行います。

開業の宣伝について

クリニックの宣伝については、医療法によって規制があります。広告が可能な媒体は限られています。しかし、一般的には新聞の折り込みチラシや電柱広告、駅の看板、ポスティングチラシ、ホームページなどがあります。

その媒体によっては、表現の方法が決められているので注意しましょう。そして、クリニックのスタッフの求人広告なども、宣伝の媒体となるのです。

武内デザインオフィスでは…

開業には、医院設計が必要になります。その際にはぜひ武内デザインオフィスをご利用ください。

武内デザインオフィスは医院デザイン実績100件を超える経験を生かして、ドクターが願う最高のクリニックを設計いたします。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザインオフィスが大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザイン事務所は常に考えています。

患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

開業後は、ぜひ医院設計として弊社にサポートさせてください。

クリニックの開業に必要な費用とは?

開業を考える医師にとって、費用面はとても大切な問題となります。

クリニックの診療科目によって、必要になる機器や敷地面積なども異なるため、必要十分な開業資金も医師のクリニックコンセプトによって大きく異なるのです。

ここでは、開業のために必要な費用の話をしていきます。

開業で最も費用がかかるものは?

開業に必要となる費用は様々です。大きなものでは医療機器や内装の費用、小さなものでは広告の宣伝費や消耗品などがあるでしょう。

一般的な内科のケースを例に挙げていきます。(予算は概算です)

【内装造作費】2,000万円

  • 院内の床や壁、天井の組み立てや装飾、空調、付随する照明などの費用
  • 工事の単価は坪あたり約40~50万円程度

【医療機器】2,000万円

  • 電子カルテや超音波診断装置、一般撮影装置、心電計、内視鏡、CRなどの費用

【備品】200万円

  • 待合室のソファーや診察机、いす、休憩室の机やいす、電話設備、タイムカード、レジスターなどの費用

【敷金や保証金】80万円

  • 礼金や仲介手数料、月額賃料の1か月程度

【前家賃】80万円

  • 賃貸借契約開始から開業前(内装工事等の準備期間)までに発生する家賃
  • 2ヶ月分程度

【運転資金】2,000万円

  • 開業当初の売上が少ない時期でも人件費や家賃等の固定費を支払う必要があり、その費用を予め想定して準備しておく資金

【医師会入会金】200万円

  • 医師会に入会する場合に必要となる費用で金額は各医師会により差異あり

【広告宣伝費】300万円

  • 開業時に作成するチラシや看板、リーフレット、ホームページなどの費用

【消耗品や予備費】200万円

  • 開業時の診察券等印刷物、筆記用具等の事務用品、医薬品等及び予備費

こういった費用を準備するためには、資金の調達をする必要があります。

まずは、自己資金としていくら準備できるのかを検討しましょう。そうして、残りの費用を銀行から借りるか、リース会社からのリースでまかないます。

ちなみに、自己資金の目安は総投資額の5パーセントから10パーセントを準備するのが良いでしょう。

開業で必要となる面積の広さ

次に、必要な費用を大きく左右するテナントの広さについてご紹介します。

テナントの面積が広くなると内装の費用も大きくなります。また、敷金などの初期費用も大きくなるので注意が必要です。まずは、自分の診療科目にどのくらいの広さが必要となるのか、今一度しっかり確認しておきましょう。また、場所探しの面も重要になってくるので確認することが大切です。

ここでは、診療科目別に必要になる面積と費用をご紹介します。

【内科】35~45坪:2,250万円

  • 内視鏡がある場合は、45坪程度が理想となります。

【小児科】30~40坪:2,000万円

  • 診察室や隔離室、X線室などを設ける場合は、35坪以上が必要になります。

【整形外科】60~70坪:2,800万円

  • リハビリ室は45坪以上確保する必要があります。

【耳鼻科】30~40坪:2,000万円

  • 繁忙期には待合室が混雑することが予想されます。そのため、40坪以上確保することが理想的です。

【皮膚科】25~35坪:1,750万円

  • レーザー治療を設ける場合は、30坪以上が必要となります。

【眼科】30~40坪:2,000万円

  • 手術室がある場合は、40坪程度の確保が理想的です。

【脳外科】60~70坪:6,000万円

  • CTやMRIを導入する場合は、シールドやX線防護工事があるので注意しましょう。

開業後について

開業後に多い悩みは、「患者様が集まらないこと」だと思います。この原因として考えられるのは、クリニックが認知されていないことでしょう。

こういった悩みをかかえないためにできることとは、運転資金を積極的に広告・宣伝に使うということです。

借入金の有効的な使い方として考えられるのは、自分のクリニックの宣伝、そしてクリニックの専門性のアピールなどに使うことです。開業時に多い失敗は、「支出を抑えるために、ホームページや新聞折り込みチラシ、看板、内覧会などの広告宣伝の費用を削ってしまったため、患者様が集まらない」ということです。

開業したばかりのクリニックなら当然のことですが、地域の方にすらクリニックの存在を知られていないのは問題です。どれほど経験豊富で、勤務医のときに患者様から評判だった医師が開業しても、クリニックの存在を知ってもらえなければ意味がありません。

もちろん、医師の専門性や人柄、クリニックでできるのはどんな治療かなどをその地域の方に知ってもらうことが大切です。

まとめ

クリニックの開業資金は、どういった患者様を中心に診察していきたいかを考えることが大切です。そして、それがかなうように上手く配分する必要があるのです。

初期投資がかさまないように上手く抑えることは大切ですが、そこばかりを考えすぎないようにすることも大切です。クリニックにとって肝心の運転資金や患者様の数を増やすために、広告や宣伝費がなくなるのは問題です。

何にどのくらい予算が必要か、そのためにはどのくらい借入が必要かをじっくり考えてシミュレーションしましょう。

武内デザインオフィスでは…

武内デザインオフィスは医院デザイン実績100件を超える経験を生かしてドクターが願う最高のクリニックを設計いたします。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

そこで、医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザインオフィスが大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザインオフィスは常に考えています。

患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

ぜひ、開業のお手伝いをさせてください。

クリニックを開業することのメリット・デメリットとは?

医院設計の前に、まずは開業するにあたって考えておきたいメリットとデメリットについて見ていきましょう。

開業後に失敗しないためにも、何を検討すればよいのか、よりしっかり考えていくことが大切です。ここでは、クリニック開業のメリットとデメリットをご紹介します。

開業前に考えること

まずは、開業前に以下のポイントについてまとめておきましょう。

なぜ開業するのか?

  • 自分の裁量で仕事を自由に行いたい
  • 医局の人間関係に振り回されたくない
  • 勤務医では不可能だった独自の診療スタイルを実現させたい
  • 生まれ育った地域に医療を通して貢献したい
  • 今より多くの収入を得るため
  • 親が開業しているのでその事業を継承する

開業するにあたって増える責任や負担

  • 代診などの代わりがいない
  • 集客や増患などの対策を自分で行う必要がある
  • 患者からの訴訟に対して全面的に矢面に立つ必要がある
  • 経営者として資本金の負担が発生する
  • 従業員の労務管理を行う必要がある

開業のメリット

収入が増える

開業することで一番のメリットは収入が増えることだと言えるでしょう。勤務医は給与収入、開業医は事業収入となり、開業医は勤務医の収入の1.7倍もの差があると言われています。

また、開業医は自分の頑張りがダイレクトに収入となって現れるのが魅力です。努力してできるだけお金を稼ぎたいという方には大きなモチベーションにつながります。

やりがいが大きい

また、開業医になることで自分の医院が持てるようになります。これは、その後の成功や失敗はともかく、大きな達成感となるでしょう。

建物が出来上がり、オープンという日には感慨深い気持ちになるでしょう。希望の場所で自分のスタイルで診療ができ、患者様の命を救えるということは仕事へのやりがいやモチベーションにつながります。そして、自分の医院では自分がトップであり、自分の理想を追求できることは何よりのやりがいと言えるでしょう。

働き方が自由になる

勤務医では、働く労働時間や日数などが細かく決められています。しかし、開業することで自分の好きなペースで仕事を進められるのです。

そのため、急な手術などの対応や休日でも病院から電話がかかって呼び出されることなどの負担が軽減されます。勤務医は、常に緊張状態であった生活が開業医となることで大きく変化するでしょう。

のびのび診療ができる

自分のクリニックなら、完全にオフの日を作ることもできます。病床を持たない診療所では、入院患者様に頭を悩ますこともないでしょう。また、休日は好きに過ごせて自由に旅行だって行けます。

こういった自由度の高さは、開業医の大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

また、勤務医は定年が決まっていますが、開業医は自分が健康である限りいつまでも働き続けられます。このように、勤務医特有のストレスから解放されるのも開業医のメリットです。

1人1人に向き合った医療が可能

開業のメリットは、自分の理想をとことん追求できるという点です。

大きな病院で勤務していれば、自分の理想よりも病院全体の理想、利益や方針などに従う必要があります。その中で、自分の理想を追求することは不可能です。

しかし、開業医なら自分の理想に沿った経営が可能となります。おそらく、医師としてたくさんのやりがいを感じられると思います。患者様1人1人に向き合った医療ができるのも、開業医としての大きなメリットと言えるでしょう。

開業のデメリット

メリットが多い開業医ですが、メリットがあれば必ずデメリットも存在するのを忘れてはなりません。

デメリットとして考えられるのは、コストがかかるという点です。新規で開業する場合、土地の購入や建物の建設、機器の導入など様々な資金が必要となります。すべて一から始めるとなると、これは最低限かかるものです。

また、集患対策も自分で考えなければならないので、頭を悩ませる方も少なくありません。クリニックは、評判や口コミによって大きく左右されるものです。新規開業はまだ良くも悪くもない状態なので、医師がどのような人間かというポイントも細かくチェックされるでしょう。

さらに、開業するまでにある程度の時間を必要とする点もデメリットと言えるかもしれません。すべてがスムーズに進むとしても、既存のクリニックを継いで開業する継承開業より多くの時間がかかってしまいます。

ほかにも、経営に直結する課題やデメリットはいくつか出てくるでしょう。開業前には、メリットだけでなくこのようなデメリットをしっかり考えておくことが大切です

まとめ

開業医は、医療面だけではなく経営の腕も問われることとなります。

たくさんの患者様に来てもらうためには、勤務医のときよりもすべきことが多くなります。日ごろの頑張りや努力によってたくさんの患者様に来てもらえば、それだけクリニックも儲かります。それが、ダイレクトに収入へと影響するので、より患者様の目線に立った医療や経営を行うと、収入もそれに合わせてどんど増えていくでしょう。

また、勤務医時代には気づくことができなかったポイントにも気づくことができるでしょう。

それが、医師として大きく成長できるポイントにつながります。このように、お金だけではない価値としての報酬も得ることができるのが開業医の大きなメリットです。

武内デザインオフィスでは…

武内デザイン事務所は医院デザイン実績100件を超える経験を生かして、ドクターが願う最高のクリニックを設計いたします。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザイン事務所が大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザイン事務所は常に考えています。

患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

開業後はぜひ医院設計としてサポートさせてください。