2017年 12月 の投稿一覧

患者様に選ばれる医院であるための大切なポイント

医院設計を考えるうえで大切なことは、患者様に選ばれ続ける医院であるためには何が重要かを知ることです。今回は、これから開業をする予定の方にご紹介したい、患者様に選んでもらえるために大切なポイントについてお話します。

開業を目指している方は、ぜひ参考にしてください。

患者様に選ばれ続ける医院のポイント

それではさっそく患者様に選んでもらえる医院とは何が大切かをご紹介していきます。どれも大切なことばかりなので、ぜひ頭に入れておいてください。

おもてなしの心を大切にする

ドクターや看護師など働くスタッフであれば、だれもが患者様に対する思いやりの心を持っていると思います。しかし、その心は存在していても、患者様には見えていないことが多いのが現実です。

そこで、目に見えない思いやりの心やおもてなしの気持ちを、目に見えるようにする必要があります。

医療者ではなくても、社会人なら誰もがあいさつや身だしなみ、言葉使いなどの形に感謝の気持ちや尊敬の意思を込めて現しています。患者様の命を預かる医療現場では、なおさら接遇のマナーが必要と言えるでしょう。

高度な医療技術や医療知識は、患者様との信頼関係があるからこそ生きるのです。そのため、信頼関係を築く基本となるのが医療接遇になります。そして、医療接遇の強い思いは実際に行動に移すことで初めて患者様に伝えることができるのです。

日々の忙しさで忘れがちなおもてなしの心ですが、患者様に通い続けてもらう医院になるには、常に意識していたいものですよね。

患者様は医療弱者であることを忘れてはならない

医院において、患者様は医療弱者であることを常に忘れてはなりません。患者様の身になって心のケアをじっくり考えることが大切です。

初めて受診される患者様なら、不安な気持ちや緊張している心を察してあげましょう。「わからないことがあれば何でも聞いてください」と一声かけるだけでも違ってきます。そして、次の診察や検査室などへの道順を説明して案内してあげるだけでも大きく変わるでしょう。

また、廊下や階段ですれ違う際には、患者様が歩きやすいように、医療者ははしに身を寄せてあげましょう。その際に優しい笑顔を向けてあいさつすることも大切です。患者様へのいたわりの気持ちやぬくもりが感じられるような対応であることが、通い続けてもらえる医院のポイントなのです。

このような、患者様の身になって考える心のケアはとても重要です。

患者様と同じ目線に立って考える

決して目には見えないおもてなしの心を伝える方法は、心のケアと同じように、患者様と同じ目線に立って考えることが大切です。

たとえば、待合室の椅子に座っている患者様から医療者の白衣や靴の汚れが目に付くことがあります。患者様に安心と安全を実感してもらうためには、まずは清潔第一に考えて身だしなみを整えましょう。細かい部分も、患者様にはしっかり見えていることが多いのです。

また、病室や検査室のカーテンの開け閉めは、医療者にとっては毎日の業務のひとつにしか過ぎないと思う方もいると思いますが、患者様にはプライベートな空間の一コマになります。カーテンはしっかり閉めてほしいと思いますし、カーテンを開ける際は一声かけてほしいと思うものです。

そして、患者様は聞きたいことがあっても、医療者が忙しそうにしていたり目を合わせてくれないと、患者様は遠慮してしまうでしょう。その聞きたいことには重要な医療情報が含まれるケースがあります。そのため、患者様との対応ではしっかり目を見て話すこと、聞くことを忘れないようにしましょう。

患者様がまた帰宅案る医院を目指して

医院において医療接遇とは、高級ホテルのように最上級の敬語を使って、丁寧にお辞儀をしてお見送りするようなサービスの提供とは少し違います。

患者様の置かれた状況や立場をしっかり考え、患者様が考えていることや何を求めているのかを想像して寄り添う気持ちを行動に移しましょう。患者様の年齢や生活の環境に合わせて声のトーンや表情を変えることも大切です。ひとりひとりに寄り添った対応が重要と言えるでしょう。

患者様は、自分に共感してくれることで医院に対して安心感や信頼感、親しみやすさや優しさを感じることができます。こういったすべての思いが、また来たい医院になるのではないでしょうか。そして、また来たい医院から家族や友人にも紹介したい医院につながるのです。

日々の忙しい業務の中でこういった思いは忘れがちですが、医療者が医院で働くことができるのは患者様のおかげであることを常に意識しましょう。

武内デザインオフィスができること

いかがでしたでしょうか。スタッフやドクターの目線から見てみると、また新たな発見があったのではないでしょうか。

武内デザインオフィスでは、医院設計のほかに歯科医院設計やデザイン、歯科医院改装も行っています。

同じコストの素材や材料を使ってもコーディネート次第で見え方やバランス、雰囲気が大きく変わってきます。武内デザインオフィスでは、予算内でどれだけ良いクリニックをデザインするのかに重点を置いています。

また、単純に良いデザインをするだけではなく、デザインしながら、同時に工事コストを調整することの「バランス」を考えています。

武内デザインオフィスでは、今回ご紹介した医院設計のポイントのほかに、以下のことを重視しています。

  • 患者さんが入りやすいクリニックを設計すること
  • 患者さんが落ち着ける空間をデザインすること
  • 素敵なクリニックだったと記憶に残るようなクリニックをつくること
  • ドクターやスタッフが気持ちよく毎日働けるクリニックをつくること

この4つの内容を、後ろから押してサポートします。

患者さんが快適に過ごせる空間をつくることはもちろんのこと、ドクターやスタッフが快適に、ストレスフリーで働ける空間をつくることも同じくらい大切なことだと考えています。長く愛される医院であるためには、患者様の立場と働くスタッフの気持ちに立ってみることが大切と言えるでしょう。

ぜひ、武内デザインオフィスと一緒に居心地の良い、また通いたくなるようなクリニックや病院をつくり上げましょう。

 

 

医院設計の金額や費用の相場・ポイントについて

病院やクリニックのデザインや設計を考えている方も多いと思いますが、費用が気になってなかなか踏み出せないという方も多いでしょう。

思ったよりコストがかかってしまった、コストをかけた割にはデザインがイマイチ…というような結果になってはとても残念ですよね。リフォームについても同じです。せっかく改装、設計をするなら誰もが満足できる医院でなければ意味がありません。

そこで今回は、医院設計にかかる費用相場や費用分布などについてご紹介したいと思います。医院設計を検討中の方はぜひ参考にしてください。

病院やクリニックのデザイン・設計の費用相場

まずはだいたいの費用の相場について見ていきましょう。デザイン設計や設計管理、内装工事や外装工事にかかる費用の相場は以下の通りです。

今後、医院設計を考えている方は費用の目安にしてください。

  • デザイン設計:250~500万円
  • 設計管理:150~500万円
  • 内装工事:200~700万円
  • 外装工事:500~1000万円

※クリニックや病院の規模などによって金額が異なります。

病院やクリニックのデザイン・設計の費用分布について

続いて、病院やクリニックのデザイン・設計の費用の分布についてご紹介します。

  • 750~1000万円:40%
  • 500~750万円:30%
  • 100~500万円:20%
  • 1000万円以上:10%

このように、一般的な病院やクリニックの設計やデザインの費用の相場は100~750万円と言えます。

※病院やクリニックの設計デザインの概算費用なので、実際の状況や費用諸経費などで変化していきます。

医院設計のポイント

それでは、最後に医院設計のポイントについてご紹介していきます。通い続けてもらうにはどんなポイントにこだわればよいのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

親しみやすいデザイン

医院設計で重要視されているのは、安全で清潔な場所であることです。また、ドクターや看護師にとって使いやすく働きやすい空間であること、患者様に導線がわかりやすい場所であることが大切です。今までは、医療を行う現場として効率が良く機能的な空間が求められていました。

ですが、白や青一色の空間で無機質な病院やクリニック特有の空間を苦手とする方も多いのが現実です。

そのため、最近では効率性や機能性に加えて、親しみや安らぎを感じることができるデザインにこだわった空間であることが求められています。

色彩計画

患者様が落ち着いて過ごせる空間であるためには、色彩にもこだわる必要があります。

グリーンやピンクは人の気持ちを落ち着かせる効果があります。また、優しい気持ちにさせてくれる色でもあるので、待合室での緊張感や不安感を和らげてくれるでしょう。木目調の床は、温かみのあるイメージなので、グリーンやピンクにうまく溶け込みます。

オレンジは人を元気にさせてくれる色です。こういった色を受付に使うことで、病院やクリニックのイメージをはつらつとした印象にさせることができるでしょう。

こういった色彩計画は、設計士だけでなくカラーコーディネーターにもアドバイスをもらうことがおすすめです。患者様が座るソファーや目に優しい観葉植物、壁に飾る絵なども空間のイメージを大きく左右します。そのため、素材の組み合わせや色などについても、専門家の意見を聞くと良いでしょう。

患者様に選ばれる病院・クリニックとは?

近年、医療機関を取り巻いている環境は大きく変化しているのです。ここからは、患者様に選ばれ続ける病院・クリニックであるためにはどういったポイントが大切なのかをご紹介していきます。

高品質な医療サービス

患者様に選んでもらうには、まず高品質な医療サービスがあることが重要です。多くの患者様から選ばれ続けて満足してもらうには、ホスピタリティ、つまりおもてなしの心が大切と言えるでしょう。

多くの患者様が医療現場に求めることは、安心で安全、さらに信頼できる診療に加えて顧客満足度の高さです。

患者様本位の医療サービスであること

医療は、医療と言うサービスに対して診療代を患者様から頂きます。そのため、医療現場もサービス業と言えるかもしれません。

このようにサービス業である限り、患者様はお客様と言えます。ですから、経営はお客様本位の医療サービスであるべきだと考えます。

選ばれる医院を目指して

現代は、サービスやモノを販売するビジネスにおいて、ターゲットの規定や商圏分析はごく普通に当たり前のこととして行われています。そのため、医療も経営、サービス業と考え、経営理念や基本方針の立案、地域の特性や商圏、競合の分析などを通じて選ばれえる医院を目指すことが大切です。

選ばれ続ける医院であるために

いかがでしたでしょうか。スタッフやドクターの目線から見てみると、また新たな発見があったのではないでしょうか。

武内デザインオフィスでは、医院設計のほかに歯科医院設計やデザイン、歯科医院改装も行っています。

同じコストの素材や材料を使ってもコーディネート次第で見え方やバランス、雰囲気が大きく変わってきます。武内デザインオフィスでは、予算内でどれだけ良いクリニックをデザインするのかに重点を置いています。

また、単純に良いデザインをするだけではなく、デザインしながら、同時に工事コストを調整することの「バランス」を考えています。

武内デザインオフィスでは、今回ご紹介した医院設計のポイントのほかに、以下のことを重視しています。

  • 患者さんが入りやすいクリニックを設計すること
  • 患者さんが落ち着ける空間をデザインすること
  • 素敵なクリニックだったと記憶に残るようなクリニックをつくること
  • ドクターやスタッフが気持ちよく毎日働けるクリニックをつくること

この4つの内容を、後ろから押してサポートします。

患者さんが快適に過ごせる空間をつくることはもちろんのこと、ドクターやスタッフが快適に、ストレスフリーで働ける空間をつくることも同じくらい大切なことだと考えています。長く愛される医院であるためには、患者様の立場と働くスタッフの気持ちに立ってみることが大切と言えるでしょう。

ぜひ、武内デザインオフィスと一緒に居心地の良い、また通いたくなるようなクリニックや病院をつくり上げましょう。

 

【まずはここから】クリニックの開業手順とは?

クリニックの開業の主な流れをご紹介します。

手続きだけではなく、経営を見据えた開業をすることがポイントとなるでしょう。開業してから失敗しないためにも、ぜひ参考にしてください。

クリニックの開業の手順とは?

開業コンセプトを決める

まずはクリニックを開業するために、クリニックのコンセプトを決定しましょう。やりたい診療ややりたくない診療、クリニックの規模などを固めていきます。

いつごろまでに開業するのかを決め、さらにクリニック開業に関する知識を収集しましょう。

開業コンセプトについては、かなり重要な項目になるのでじっくり考えることが大切です。

  • 自分がやりたくない診療は何か
  • どんな診療をしたいのか
  • どのような規模でどんな医療機器を導入するのか

などをはっきりと決めていきます。これを決めないと、時間や無駄なコストがかかってしまう可能性があるのです。

開業場所を選ぶ

クリニックを開業するにあたり、場所の選定は重要になります。競合するクリニックの状況や診療科目の特徴、診療圏調査も必要です。

近くに競合するクリニックがなくとも、地元の人が通いにくい場所では意味がありません。

開業場所をある程度決めたら、実際に現地に足を運び、自分の足と目で場所や駅からの距離、土地の特性や競合になるであろうクリニックを慎重に調査しましょう。こういった調査をじっくり行うことで、ある程度の患者様の外来数も予想できるでしょう。

開業資金の借り入れを行う

クリニックを開業するために、ほとんどのドクターは金融機関からの借り入れが必要になるでしょう。ドクターの状況に応じて、金融機関からできるだけ有利な条件で借り入れを行いましょう。

開業資金の借り入れの流れは以下の通りです。

  1. 事業計画
  2. 資金計画
  3. 金融機関との交渉
  4. 銀行借入契約

設計や内装を考える

クリニックの設計や内装を考えます。どれだけ低コストで質の良い内装や設計ができるか、たくさんの設計事務所からよく考えて選びましょう。

設計事務所を決めたら、設計士とクリニックのコンセプトの打ち合わせを決めていきます。内装に関しては、ドクターの希望やこだわりなどをもとにアイデアを出し合って、修正工事が発生しないようにじっくり詰めていきましょう。

医療機器の選定

医療機器の選定はクリニックのためにかなり慎重に行いましょう。

簡単に業者に見積もりを依頼すると、医療機器が思ったより高値で固定されてしまうこともありえます。医療機器を選定し、物件の引き渡しをしたら、機材の搬入を行います。逆算し、いつ頃機械を発注したら良いのかを考えます。

申請や届け出業務を行う

クリニック開業のためには、行政への届け出や手続きが必要になります。保健所や消防署などと事前に相談し、スムーズに手続きが行えるように段取りや調整も行いましょう。

申請や届け出業務の主な流れは以下の通りです。

  1. 保健所や消防署の事前相談
  2. 医師会ご挨拶
  3. 保健所届け出
  4. 社会保険医療機関指定

スタッフの採用

クリニックを経営するためにスタッフの面接や採用を行います。診療科目や内容によって、必要になるスタッフの人員数は異なってくるでしょう。

また、適切な人員の配置や採用方法などはコンサルタントに相談して決定することがおすすめです。

スタッフ採用の主な流れは以下の通りです。

  1. 人員計画の策定
  2. スタッフの採用面接
  3. 応募書類の整理
  4. 面接のセッティング
  5. スタッフの採用決定通知・不採用通知
  6. スタッフの研修
  7. 電子カルテ研修

看護師や技師、医療事務などの採用面接を行うのは初めてというドクターも多いと思います。面接で何を重要視すればよいのか迷ってしまう方も少なくないでしょう。

スタッフ面接で重要なのは、ドクター自身が初心に帰り、どんな開業を目指しているのか、どんな診療を考えているのかにぴったりとあてはまるスタッフを選ぶことです。

また、面接で質問することを事前にしっかりまとめておくことも大切です。

よくある質問に配下のものがあります。

  • 過去の職歴
  • 志望動機
  • なんで前職を辞めたのか
  • 求職者が考えている長所や短所

広告戦略を考える

クリニックを開業しただけでは患者様は来ないでしょう。たくさんの患者様に来てもらうには、広告が重要になります。

ホームページや印刷物などで、広告の戦略を考えていきましょう。

広告戦略の主な流れは以下の通りです。

  1. ロゴデザインの確定
  2. ホームページや印刷物、看板の作成
  3. 印刷に入る
  4. 広告の発注
  5. 近隣へのご挨拶
  6. 内覧会の準備
  7. 内覧会

クリニックの開業でもっとも大切なのはその内容ですが、クリニックのコンセプトをいかに上手に伝えられるかも大切と言えます。デザインも重要視し、見栄え良く作成していきましょう。

特にクリニックのロゴマークは、思いを形にするアイデンティティの表現と言えます。コストがかかったとしても、患者様に親しんでもらえるロゴマークを作成してもらうことがおすすめです。

クリニックの開業当日

いよいよクリニックの開業当日となります。

開業当日は色々なハプニングがつきものですが、慌てず対応できるようにどんと構えましょう。また、朝から業者のご挨拶があったり難しい患者様がいたりと、患者様の数の割には忙しさを感じるかもしれません。

手間取ってしまわないように、あらかじめ研修などでしっかりシミュレーションを行うことが大切です。また、実際にオペレーションを繰り返すことでもどんどん慣れていくでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

クリニックの開業の流れはある程度理解できましたでしょうか。

武内デザインオフィスでは、この流れの中でも医院設計の点でお手伝いしたいと考えております。医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザイン事務所が大切にしているポイントは4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザイン事務所は常に考えています。

患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。ぜひ、武内デザインオフィスと一緒に素晴らしい空間を作っていきましょう。