2017年 10月 の投稿一覧

【眼科編】クリニックデザインのポイント

クリニックデザインの中でも、今回は眼科についてご紹介します。

眼科はクリニックの中でも多くの医療機器が導入されるので、そういった面も考慮しなければなりません。それでは、眼科クリニックのデザインをご紹介します。

眼科クリニックのデザインとは

眼科クリニックでは検査機器が多いため、ほかの診療科のクリニックより動きが複雑になります。眼科では、主に診察や検査、処置室などが必要です。

また、それに伴って対応する平面計画もほかの診療科より複雑になるのです。

眼科クリニックでは、視力検査を行うスペースで患者様が渋滞しないように配慮したり、暗室内検査へ患者様を誘導するための導線などをチェックしておく必要があるでしょう。また、白内障などの日帰り手術に対応する施設を併設する場合、手術室や手術前室、準備室やリカバリールームなども必要になります。

こういったポイントを踏まえると、さらに設計の構成が複雑化するでしょう。

眼科クリニックのデザインのポイント

それでは、眼科クリニックのデザインにおけるポイントをご紹介していきます。どれも設計に必要になるポイントなのでぜひチェックしてください。

レイアウト

内装や建築の時間軸と新しい検査や治療機器などの進化のスピードが合わなくなることはよくあります。そのため、クリニックの中のLAN配線や検査機器、電源配線のレイアウトは変更しやすい設計にしておきましょう。

たとえば、電子カルテのサーバーと検査機器のLAN配線をサーバーから機器の間の通線を簡単に変更できるように、システムフロアを使って壁面にメンテ用点検口を設置します。しかし、視覚障害の患者様や高齢者の患者様が多い眼科は、安易にスロープや段差を使わないように気を付けましょう。

手術室

眼科に手術室を併設する場合は、手術日と診療日が同じなのかどうかによって計画が変わります。

同時進行で行う場合は、複数のドクターが対応することになります。もちろん、その点についてもしっかり考えなくてはなりません。1日の手術数と手術時間を考え、リカバリールームの数や患者様の受付や待合室なども検討しましょう。

また、感染症の予防のために手術室のクリーンルーム化は欠かせないポイントです。クリーン度の選定については、「クラス10,000」が多くの施設での指針となっています。

さらに、手術室の中のメンテナンスを簡単に行える工夫や、手術中にドクターが一人でも室内をコントロールできる仕組みを取り入れることもポイントとなります。

手術する患者様にとって、日帰り手術であってもストレスやプレッシャー、不安、緊張感を受けるということを忘れてはなりません。こういった患者様の気持ちを緩和する工夫は、クリニックデザインにとって大切なものです。眼科のクリニックデザインは、安心・安全であることに加えて、体に優しい環境つくりやリラックス感を軸にして計画を立てることが大切です。

アメニティ

では、眼科のクリニックのアメニティではどんなポイントが必要となるのでしょうか。

眼科クリニックでは、お子さんから高齢者の患者様まで幅広い年代の患者様が対象になります。そのため、クリニックの中のアメニティの方向性は、より公共施設のようなスタンスがあっていると言えるでしょう。

化粧室内のベビーシートやメイクルーム、車いす対応のトイレは必ず必要です。また、クリニックの中の検査室やトイレへの案内サインは、眼帯をしている患者様や白内障の患者様を意識する必要があります。そのため、だれにでも認識できるサインを計画しましょう。

眼科クリニックの開業ポイント

つづいて、眼科クリニックを開業するためのポイントについて見ていきましょう。

眼科の場合、引きうける治療範囲をどう設定するのかでリッチ選びやクリニックの設計、導入する医療機器などが大きく変わってきます。また、最近の眼科クリニックの増加によって、ほかのクリニックとどう差別化するべきかをしっかり考える子ことが大切です。

開業時に行う検査や診療の選択について

開業時の医療機器を検討するときに、最も考慮しなければならないポイントは、白内障などの手術を行うかどうかです。通常では、手術用の機器をそろえる際には手術を行わない場合に比べ、2,000~3,000万円程度のコストが上がります。

クリニックの面積においては、レーザーの治療レベルだと30~40坪前後です。それに比べて手術を行う場合は50坪前後必要となるでしょう。

さらに、レーシックの手術を行うとなると全体像が一気に膨れ上がります。しかし、レーシックは大手の眼科クリニックでも苦戦が続いている状態です。そのため、個人でのレーシックの単独開業はおすすめできません。

選ぶべき開業地

眼科クリニックでは、老若男女、幅広い年齢層の患者様をターゲットにすることができるでしょう。

お子さんであればプールの授業などで結膜炎になったり、学生さんであればコンタクトの処方が増えてきます。また、高齢者であれば高い確率で白内障の症状が現れるでしょう。

そのため、眼科クリニックの医院開業は幅広い年齢層の患者様を取り込みやすい、家族が多く住んでいる住宅地エリアがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

眼科クリニックにおける医院設計は、十分に理解出来ましたか?

武内デザインオフィスでは、医院設計のほかに歯科医院設計やデザイン、歯科医院改装なども行っています。

同じコストの素材や材料を使ってもコーディネート次第で見え方やバランス、雰囲気が大きく変わってきます。武内デザインオフィスでは、予算内でどれだけ良いクリニックをデザインするのかに重点を置いています。

また、単純に良いデザインをするだけではなく、デザインしながら、同時に工事コストを調整することの「バランス」を考えています。

武内デザインオフィスでは、今回ご紹介した医院設計のポイントのほかに、以下のことを重視しています。

  • 患者さんが入りやすいクリニックを設計すること
  • 患者さんが落ち着ける空間をデザインすること
  • 素敵なクリニックだったと記憶に残るようなクリニックをつくること
  • ドクターやスタッフが気持ちよく毎日働けるクリニックをつくること

この4つの内容を、後ろから押してサポートします。

患者さんが快適に過ごせる空間をつくることはもちろんのこと、ドクターやスタッフが快適に、ストレスフリーで働ける空間をつくることも同じくらい大切なことだと考えています。

 

ドクターとスタッフのための医院設計

クリニックの医院設計において、毎日働くドクターとスタッフの目線から見ることはとても大切です。

今回は、ドクターやスタッフから見た医院設計の重要性についてご紹介します。

ドクタールームとスタッフルームはどうあるべきか?

テナント内でクリニックを開業する場合、どうしてもスペースが限られてしまいます。診察室や待合室を優先したレイアウトにすると、ドクタールームやスタッフルームは隅に追いやられ、狭くなりがちです

クリニックの労働環境を考えると、開業後は患者様で溢れて緊張感が走ったり、忙しさで慌ただしくなることが予想できます。そのため、少しでも休める休憩時は、リラックスできる環境が必要となります。ゆっくり休めるスペースでないと、リフレッシュできず、休憩後に力が入らなくなってしまうでしょう。

このような点は、スタッフ雇用や仕事のモチベーションの問題にもつながりますので、医院設計で重要すべき要素でもあるのです。

医院設計をドクターとスタッフ目線で考える

それでは、スタッフとドクターの目線から医院設計のポイントを考えていきたいと思います。

快適な環境にするには

実際にデザインする際に、どこに重点を置くべきかをお話しします。

スタッフルーム

スタッフルームは、場所や状況によっては採光の確保が出来ない場所に配置しなければならないこともあるでしょう。

ですが、たとえ狭くてもリフレッシュ&リラックスするために、できるだけ開口部に面したスペースに配置することが大切です

レイアウトの都合で、どうしても開口部に配置できない可能性もあります。その際は、壁面のデザインや室内の空調、照明などを工夫して、できるだけリラックスできる環境を作る必要があります。

また、スタッフルームではスタッフ達が靴を脱いで横になれるスペースがあると望ましいです。こういった点を考えると、クリニックではロッカーや着替えのスペースとは別に、1.5坪から3坪程度は必要です。また、設計の基準では「スタッフ数×1.5〜1.8平方メートル」で計画しても良いですね。

ドクタールーム

ドクタールームも、スタッフルームと同じように開口部に面して配置することが望ましいです。ドクターは、ドクタールームをクリニックの商談や応接、事務室のように使うことも多いため、最低でも4.5坪は必要でしょう。

また、日帰りで手術を行う場合を考えると、シャワー室を設置するケースがあります。こういった点を踏まえて、クリニックのあらゆるスペースを確保することが大切です。

テナント内でクリニックを開業する場合

一般的なビルテナント内のクリニックでは、ドクタールームとスタッフルームで約7.2坪が必要となります。

そのため、診察室や処置室、レントゲン室、待合室、受付、化粧室、トイレなどを合わせた30坪を加えても、最低でも40坪程度のスペースが必要になるでしょう。

テナントを決める際には、診察室や処置室のスペースより雇用するスタッフの数やドクタールームに何を求めるのか、が実際問題として重要になります。

特に、最近の開業の傾向では、受付の事務員さんや看護師さんの雇用に苦労することが多いようです。こういった労働環境の面で見ても、今後の医院設計は、スタッフルーム、そしてドクタールームの機能面を充実させることが大切です

スタッフの動線を考える

医院設計で重要するのは、待合室やトイレ、バリアフリーなどが多いでしょう。どれも、患者様が気持ちよく過ごせるためにとても大切です。

しかし、毎日忙しなく働くスタッフの動線をしっかり考える必要があります。

どんなに素晴らしい雰囲気を醸し出していても、スタッフやドクターがスムーズに動かない空間では作業効率もモチベーションも上がらないですよね。こういった面もまた、クリニックの快適さを作用するのです。このように、スタッフの動線についても、よく考えて医院設計を進めましょう。

医院設計の目安としては、待合室→診察室→処置室→受付→トイレの順番にスペースを確保していくことが多いでしょう。

そして、余裕があればキッズコーナー→ドクタールーム→スタッフルームの順番に検討するのではないでしょうか。

しかし、診療が問題なくスムーズに行えるためにも、スタッフやドクターが動きやすく、使いやすく動線を考えることも大切です。設計は、希望に合わせて変更が自由にできます。

まずは、毎日緊張感を持ちながら慌ただしく働くスタッフの目線に立って考えてみてはいかがでしょうか

だからといって、患者様の動線を無視しては意味がないので、スタッフ、ドクター、患者様の様々な視線から医院設計をよく考えることが大切です。

これが、開業後の成功につながる大きなポイントと言えるのではないでしょうか。

武内デザインオフィスでできること

いかがでしたでしょうか。スタッフやドクターの目線から見てみると、また新たな発見があったのではないでしょうか。

武内デザインオフィスでは、医院設計のほかに歯科医院設計やデザイン、歯科医院改装も行っています。

同じコストの素材や材料を使ってもコーディネート次第で見え方やバランス、雰囲気が大きく変わってきます。武内デザインオフィスでは、予算内でどれだけ良いクリニックをデザインするのかに重点を置いています。

また、単純に良いデザインをするだけではなく、デザインしながら、同時に工事コストを調整することの「バランス」を考えています。

武内デザインオフィスでは、今回ご紹介した医院設計のポイントのほかに、以下のことを重視しています。

  • 患者さんが入りやすいクリニックを設計すること
  • 患者さんが落ち着ける空間をデザインすること
  • 素敵なクリニックだったと記憶に残るようなクリニックをつくること
  • ドクターやスタッフが気持ちよく毎日働けるクリニックをつくるこ

この4つの内容を、後ろから押してサポートします。

患者さんが快適に過ごせる空間をつくることはもちろんのこと、ドクターやスタッフが快適に、ストレスフリーで働ける空間をつくることも同じくらい大切なことだと考えています。

ぜひ、一緒に居心地の良い、また通いたくなるようなクリニックをつくり上げましょう!

 

【知っておきたい】医院設計に求められることとは?

医院設計に求められることとは、いったい何だと思いますか?

ここでは、医院設計に求められるポイントを詳しくご紹介します。

医院におけるインテリアデザインについても詳しくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

医院設計に求められることとは?

使いやすいこと

医院設計に求められるポイントとしてまず考えられるのは、機能面です。
クリニックだけではなく、住宅でも事務所でも、使いやすいことはとても大切です。

空調や照明のスイッチが不便な場所にあるととても使いにくく、利用者に負担やストレスがかかってしまいます。クリニックでは、機能面の問題はかなり重要になってきます。

手術室に、照明のスイッチが足元になく、壁面だけだとしたら不便ですし、手間や時間もかかってしまいます。

機能面でのポイントは、インテリアや設計において大変重要な役割を果たすのです。
クリニックの診療方針やスタッフの動き方、患者様の使い勝手に合わせて、色々な角度から機能面を考えることが大切です

人に優しいこと

医院設計において次に注目したいポイントは、人の目や体に優しいことです

クリニックは冷たく無機質なイメージが多いと思います。ですから、余計に癒しの空間としてこだわり、患者様が居心地の良い空間でなくてはなりません。

壁の色や照明の色が目に優しいグリーンや温かみのあるオレンジなら心までリラックス出来るでしょう。待合室で診察を待っているときは、誰でも不安や緊張感がでるものです

医院設計とは、そんな気持ちを和らぐことも必要なのだと思います。

清潔なデザインである

そして、クリニックだけではなく事務所や様々な施設においても言えることですが、清潔であることは大事です

特に清潔感が失われがちな化粧室には、注意が必要です。

化粧室は、利用する人を選ばないユニバーサルデザインが好ましいでしょう。常に清潔でいられるように、手を洗う水洗を自動にしたり、ペーパータオルやハンドドライヤーを設置するスペースも確保する必要があります。

また、化粧室の出入り口には抗菌タイプの材質を使用することが望ましいです。

さらに、待合室にある椅子。患者様の体調が悪いときは、座るだけではなく横になることもあるでしょう。

そのため、清潔感がある汚れにくい素材が良いですね。座り心地にも注意してデザインを考えましょう。

クリニックならではの利便性が重要

医院設計では、レイアウトも重要です。
診察室や検査室、そしてリハビリ室など配置をしっかり考える必要があります。

クリニックでは、診察がなくリハビリ目的だけの患者様も少なくありません。ですから、受付や待合室から診察室、検査室としっかり分かれている構成が望ましいでしょう

このように、患者様の目的によって動線を考える必要があるのです。

また、リハビリを行う整形外科では、患者様やスタッフの人員も多くなります。そのため、ある程度の面積が必要になるでしょう。

リハビリを行う患者様は、足や膝、腰などに痛みを感じている場合がほとんどです。そのため、ほかの診療科より段差をなくし、空間にこだわる必要があります。

待合室や通路の幅に余裕を持たせることはもちろん、車椅子や歩行補助器具などを使用する患者様のための利便性もしっかり考えましょう。

目的によって計画を考える

たとえば、皮膚科は保険診療の皮膚科と自費治療を含んだスキンケアクリニックで、計画が大きく異なります。

保険診療の皮膚科では、光線療法機器などの電気の容量を確認する必要があります。
ほとんどは単相100Vですが、1〜1.5KVAの場合もありますのでチェックをしておきましょう。

レーザー治療は焦げたような匂いが発生することもあるため、処置室の換気に注意しましょう。
特に、排気部分は単独で設置した方が良いですね。また、外部に直接ダクトが出せるような設置にすることも大切です

自費治療のスキンケアクリニックでは、医療施設というよりはエステサロンのような要素が強くなる場合があります。
最近では、若い女性が美容目的でスキンケアクリニックに通うことも多いでしょう。

そのため、プライバシーを重視することも大切です。待合室で患者様同士の目線が合わないように、ソファーや椅子の配置に注意しましょう。

また、メイクを落としたり施術後にメイクをするためのパウダールームの設置も必要です。顔色やメイクアップが分かりにくくないように、ライティングの色温度、電球色・自然光・温白色などに変更できる設備であることも大切です。

クリニックの面積は、保険診療の皮膚科の場合は25〜30坪程度が必要です。
自費治療を含んだスキンケアクリニックの場合は、50坪以上が必要となるでしょう。(処置室の数によって異なります)

デザインやレイアウトは、保険診療か自由診療かで計画が異なりますので、必ず最初に何が目的なのかをしっかり明確にすることが大切です。

まとめ

クリニックのデザインは、内科系や産婦人科、小児科、皮膚科、そしてメンタルクリニックなど診察科目によって重要視するべきポイントが異なります。

また、診察科目によってクリニックの診察室の医療設備や機能性なども異なります。

そのため、診察科目によって診察室のレイアウトやコンセプトをしっかり考えたデザインをすることが大切です。

初めて手がける診察科目の医院設計をする際は、まずは医療設備の種類や診察の内容などをしっかりヒアリングして、詳しく調べることを怠らないようにしましょう。
そして、医院設計に求められていることとは何かをしっかり考えていきましょう。

武内デザインオフィスでは、医院やクリニックの設計、デザインから歯科設計やデザイン、そして改装リフォームなども行っております。
医院デザイン実績100件を超える経験を生かし、ドクターが思う最高のクリニックを設計いたします。

患者様が快適に過ごせる空間を作ることはもちろん、ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間作りを目指しています。

クリニックデザインや店舗デザインに関するご相談ならぜひ武内デザインオフィスにお任せください。ドクターの意見を尊重しながら、患者様に選ばれるクリニックを作っていきます。