2017年 6月 の投稿一覧

また行きたくなる医院設計のコツ【受付編】

受付は、患者さんが医院に入って一番初めに目にするエレメントです。まさに、「医院の顔」とも言えるのではないでしょうか。

古い医院の場合、待合室にいる患者さんや受付が外から見えないように受付までを大回りする設計が多く見られましたが、患者さんにとっては余計に不安感がつのるでしょう。

そこで、どんな受付だとまた行きたくなるのか、心地よく過ごせるのかをご紹介します。ぜひ、参考にしてください。

医院の顔である受付のポイント

変化のあるデザインでソフトな印象を

受付は、玄関から入ってすぐ目の前というのも良くありませんが、適度な距離感で受付にいるスタッフが患者さんを視認できることが基本になります。

受付につながる待合室は、木目を使ったりアクセントカラーを入れたりとデザインにポイントを入れることで変化を出します。そうすると、ソフトで優しい印象となります。

また、カウンターの形状に関しても、単調で無機質なカウンターではなく、丸みのあるものなど変化のある形状の方が柔らかく見えます。

受付カウンターにカーブラインを取り入れることで生まれる効果

受付カウンターを無機質なつくりではなく、曲線のカーブラインを取り入れることでデザイン的に柔らかく優しい雰囲気になります。

また、曲線にすることで、受付内のスタッフの視覚範囲が広がるという効果も生まれます。さらに、配置によっては、受付カウンターにカーブラインを付けることで、受付から玄関が視認しやすくなるという効果も生まれるのです。

車いす対応のローカウンターがある場合は、ユニバーサルデザインにも配慮して、サイドやカウンターだけではなく天井や床にもカーブラインをあしらいます。

白やベージュ、オフホワイトなどの優しい色合いを使うことで、より柔らかな優しい雰囲気を演出することができるでしょう。

機能面も充実したつくりに

受付は、機能的な面でも充実したつくりを意識します。

たとえば、手荷物台をつくるのか、車いす用のローカウンターは必要かなどがポイントとなります。福祉のまちづくり条例では、車いす対応カウンターの設置を求められる場合もあります。

また、受付カウンターの内側はスタッフの重要な作業スペースになります。

そこで、パソコンや電話、インターホン、コンセント、アンプ、複合機、LANなどの機器や設備端末を整理しておく必要があります。スタッフが作業しやすいように、すっきりと使いやすい配置にしましょう。

有床診療所の場合、診察時間外にも面会者や入院患者さんが待合室を通ることがあります。そのため、セキュリティのためにシャッターを設けることもあるでしょう。

受付カウンターのサイドやバックにも気を配る

受付カウンターのサイドやバックも、スタッフが使いやすいように機能的に作りこみましょう

カウンターのサイドやバックは通常カルテ棚が設置されます。カルテ棚は既製品もありますが、カウンターとの兼ね合いを考えると、できるだけオリジナルで仕上げたほうが良いでしょう。

受付カウンターの高さや寸法

トップカウンターの高さや奥行き

医院の受付カウンターの構成は、スタッフが事務作業をする作業カウンターと、患者さんとスタッフがやり取りをするトップカウンターの二段構成となります。

通常、受付カウンターの高さは100㎝を基準としており、受付のスタッフが座ってもカウンター越しに待合室が見渡せる高さになっています。

ですが、受付の中を患者さんにのぞき込まれないように少し高めに設定する場合もあります。

トップカウンターの奥行きは20~30㎝程度になることが多いです。患者さんが問診票などを記入する場合は、少し広めに設定することもあります。

ですが、どうしても広さを取れない場合は、クリップボードなどを患者さんに渡して、待合室の座席で記入してもらうケースもあります。

作業カウンターの高さや奥行き

受付カウンターの内側は、スタッフが事務作業を行うスペースとなります。この作業カウンターの高さに関しては、70㎝程度を基準としています。

作業カウンターの周りは、パソコンやレジ、電話、モニター、コンセント、インターフォンなど事務機器や通信設備が並びます。そのため、奥行きは少し広めの50~60㎝程度に設定しています。

ですが、奥行きが深くなりすぎると患者さんとのコミュニケーションがとりづらくなるので注意が必要です。

車いす対応カウンターの高さ

最近では、バリアフリーやユニバーサルデザインの条例による規制で、車いす対応カウンターを設ける医院が増えています。

この車いす対応カウンターを設ける場合、高さは70㎝とし、受付のスタッフが座って対応しやすい高さにします。また、足元には車いすが入るように工夫する必要があります。

車いすで来る患者さんが少ない医院は、車いす対応カウンターと患者さんの相談カウンターを一緒にする場合もあります。

受付は患者さんへの優しさと機能面を重視することがコツ

受付カウンターは、医院設計の中でも非常に重要なエレメントとなります。

患者さんとのコミュニケーションがとりやすく、スタッフには機能的で使いやすく、働きやすいカウンターになるような工夫が大切です。

武内デザインオフィスでは、患者さんが心地よくいられることやスタッフがストレスフリーで働ける空間作りを行うことを考えています。

ご紹介した医院設計のポイントのほかにも、

  • 入りやすいクリニックを設計すること
  • 患者さんが落ち着ける空間をデザインすること
  • 素敵なクリニックだったと記憶に残るクリニックをつくること
  • ドクターやスタッフが気持ちよく働けるクリニックをつくること

この4つの内容を大事にしております。

また、良いクリニックデザインとは、「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」と考えています。

このように、患者さんが快適に過ごせる空間作りをすることはもちろん、ドクターやスタッフが快適にストレスなく働ける空間をつくることも同じくらい重要なことです。

さらに、良いデザインを考えながら工事コストも調整することを忘れません。

ぜひ、一緒に「また来たくなるようなクリニック」を目指しましょう。

また行きたくなる医院設計のコツ【待合室編】

医院設計に関して、内装デザインに特に重きをおくのが待合室でしょう。

患者さんが最初に入って目にするのが待合室なので、まさに「医院の顔」と言えます。

ドクターに見てもらう体調の悪い時は、誰しもが何かしら不安を持って医院を訪れます。ましてや、初めて訪れる医院なら余計に心配事や不安になることが多くなるでしょう。

さらに、待ち時間が長くなると不安感が募ります。

そこで、どんな待合室だと患者さんにとって居心地の良い空間になるのか、ポイントを挙げていきます。

居心地の良い待合室のポイント

待合室の椅子について

医院の待合室では、椅子やソファーはとても大切なデザインのポイントとなります。

どんな医院で、どんな患者さんが来るのかを配慮することが重要です。

例えば、産婦人科なら妊婦用の椅子を使うことや、妊娠している方が座りやすいように工夫しながらデザインを考えます。また、なるべく明るい色合いを選ぶことで、圧迫感のない開放的な印象になります。

どんな医院でも、椅子やソファーの色彩は明るく濁りのないキレイな色を選びましょう。そうすることで、患者さんがリラックスし、心おきなく過ごすことができます。また、明るい色彩は医院のイメージも印象付けることができるのです。

照明の演出や天井のデザイン

JIS照度基準によると、医院の待合室の照度は300LXあれば充分でしょう。

一般的には、医院では蛍光灯ではなく、落ち着いた雰囲気を演出する暖色系の電球色ランプが使われます。無機質な蛍光灯は冷たいイメージを与えるので、ダウンライトを使うケースが一般的です。

ですが、近年はLEDが進化してるので、種類が増えコストも下がっています。そのため、ダウンライトもほとんどLEDに変わっています。

また、レディースクリニックでは、ブラケット照明を使って柔らかい空間を演出しても良いでしょう。

天井は、単調なままでは無機質なイメージを与えるので、掘り込みなどをつくることでイメージの変化が見えます。また、間接照明を使うこともありますが、その場合、電球の取り換えがしやすいように高さや配置を工夫することが大切です。

天井は、天井裏の配管などの問題で変化をつけることが難しいケースもありますが、ちょっとした工夫で変化をつけると、患者さんにも柔らかい優しい雰囲気を感じてもらえるでしょう。

患者さんが気持ち良い・心地よいと思える待合室にすることが重要です。

床のデザイン

待合室の床のデザインは、全体的な雰囲気を変える大切なポイントです。

床の仕上げ材には様々な種類がありますが、医院でよく使われるのはビニ床シートやビニ床タイル、タイルカーペットなどです。これは、土足で上がるかスリッパで上がるかによっても変わってくるので注意が必要です。

よく使われる床のデザインは、床にポイントでアクセントカラーを入れることです。

ベージュ系の床に同系色のホワイト系のポイントを入れたり、反対色のビビットな色合いをポイントで入れることもあります。これによって、受付のカウンターをわかりやすくしたり、患者さんに方向性を感じ取ってもらえたりとデザインによって色々な効果が生まれます。

待合室では、患者さんが予想以上に待たされることもあるでしょう。イライラしたり気持ちが落ち着かなくなることも予想できます。

そこで、床に少しのアクセントを入れるだけで待合室に変化やリズムが生まれ、患者さんの心も少し落ち着き、リラックスできるでしょう。ただ単調の無機質な空間だと、イライラした気持ちに拍車がかかる場合もあります。

このように、床も待合室の大事なデザインのポイントとなります。患者さんが落ち着いてリラックスできる空間を第一に考えていきましょう。

マガジンラックについて

医院の待合室は、広いスペースを確保することが難しい場合が多く、本立てや本棚が場所をとるので置き場所に困ることもあります。

本立てには雑誌を置くことが多いですが、小児科はお子さん用の漫画や絵本などを沢山置くこともあります。また、本以外にもパンフレットなどを置くことも多いでしょう。

既製品の本立てや本棚を置く場合も多いのですが、場所を取らずにすっきり見せるために、カウンターや壁の一部を掘り込み、本や雑誌を並べるケースもあります。

また、本立ての上に医院の掲示板などを設けると患者さんの目につきやすくなります。

ごちゃごちゃしていないすっきりとした待合室にするために、こうして、マガジンラックなども工夫しましょう。

キッズコーナー

お子さん連れの患者さんが多い医院は、待合室の一部をキッズコーナーとして開放する場合もあります。

キッズコーナーは受付からも目に入りやすいように設置することが重要です。

キッズコーナーは、お子さんの怪我や事故に対して配慮する必要があります。そのため、クッション性のある材料を組み合わせて作ることが一般的です。

また、壁は汚れやすいため、壁面にウォールマットを貼る場合もあります。

狭い空間でも、ベビーサークルで囲んだりクッションブロックで囲んだりと仕切りを作り、お子さんや他の患者さんへの配慮を大切にします。

ナースステーションや受付から十分目に届くことも大切ですが、どうしても見通しの悪い場所に設置する場合は、監視カメラなどを設けて危険がないように目を配ることが大切です。

お子さんのために、テレビモニターや絵本、遊具などを置いて楽しむ気持ちを大切にすることもお忘れなく。

確かなデザインをクリエイトするために

ご紹介したように、医院の顔となる待合室は十分に考えこんでデザインする必要があります。

また、キッズコーナーを設ける場合が危険のないように十分に配慮しましょう。

武内デザインオフィスでは、医院デザイン実績100件を超える経験を活かし、ドクターが願う最高のクリニックを目指します。良いクリニックデザインとは、「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」と常に考えております。

患者さんが快適に過ごせる空間をクリエイトすることはもちろん、ドクターやスタッフも快適にストレスなく働ける空間作りを大事にしています。

ぜひ、一緒に「また行きたくなるクリニック」をつくり上げましょう。

開業する前に知っておきたい…歯科医院設計のポイントとは

歯科医院を開業する前に、知っておきたい歯科医院設計のポイントをご紹介します。

さらに、歯科医院開業までに考えておきたいこと・やるべきこともご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

歯科医院開業までに考えておきたいこと

歯科医院の構想

まずは、どのような歯科医院にするのか、先生の理想を考えましょう。また、得意分野やこれまでの経験を活かせることは何か、じっくり考えます。

さらに以下のポイントについても考えると良いでしょう。

  • どのタイミングでオープンするのか(勤務先との契約期間はどうなるか)
  • 準備にどれくらいの期間が必要か逆算する
  • 資金の準備はどのくらいか、軌道に乗るまでの資金計画について考える

歯科医院の立地

次に理想する歯科医院を実現するためには、どのような立地が必要かを考えます。

集客しやすい駅の近くか、商店街の中か、ふらりと入りやすいショッピングセンターの中、はたまた生まれ育った地元の町などじっくり考えましょう。

また、その候補地の来患予想もしておきます。

歯科医院の設計と施行

歯科医院の設計や施行は、通常の事務所や店舗と少し違います。

土地からか、それともテナントからか、また、先生や働くスタッフが使いやすい設計かどうか考えます。

さらに、内装施工業者の選定にも注意が必要です。どれくらい予算をかけることができるのかを考えながら業者を選びましょう。

歯科医療機器の選定と搬入

次に、先生が診療するために必要な機器を考えます。

診療台は何台必要か、レントゲンはアナログかデジタルか、それともCTなのか、費用対効果も考えながら選定します。

歯科医院のPRとスタッフ採用

歯科医院が開業するということを多くの方々に知らせることも重要です。

今は沢山の方がインターネットで情報を集めているので、ホームページを作った方が良いでしょう。

さらに、開業に合わせてスタッフも募集します。どんなスタッフと働きたいのか、また、募集方法は何にするのかを考えましょう。

歯科医院開業手続き

歯科医院を開業するは保健所の届け出が必要になります。また、保険診療をするには、保険医療機関への申請が必須になります。

ここまで来たら開業まであと少しです。やり残しが無いようにじっくり考えて行動しましょう。

歯科医院設計のポイント

歯科医院が増えている昨今、いかに他の医院と差別化を図るのかが大切です。

そこで、理解しておきたい歯科医院設計のポイントをご紹介します。

アプローチ

玄関周りや玄関までのアプローチで大切なことは、解放感と安全性です。

できるだけ段差をなくすことはもちろん、スロープには車いす用と歩行用の二つに手すりをつけたり、滑りにくい加工をするなどの配慮が大切です。

また、今後のことを考えて、汚れにくく掃除しやすい材料を使うことも重要になります。常に清潔感のあるアプローチを心掛けましょう。

受付

受付は歯科医院の顔になります。

待合室側からは見やすく、受付の内側はスタッフが働きやすく機能的であることが重要です。

また、患者さんとコミュニケーションをとる受付カウンターは、1,100㎜程度の高さにすると、患者さんが受付するのが楽になります。

さらに、内側の机などへの視線除けにもなるのです。

待合室

待合室は、患者さんがゆっくり過ごせるような雰囲気を作りましょう。広めのスペースを確保し、圧迫感のない作りにします。

また、椅子は玄関に対面しないように配置すること、患者さん同士の視線が合わないように工夫することも忘れてはなりません。

診療室

診療室は、患者さんが快適に治療を受けられるように、南向きの明るい場所にレイアウトすることが理想的です。南向きだと自然光が自然に入り込み、歯の色合わせがしやすくなります。

また、冬になると診療室が暖かくなって快適になるでしょう。

診療室は、窓を大きくとることも大切です。大きな窓から見える外側に植裁し、自然の緑を置くことで、診療で疲れた先生の目を癒す効果が期待できます。

刷掃指導コーナー

今は、患者さんにブラッシング指導などを行う刷掃コーナーを設ける歯科医院が増えています。刷掃コーナーは、明るい清潔感のある雰囲気を大切にしましょう。

小児歯科では、子供がブラッシング指導に集中できるような椅子の高さ、シンクの高さに気を付けます。

院長室&スタッフルーム

質の高い診療をするためには、ゆっくりリラックスできる院長室や心が休まるスタッフルームが必要です。

スタッフの出入り口が受付に近い場所だと、休み時間の急な来院にもすぐに対応できるでしょう。また、スタッフが気兼ねせず休めるように、院長室の場所は医院の奥に設置すると良いですね。

トイレ&洗口コーナー

トイレは、出来るだけ患者さん専用を用意し、男女別々が理想的です。また、トイレの室内には、手すりを設置することもお忘れなく。

受付の近くには、洗口コーナーを設置します。待合室にいる他の患者さんから見えないように、落ち着いた空間を作ることが大切です。

武内デザインオフィスについて

武内デザインオフィスでは、医院設計のほかに歯科医院設計やデザイン、歯科医院改装も行っています。

同じコストの素材や材料を使ってもコーディネート次第で見え方やバランス、雰囲気が大きく変わってきます。武内デザインオフィスでは、予算内でどれだけ良いクリニックをデザインするのかに重点を置いています。

また、単純に良いデザインをするだけではなく、デザインしながら同時に工事コストを調整することのバランスを考えます。

今回ご紹介した歯科医院設計のポイントのほかに、

  • 患者さんが入りやすいクリニックを設計すること
  • 患者さんが落ち着ける空間をデザインすること
  • 素敵なクリニックだったと記憶に残るようなクリニックをつくること
  • ドクターやスタッフが気持ちよく毎日働けるクリニックをつくること

この4つの内容を、後ろから押してサポートします。

患者さんが快適に過ごせる空間をつくることはもちろんのこと、ドクターやスタッフが快適に、ストレスフリーで働ける空間をつくることも同じくらい大切なことだと考えています。

ぜひ、一緒に居心地の良い、また通いたくなるようなクリニックをつくり上げましょう!