2018年 7月 の投稿一覧

開業の前に…クリニックを開業するメリット&デメリットとは?

クリニックを開業しようと考えている方は少なくありません。

しかし、クリニックを成功させるためには、開業前にメリットとデメリットをしっかり知る必要があります。ここでは、クリニックを開業するメリットとデメリットをご紹介します。開業を検討中の方はぜひ参考にしてください。

クリニックを開業するメリットとデメリット

まずは、クリニックを開業するメリットについて見ていきましょう。

収入がアップするメリットと経営者としての責任感

開業医として独り立ちする一番のメリットは、収入の増加ではないでしょうか。

厚生労働省の調査によると、病院勤務医の平均年収は1,479万円なのにくらべて、開業医はなんと2,500万円となっています。これは約1,7倍もの格差があり、大きなメリットと言えるでしょう。

また、このような高額の収入を得るための労働時間も、病院勤務医時代と比べて短くて済むのです。しかし、このような高収入は自分の経営状態次第となります。開業医は、常に収益が安定しているとは限りません。

そして、開業時に借り入れた負債の返済や、24時間背負うこととなる経営者としての責任も出てきます。

これは、開業医ならではのデメリットともいえるでしょう。特に、医療にだけ集中したい医師にとって、経営面でのプレッシャーはマイナスポイントとなります。このような責任とリスクを負えるかどうかが、開業医として成功するために大切な要素となります。

働くことの意義を考える

開業医は、収入がアップするという大きなメリットがありますが、経営者としての責任がついてくるというデメリットもあります。

クリニックの開業を検討している方は、今一度、「自分が働く意義とは何か?」を見つめなおすことが大切です。大きなリスクと責任を背負う覚悟があるなら、高収入を手に入れられる開業を選択しない手はないでしょう。

理想の医師像に近づける大きなメリット

クリニックを開業するメリットとして、自分のスタイルで患者様と向き合えるということもあります。これは、医療従事者として決して無視できないポイントです。

開業医になると、勤務医と違って仕事の裁量を自分で決めることができます。これは、自分の診療のポリシーを貫き通すことが出来るうえ、ほかの医師との人間関係に悩まされる心配もありません。

自分次第で可能性が広がる

開業医になると、上手く時間をやりくりできれば、プライベートの時間もしっかり確保することができます。そうなると、仕事の意欲もより高まっていくでしょう。

そして、質の良い医療の提供につながり、患者様の満足度も高まっていきます。

しかし、このように自分のペースで医療行為を行うことは、メリットとデメリットが表裏一体となります。時間やスケジュールの管理が苦手な方は、勤務医時代よりも忙しい生活になりうるので、事前に自分の適性をしっかり見極めておくことがおすすめです。

自分ではよくわからない場合は、周りの方々から客観的な意見を募ってみても良いですね。

メリットとデメリットまとめ

クリニックを開業するメリットとデメリットをまとめていきましょう。

開業医のメリット

  • 収入が大幅にアップする可能性がある
  • ワークライフバランスを実現できる
  • 自分が理想とする医療を追求できる

開業医のデメリット

  • 収入が不安定になる
  • 経営者としてのプレッシャーがついてくる
  • 時間や労務との管理の負担が増える

クリニック開業までの流れ

では、開業することを決めたらどうすれば良いのでしょうか。ここからは、クリニックの具体的な開業準備についてご紹介します。

その時期と実施項目について詳しく見ていきましょう。

  • 開業直前から1ヶ月前:クリニックの開設届けの提出、保険医療機関の申請、備品の納入、スタッフの研修、内覧会の実施など
  • 開業1~2ヶ月前:医療機器の納入、スタッフの面接や採用、内装工事の完成、広告宣伝や集患施策
  • 開業3~2ヶ月前:内装工事に着手する、スタッフの募集、医療機器の決定など
  • 開業3~4ヶ月前:導入する医療機器の検討、工事金額の決定や契約
  • 開業4~6ヶ月前:内装業者の選定や内装プランの検討
  • 開業6~16ヶ月前:開業場所や物件の選定、資金の調達など

このようにスケジュールをしっかり立てることにより、多額のコストの発生時期を明確にすることができます。いつまでにどのくらい資金を用意すれば良いのか予測できるので、スムーズに準備できるでしょう。

また、一般的にテナント開業は約12ヶ月、戸建て開業は約16ヶ月の開業準備期間が必要だと言われています。

武内デザインオフィスでできること

◎武内デザインオフィスは医院デザイン実績100件を超える経験を生かして、ドクターが願う最高のクリニックを設計いたします。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

◎ 医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザインオフィスが大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザインオフィスは常に考えています。

◎ 患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、
ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

同じ「コスト」で、最高の「結果」を出す

◎ 予算内でどれだけ良いクリニックをデザインできるかでデザイナーの能力が決まると思います。
(同じコストの素材を使っても、コーディネイト次第で見え方が全然変わります)
当たり前の事ですが、ただ「良いデザインができる」というだけではなく、
「デザインをしながら同時に工事コストも調整する」というバランスの取れたデザイナーが、本当の意味で優秀なデザイナーであると言えるでしょう。

ぜひ、一緒にクリニックの開業を成功させましょう。

人が集まるクリニックにするために!クリニックの内装工事のポイントとは?

従来のクリニックは無機質でクールな空間というイメージが強いものでした。

しかし、最近のクリニックは木材を使ったり照明にこだわったりと、患者様の心が落ち着く空間にすることにより、ほかとの差別化を図るクリニックが増えてきました。

クリニックが増えてきた時代に選ばれやすい存在になるために必要なのが内装でしょう。ここでは、患者様が集まりやすく人気が出るクリニックにするためのポイントをご紹介します。

クリニックの内装のポイント

一昔前のクリニックは、白や薄いブルーなどの色を使った内装が多かったです。これは、清潔感を重視しているためです。

基本的に清潔感は大切ですが、最近はこれに加えて、気持ちが穏やかになりリラックスできるような内装が増えています。緊張しやすいクリニックだからこそ、気持ちの安定が大切なのです。それでは、クリニックの理想の内装について見ていきましょう。

清潔感を優先する

クリニックの内装で個性を出すことも大切ですが、大前提として清潔感を重視しなくてはなりません。

木の暖かさを感じられる内装にすると気持ちが落ち着く空間になりますが、ほこりが溜まりやすくメンテナンスの手間がかかります。

常に清潔感のある空間を保つには掃除が必須ですが、掃除に時間や手間がかかりすぎると、本来の仕事である医療に余裕がなくなってしまいます。そのため、まずは汚れにくく、掃除をしやすい内装にすることが大切です。

自分の個性を出す

自分のクリニックですから内装に個性を出すことも大切です。

たとえば、子連れでも安心して通院できるようにキッズスペースを用意したり、お子さまが飽きないように本棚やテレビを設置したりすることにより、より通いやすいクリニックになります。

しかし、個性を出そうとしすぎて待合室が狭くなるなど不便があってはいけません。あくまでもベースとなるのは使いやすいクリニックということです。それを意識して、ほかのクリニックにはない個性を演出していきましょう。

導線を確保する

クリニックの中は、医者や看護師、患者様だけではなく、医療関係や緊急隊員など色々な方々が出入りします。どんなに内装のデザインにこだわりたくても、それらを無視しては、使い勝手が悪いクリニックになってしまうでしょう。

まずはメインとなる通路に、十分な幅を確保しましょう。通路は、車いすや担架でも通りやすいように注意しましょう。また、人の流れをしっかり考えて、ストレスのない配置を意識することが大切です。

そして、患者様がメインで使用する通路と、医師や看護師が使う通路が重ならないように注意することも大切です。

衛生的な空間にする

清潔感に似ているのですが、衛生的な空間にするというのは、より実務的な意味でのキレイさを考えます。クリニックは、どうしてもウイルスや病原菌が入り込んでしまいます。これらがクリニック内で広がらないように、仕切りやカーテンを設けたり、消毒用のアルコールを設置したりすることも大事です。

また、トイレの位置もしっかり考えてレイアウトします。トイレはすぐにアクセスできる場所が一番理想的なのですが、ロビーや玄関から直接目に入る位置にあるのはあまり良くないでしょう。トイレから菌やウイルスが直接出てこないような配置を考えることが重要です。

クリニックの内装工事の費用相場

それでは、クリニックの内装工事には一体どれくらいの費用がかかってくるのでしょうか。ここからは、クリニックの内装工事にかかるだいたいの費用相場についてご紹介します。内装工事の参考にしてください。

  • デザイン設計:250~500万円
  • 設計管理:150~500万円
  • 内装工事:200~700万円
  • 外装工事:500~1000万円

工事ごとの費用事例

また、工事ごとの費用はどのくらいかかるのでしょうか。ここでは、25坪のスケルトン物件をクリニックに改装した場合を仮定して、費用の目安をご紹介します。

  • 仮設・解体工事:約20万円
  • 建具工事:約134万円
  • 造作工事:約60万円
  • 軽量鉄鋼・ボード工事:約120万円
  • 内装仕上げ工事:約110万円
  • ガラス・パーテーション工事:約40万円
  • 家具什器工事:約140万円
  • 電気設備工事:約128万円
  • 空調設備工事:約133万円
  • 防災設備工事:約70万円
  • 給排水衛生設備工事:約78万円
  • その他諸経費:約110万円
  • 総額:約1143万円

※25坪のスケルトン物件にて、クリニックの内装工事をした場合の費用事例です。

一般的なクリニックや病院の内装工事の費用の相場は、一坪約40万円と言われています。ここで例に挙げた坪単価が約45万円となるので、一般的な価格の範囲内と言えるでしょう。

内装仕上げ工事は、天井や壁、床を最終的に仕上げるときの工事になります。待合室やエントランス、従業員質、診療室などのシュルによって仕上げ材を変える場合は、費用を抑えることが可能です。

ガラスパーテーションは、外側から診察の様子が見えない役割を果たす仕切りのことですが、ガラス材は価格が高めなので、パーテーションの数を減らすことで費用削減が可能になります。

クリニックの場合、レントゲン室など特殊な医療設備が必要になってくるので、内装工事の坪単価がほかの店舗の内装工事と比較して高くなってしまうのです。

クリニックの開業資金を少しでも抑えたい場合は、居抜き物件を選ぶことがおすすめです。しかし、居抜き物件の場合であっても、医療機器がすぐに故障する可能性があるので、クリニック内の設備をしっかりチェックすることが大切です。

武内デザインオフィスで出来ること

武内デザインオフィスでは、内装工事やデザインなどあなたのクリニックの開業をサポートいたします。

武内デザインオフィスでは、次のポイントを大事にしております。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

この4つのポイントに力を入れ、クリニックの大きな成功を手に入れましょう!

【クリニック開業】クリニックの内装工事の費用を抑えるポイントまとめ

クリニックの内装工事は、思った以上にお金がかかってしまいます。

「こんなにお金がかかるなら、自分の個性を出さずに必要最低限の空間でいいや…。」と感じた方も少なくないでしょう。しかし、それではクリニックの集患が難しくなるでしょう。

ここでは、意外とかかるクリニックの内装工事の費用をできるだけ抑える方法をご紹介します。ひとつひとつのポイントに注目してみていきましょう。

クリニックの内装工事の費用を抑えるポイントとは?

それではさっそく、内装工事の費用をできるだけ抑えるポイントについてご紹介します。

居抜き物件を選ぶ

居抜き物件では、以前使用していた設備や内装をそのまま引き継ぎ、クリニックを開業することができます。

もちろん設備を引き継ぐためには費用が発生しますが、相手も処分をするためにお金がかかるので、交渉次第では、かなり格安か無料に近い形で譲ってもらえることがあるのです。すると、ゼロの状態から内装工事をするのに比べて、費用をかなり抑えることができるでしょう。

しかし、居抜き物件には以下のようなデメリットもあるので注意が必要です。

  • 設備がすぐに壊れてしまう可能性が出てくる
  • 内装のレイアウトの自由度が低くなる
  • 自分の好みの雰囲気にできない

設備は、何かあったときに誰も保証してくれませんし、いつ壊れてしまうかもわかりません。結果的には新たに購入しなくてはならないこともあるため、そのことをしっかり理解したうえで、居抜き物件を利用することが大切です。

ランニングコストを下げる

クリニックの内装工事を考える際には、その工事にかかるお金だけを考えてはなりません。内装は設備などを維持していくため、最初にかかってくるイニシャルコストだけではなく、クリニックを開業してからかかるランニングコストについても考えることが重要です。

たとえば、以下のようなことを意識する必要があります。

  • メンテナンス性の良い床材を選択する
  • 照明をLEDにする
  • 電気代の安い空調設備を選ぶ

単に照明機器を選ぶなら蛍光灯にする方が費用はかかりませんが、照明機器の寿命をみると、LED照明の方が結果的に安くなります。また、メンテナンスを行う回数を減らすこともできるので、医療に集中することができるでしょう。

エアコンは小さめで出力も小さいものを選びがちですが、夏の待合室で患者様がたくさんいることを想像すると、エアコンを最大出力で稼働しても、まだ暑さを感じる可能性があります。電気代がかかるうえ、患者様に不快な思いをさせてしまうのでは意味がないですよね。

なんでもかんでも安いものでそろえることが、クリニックの経営において良いことばかりではないのです。初期費用をどんなに抑えても、経営していくためにかかる費用が大きくなってしまっては意味がありません。だからといって、全てを高級なものでそろえる必要はありませんが、ランニングコストを意識することが重要なのです。

相見積もりを行う

最初に内装工事を依頼するときにありがちなミスで、1社だけに見積もりを頼んで相談するということがあります。この場合、内装工事業者が高い料金で見積もりを出してくることがあるでしょう。

内装工事業者も利益を上げるために必死なのですが、それを回避するためには、相見積もりをとることがおすすめです。相見積もりとは、いくつかの内装工事業者に見積もりを依頼することを指し、そうすることによって安く工事を行ってくれる業者を選ぶことができるのです。

これだけではなく、業者は相見積もりだとわかると、業者同士で価格競争が始まります。それぞれの業者が利益を出せる限界の価格で見積もりを作ってくるので、低価格での内装工事が可能となるでしょう。しかし、価格だけで選ばないことが大切です。

価格だけで業者を選ぶと、トラブルにつながる可能性もあるのです。相見積もりをしながらできるだけ信頼できる内装工事業者を選ぶことが重要なのです。

内装工事業者を選ぶポイント

では、どのような内装工事業者を選べば良いのでしょうか。ここからは、内装工事業者を選ぶポイントについてご紹介します。

信頼できるかを見極める

どの業者を選ぶか判断するポイントは、信頼できるかどうかが大切になります。見積もりを出してもらうまでの間に、きちんとコミュニケーションがとれているか、専門用語ばかり使わずにわかりやすく説明してくれるか、など、信頼できる業者か判断できるポイントはたくさんあります。

不安を感じながら工事を依頼すると、トラブルが発生した時に後悔することになるでしょう。「この業者なら安心してお任せできる」と感じられる業者を選びましょう。

クリニックの内装工事に慣れている

内装工事業者と言っても、それぞれの業者に得意と不得意があります。飲食店の内装工事をメインで行っている業者もあれば、マンションや家の内装しか経験がない業者もあるでしょう。クリニックの内装を専門としている業者は少ないと思いますが、施工の経験の有無だけはしっかりと確認する必要があります。

クリニックは飲食店に比べて制約が多いので、それらの経験がない内装工事業者に頼んでしまうと、クリニックの常識では考えられないレイアウトやデザインを提案してくる可能性があります。また、工事自体の丁寧さが足りないというケースもあるでしょう。

こうならないためにも、クリニックの内装工事を経験している内装工事業者を選ぶことが大切です。

武内デザインオフィスでお手伝いします

いかがでしたか?クリニックの内装工事の費用を抑えるには、いくつかのポイントを意識して考えることが大切です。

武内デザインオフィスではあなたのクリニックの開業を全力でサポートいたします。

◎ 医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザインオフィスが大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

このポイントを重視して、一生懸命お手伝いいたします。

ぜひ、一緒にクリニックの成功につなげましょう。