2018年 8月 の投稿一覧

クリニックを開業する前に。開業資金はいくら必要なのかチェックしよう!

クリニックの開業資金や開業後の診療報酬などは、クリニックのコンセプトによって大きく異なります。

また、クリニックの開業条件によって、開業資金に違いが出るでしょう。たとえば、戸建てクリニックを開業するのかテナント診療にするのか、さらに最低限の機器だけで開業するのか、クリニックの売りとなる機器を導入するのかなどでも大きく異なります。設計事務所によっても費用はバラバラですね。

そこで今回は、クリニックの開業資金についてご紹介します。クリニックの開業を検討中の方はぜひ参考にしてください。

クリニックの開業時の初期投資

クリニックを開業すると場合は、開業資金として多額の初期投資が必要になるでしょう。ほとんどの院長先生は、開業ローンを組んで、長期間にわたって支払い計画を立てることが多いようです。クリニックの開業資金にかかる費用の主な項目は以下のようになります。

  • 土地や建物
  • 医療機器や什器
  • 広告宣伝費(開院時のチラシ印刷代やホームページ作成など)
  • 医師会入会費
  • 運転資金(売り上げの少ない月の家賃の支払いや人件費に備えるための資金)
  • 消耗品費(机や椅子、テレビなど)

科目別の初期投資

それでは、クリニックの初期投資を科目別に見ていきましょう。

内科医院

内科は競合が多いので、いかに自院の特徴や専門性を打ち出すかが重要になります。

糖尿病学会専門医や日本消化器病学会専門医などの専門医資格を持っていたり、内視鏡が得意だったり、ドクターの強みを患者様に知ってもらうことがポイントです。どのような分野をどこまで診療するのか、反対に診療しないのはどの分野かなどを、開業前にしっかりコンセプトを決めましょう。

内科の開業資金

  • 土地や建物:約2,500万円~
  • 設備:約1,800万円から3,500万円(心電計、内視鏡、レセコン、電子カルテ、超音波診断装置、X線撮影装置など)

整形外科医院

整形外科はリハビリテーションを実施することが多いので、資格を持つスタッフを十分な人数揃える必要があるのです。

看護師や医療事務に加えて、理学療法士や放射線技師、リハビリ助手などの職種の採用を行って、総人数も多くなります。そのため、経費に占める人件費がほかの診療科と比較して高くなります

また、リハビリルームの設置やX線室のシールド工事を行うことがあるので、整形外科の適切な面積は60坪から100坪程度になるでしょう。リハビリに訪れる一日の患者様の数は、ほかの科目に比べて多くなりますが、クリニックの規模が大きく、一日当たりの経費や開業資金は高くなるでしょう。

ほかのクリニックとの差別化を図るには、十分な数の理学療法士を配置してリハビリテーションを重視したクリニックを目指すことが大切です。また、学校の多い地域なら、部活やスポーツによる怪我へのケアを重視している旨をうたうなどの方法がとれます。

整形外科の開業資金

  • 土地や建物:約3,000万円~
  • 設備:約2000万円~(レセコン、電子カルテ、低周波治療器、骨密度測定装置、X線撮影装置、平行棒など)

皮膚科医院

皮膚科は小さなお子様から高齢者まで男女問わず、ほかの診療科目に比べて幅広い患者様が来院します。開院してしばらくは、来院する患者様の層をよく観察し、しっかり戦略を立てたうえで診療を行うことが大切です。

たとえば、お子様の受診が多い地域ならば、お子様を中心に診療を行って、付き添いの保護者の方に自費診療をすすめていくと良いでしょう。すると、その保護者の方から評判が回って、近所の方や家族などが来院され、クリニックの集患につながる場合があります。

クリニックの開業時点では、電子カルテや顕微鏡、オートクレーブがあれば最低限の診療が出来るでしょう。美容系の機器の導入費用は約1,000万円と、開業時点では高い買い物となります。そのため、開業後にクリニックのコンセプトとその地域の患者様のニーズに合わせてしっかり考慮し、導入を決めることがおすすめです。

皮膚科の開業資金

  • 土地や建物:約1,200万円~
  • 設備:約500万円~(電子カルテ、顕微鏡、レセコン、無影灯など)※各種レーザー機器を導入しない場合

眼科医院

眼科は開業前に、白内障などの手術を行うかどうかをきちんと決める必要があります。それは、白内障の手術用の機器をそろえるかどうかで、開業経費が2,000万円から3,000万円ほど変化するからです。

また、クリニックの適正面積は、レーザー治療レベルの場合は30坪から40坪程度、白内障の手術を行う場合は70坪から100坪前後の違いが出てきます。

眼科の開業資金

  • 土地や建物:約3,000万円~
  • 設備:約2,000万円から4,500万円(電子カルテ、スリットランプ、レセコン、自動視野計、オートレフケラトメータ、眼底カメラなど)

武内デザイン事務所で出来ること

◎武内デザイン事務所は医院デザイン実績100件を超える経験を生かして
ドクターが願う最高のクリニックを実現できる設計事務所です。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

◎ 医院の設計、クリニックデザインにおいて武内デザイン事務所が大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックデザインとは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザイン事務所は常に考えています。

◎ 患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、
ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

同じ「コスト」で、最高の「結果」を出す

◎ 予算内でどれだけ良いクリニックをデザインできるかでデザイナーの能力が決まると思います。
(同じコストの素材を使っても、コーディネイト次第で見え方が全然変わります)
当たり前の事ですが、ただ「良いデザインができる」というだけではなく
「デザインをしながら同時に工事コストも調整する」というバランスの取れたデザイナーが
本当の意味で優秀なデザイナーであると言えるでしょう。

医院に特化した設計事務所として当デザインオフィスは、今後もお客様の希望に沿ったクリニックをデザイン、設計し続けていきます。

眼科クリニックを開業する方へ。知っておきたい開業ポイントまとめ

眼科医院を開業する場合は、引き受ける治療範囲をどのように設定するのかによって、立地選びやクリニックの設計、導入する医療機器などが大きく変化します。

また、今は眼科医院の開業が増えているので、眼科医院経営および診療体形など、ほかのクリニックとの差別化を図ることが大切です。

そこで今回は、眼科医院を開業する際のポイントについてご紹介します。

眼科医院の開業のポイント

それでは早速眼科クリニックを開業する際の大切なポイントについて詳しく見ていきましょう。

開業立地は家族や高齢者の多い地域がおすすめ

眼科医院は、老若男女、かなり幅広い年齢層の患者様をターゲットにすることができます。

お子様であれば学校でのプールの授業があるため、結膜炎の有無が話題となります。高校生や大学生であれば、コンタクトの処方が増えるでしょう。高齢者であれば、高い確率で白内障に羅患するでしょう。

そのため、眼科医院の開業はできるだけ幅広い年齢層の患者様を取り込めるように、家族層がたくさんいる住宅地エリアが望ましいのです。

しかし、お子様から高齢者がいるエリアが良いのはもちろんですが、どちらかというと、メガネ・コンタクト処方や結膜炎など利益の少ない医療が多くなりがちの若年層より、色々な理由での来院が予測される中年や高齢者の層を重要視したほうが良いでしょう

そのため、その地域の年齢分布の調査が特に重要になってきます。しっかり戦略を練ったうえで、クリニック経営や診療体形をよく検討することが大切です。ですが、単純に人口が多くて競合が少ない場所が良いというわけではないので注意しましょう。

開業時に行う診療や検査の選択を

眼科医院の開業時の機器を検討する際に一番考慮するべき点は、白内障などの手術を行うかどうかです。通常、手術用の機器をそろえる場合は、手術を行わない場合と比較して、機器のコストが2,000から3,000万円程度上がります。

また、眼科クリニックの面積も、レーザー治療レベルの場合は、30から40坪程度、手術を行う場合は50坪程度必要となるでしょう。

さらに、レーシックの手術を行う場合は、全体像が大きく膨れ上がるので注意が必要です。レーシックは大手の眼科クリニックでも苦戦が続く状況なので、個人での単独開業はお勧めできません。

診察室の改良ポイント

今までは、暗幕で囲まれて診療の声が筒抜けのスタイルが眼科医院の定番でした。しかし最近は、患者様のプライバシーを配慮し、暗幕と個室を併用するスタイルが増えています。

古い眼科クリニックは、新しいクリニックのように改修工事自体ができません。コストが必要になることなので、どこまでとり入れるのかをしっかり検討することが大切です。

バリアフリーを考えた医院設計を

眼科医院を訪れる患者様は、目が不自由なだけではなく、車いすや高齢者の患者様も多いです。

診療所内は暗い場所が多いうえ、散瞳薬を使用してからの検査もあるので、クリニック内のバリアフリーが必要不可欠です。特に、車いす患者様の導線がしっかり確保できるように、各室のレイアウトはきちんと配慮したほうが良いですね。設計事務所の腕が一番発揮される部分といってもよいでしょう。

メガネ店との連携対策について

視力検査やメガネ・コンタクトレンズの処方はメガネ店でもできるのですが、やはり、一定数の患者様がより正確で安全性の高い検査や処方を求め、眼科クリニックを訪れています。

医院にとっては、視力検査やメガネ・コンタクトレンズの処方は大切な収入源のひとつになります。近場にメガネ店があり、連携ができるのであれば、この手の患者様が来院する確率がグンと上がるので、近場にメガネ店があるかどうかが重要なポイントとなるでしょう。

眼科医院の1ヶ月あたりの収支

続いて、眼科医院の1ヶ月あたりの収支を見ていきましょう。

個人の眼科医院

【収益】

  • 診療報酬:約657万円
  • 介護収益:0円

【経費】

  • 人件費:約171万円  ※ドクターの収入は含みません。
  • 医薬品費:約52万円
  • その他:約195万円

眼科の1ヶ月あたりの収入:約239万円

医療法人

【収益】

  • 診療報酬:約1,187万円
  • 介護収益:0円

【経費】

  • 人件費:約636万円  ※ドクターの収入も含みます。
  • 医薬品費:約95万円
  • その他:約364万円

税引き後の眼科1ヶ月あたりの収入:約92万円

眼科医院の開業資金の目安

  • 土地や建物:約3,000万円~
  • 設備:約2,000万円から4,500万円(診察用ベッド、椅子、電子カルテ、レジスター、眼圧計、コピー複合機、顕微鏡、視野計、視力検査機器、眼底検査機器など)

武内デザイン事務所で出来ること

◎武内デザイン事務所は医院デザイン実績100件を超える経験を生かして
ドクターが願う最高のクリニックを実現する設計事務所です。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

◎ 医院設計、クリニックのデザインにおいて武内デザイン事務所が大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良いクリニックの設計事務所とは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザイン事務所は常に考えています。

◎ 患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、
ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

同じ「コスト」で、最高の「結果」を出す

◎ 予算内でどれだけ良いクリニックをデザインできるかでデザイナーの能力が決まると思います。
(同じコストの素材を使っても、コーディネイト次第で見え方が全然変わります)
当たり前の事ですが、ただ「良いデザインができる」というだけではなく
「デザインをしながら同時に工事コストも調整する」というバランスの取れたデザイナーが
本当の意味で優秀なデザイナーであると言えるでしょう。

【眼科クリニックのデザイン】重視すべきポイントとは?

眼科クリニックは、どのようなデザインにすれば患者様が心地よくいられるのでしょうか。

今回は、眼科クリニックのデザインで重要なポイントについてご紹介します。眼科は、開業する各診療科と比較すると、施設の専門性が高くたくさんの医療機器が導入されるので、ほかのクリニックよりデザインをしっかり考えなくてはいけません。設計事務所によって違いが多くありますので、選ぶ方も身長に行いたいですね。

それでは、眼科医院の設計について詳しく見ていきましょう。

眼科医院の設計で心がけたいポイントとは?

眼科医院を設計するときは、どのようなポイントを重視すれば良いのでしょうか。

レイアウトや各機器、患者様やドクターに対する設備などを多角的に見ていくと、設計に必要なポイントが見えてきます。それでは、重要なポイントについて詳しくご紹介します。

手術室のポイント

眼科医院で手術室を併設する際は、手術室と診療日が同時進行するかどうかでも計画が変わっていきます。同時進行の場合、複数のドクターが対応することになるので、当然その点についてもきちんと考えなくてはなりません。

手術時間と一日の手術数をしっかり考慮し、手術前の患者様の受付や待合室、リカバリールームの数なども検討することが大切です。

また、感染症を予防するために、手術室のクリーンルーム化は必須となるでしょう。クリーン度の選定は、ほとんどの施設でクリーン度がクラス10,000が一つの指針となっています。

さらに、手術室内のメンテナンスが簡単に行えるように工夫したり、手術中にドクターが一人で室内をコントロールできるような仕組みにすることも大切です。

眼科医院で手術する患者様にとって、いくら日帰りとはいえ手術を受ける不安やストレスをできるだけ緩和する配慮は重要なのです。安全で安心できることはもちろん、リラックスできることや体に優しい環境づくりをきちんと考えて計画を立てることがおすすめです。

レイアウトのポイント

眼科医院では、内装と建築の時間軸と、治療機器や新しい検査などの進化速度が合わないことはよくある失敗例です。そんな失敗を防ぐためには、クリニック内のLAN配線や電源の配線、検査機器のレイアウトは簡単に変更しやすい設計にしておくことが大切です。

例えば、各検査機器のLAN配管と電子カルテのサーバーを、サーバーから機器の間を通って簡単に変更できるようにするために、システムフロアを併用して、壁面にメンテ用の点検口を設置しましょう。しかし、眼科クリニックには視覚障害の患者様や高齢者が多いので、安易にスロープや段差を使わないことが重要です。

アメニティのポイント

続いて注意したいのは、アメニティのポイントです。

クリニック内には、お子様から高齢者の方まで比較的幅広い年齢の患者様が対象になります。そのため、クリニック内のアメニティは、より公共施設的なスタンスが必要となるでしょう。

化粧室内にベビーシートを設置したり、車いす対応のトイレにすることが重要です。

また、クリニック内のトイレや各検査室への案内のサインは、眼帯を使用している患者様や白内障の患者様を意識して、誰にでもきちんと認識できるサインを計画することが大切です。

メガネ店との連携対策について

メガネやコンタクトの処方、視力検査はメガネ店でもできるのですが、より正確で安心感のある検査や処方を求めて、多くの患者様が眼科クリニックに訪れます。

特に、親御さんがお子様のメガネを作る場合は慎重になるので、「念のために眼科医院の先生に診てもらったほうが良いのでは…」と考えるでしょう。

眼科医院にとっては、視力検査やメガネ、コンタクトの処方は大切な収入源のひとつになります。近場にメガネ店があり、連携ができるのなら、この手の患者様が眼科クリニックに来院する確率がグンと上がるでしょう。そのため、近場にメガネ店があるかどうかというポイントは、非常に重要になるのです。

眼科クリニックのデザインは複雑化している

眼科クリニックは検査機器がたくさんあり、外来患者様の診察や検査、処置とほかの診療科に比べて患者様の医院内での動きが複雑になります。それに伴って、対応する平面計画もほかの診療科に比べて複雑になるでしょう。

視力検査を行うスペースで患者様が渋滞しないようにする配慮や、暗室内検査への患者様の誘導など、計画時にしっかり確認することが大切です。

また、眼科クリニックで白内障など日帰り手術に対応できる施設を併設する際は、手術室や手術前室、準備室、リカバリールームなどが必要になり、デザインの構成がさらに複雑化するので注意しましょう。

武内デザイン事務所でできること

◎武内デザイン事務所は医院デザイン実績100件を超える経験を生かして
ドクターが願う最高の医院の設計いたします。
開業後のドクターからのクレームがゼロを続けられているのは、スタッフ・協力業者との連携があってこそだと思っています。
デザインワークだけではない、”Something else”を常に追及しています。

◎ 医院設計、クリニックデザインにおいて武内デザイン事務所が大切にしているポイントが4つあります。

1, 入りやすいクリニックを設計する事
2, 患者様が落ち着ける空間をデザインする事
3,「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
4, ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

良い設計事務所とは、この4つの内容で「ドクターの医療活動を後ろから押してお手伝いするようなもの」
だと武内デザイン事務所は常に考えています。

◎ 患者様が快適に過ごせる空間を造るという事はもちろんですが、
ドクターやスタッフも快適でストレスなく働ける空間を造る事も同じぐらい大切な事だと思います。

同じ「コスト」で、最高の「結果」を出す

◎ 予算内でどれだけ良いクリニックをデザインできるかでデザイナーの能力が決まると思います。設計事務所にも同じことが言えます。
(同じコストの素材を使っても、コーディネイト次第で見え方が全然変わります)
当たり前の事ですが、ただ「良いデザインができる」というだけではなく
「デザインをしながら同時に工事コストも調整する」というバランスの取れたデザイナーが
本当の意味で優秀なデザイナーであると言えるでしょう。