産婦人科・小児科の医院設計のポイント

医院設計を行う際に注意しておきたいポイントは、診療科目によっても変わってきます。

そこで今回は診療科ごとの医院設計のポイントについて解説していきます。

産婦人科の医院設計ポイント

最近の産婦人科は、豪華なホテルのロビーのようなラグジュアリーな空間デザインのようなものが増えてきていますね。

産婦人科に来られる患者さんはの多くは病人ではなく、不安や期待を持って来ている方がほとんどです。
そのため産婦人科ならではの気遣いや特徴があります。

妊娠・出産という夢がある医院であるため、ドクターやスタッフの対応だけでなく、建設の面でも患者さんが安心できるような配慮が必要となります。

では産婦人科での各ポイントについて解説します。

①病室

ドクターの意向によって豪華ホテルのようなものであったり、アットホームな雰囲気の病室などに分かれます。

産婦人科の病室は母子同室の場合もあり、テレビや冷蔵庫などのサービスも必要となります。
酸素や分娩監視装置などの設備端末も多く、ベビーコットや家族用のソファーなども置くため、スペースが必要であり、上手くレイアウトしなくてはなりません。
特別室の場合はトイレ付やシャワーの設置が必要となる場合もあります。

そのため、設計前にどれだけリアルに診療のイメージが出来るかが重要となります。

②LDRルーム

LDRとは陣痛から分娩、産後回復までを同じ部屋で過ごす出産の方法のことを言います。
お産の進行によって部屋を移動する必要がないため、精神的にも肉体的にも妊婦さんにかかる負担が軽くなるようです。

③ナースステーション

産婦人科のナースステーションは、新生児室と隣接して監視がしやすいように配置する必要があります。
また、患者さんや家族の方も来られ、夜間の対応も必要となるため分かりやすい場所であることが求められます。

ナースステーションは医療施設の管理部分にもなるため、監視カメラモニターや自火報設備、インターホンモニター、ナースコール機器などの様々な設備機器が壁に並ぶため配置も重要となります。
特にオープンタイプのナースステーションでは壁に目がいくため、整理整頓された配置になるようにしましょう。

④新生児室

新生児室は助産師の監視が必須となるので、ナースステーションに隣接した配置となります。

コットと保育器が置かれたガラス張りの部屋ですが、安全性を考慮してフィルムを貼る必要があるでしょう。
また、新生児室の出入り口はロールスクリーンも設けるようにしましょう。

ガラス越しに新生児と対面する場でもあるので、キッズ用の内装である場合が多く、産婦人科の中でもほのぼのとした温かい場となります。

⑤ダイニングルーム

産婦人科では、入院されている患者さんの食事は部屋でとる場合と食堂のようなダイニングルームでとる場合とで分かれます。

食事内容も産院選びのポイントになる部分ですし、中にはしっかりと調理師を雇った食事を用意するところもあります。
産婦人科に入院される方は病気というわけではないので、ダイニングルームの方が気分転換に良いかもしれませんね。

ダイニングルームでは入院している方同士の交流の場ともなるので、ウォーターサーバーやコーヒーサービスなどもあると嬉しいですね。

小児科の医院設計ポイント

小児科の開業は口コミが取りやすいい診療科となります。

インターネットやスマートフォンを意識した戦略をとれば比較的早い段階から軌道に乗せることが可能ですが、逆をいうとネガティブな口コミも広がりやすいため、クリニックの清潔感や待ち時間に注意する必要があります。

①予約システムの導入

小児科に来られるお子さんの親御さんは、「自分の子供が体調を崩している時に待たされる」という状況にとても敏感になります。
そのストレスを回避するためにスマートフォン対応のインターネット予約システムを導入することをおすすめします。

医院の待合室で待たされるより、家やクリニックの駐車場で順番を待っているようにするだけでも待たされているという感覚は軽減されますし、院内感染の予防にも効果があります。

②住宅地での開業、駐車場あり

小児科に来られる方はお子さんと付き添いの親御さんであることがほとんどです。

自分の子供が体調不良となってしまった時の親御さんの気持ちは「早く自分の子供を診て欲しい」という気持ちでいっぱいなので、駅周辺の混雑した遠い場所よりも、マンションや住宅地の集まった閑静なエリアの方がおすすめです。

また、車や自転車でお子さんを連れてくる方がほとんどなので、十分なスペースを確保した駐車場・駐輪場が必要となります。

③隔離室を設置する

郊外や地方で比較的広い土地を確保した診療所の場合、隔離室を設けることをおすすめします。

クリニックにもよりますが、おたふくかぜや麻疹、風疹、水痘など感染性の強い病気の患者さんは入口から分けることもあります。
隔離室を設ける場合は、受付のスタッフを呼び出すインターホンも必要になります。

④靴履き替えの有無

床に座り込んでしまうお子さんや汚れた靴を履いているお子さんも居るため、玄関で履き替えをするクリニックが多いです。
履き替える場合は、紫外線滅菌機付収納ケースで滅菌したスリッパを用意するか、床暖房を入れて裸足でも寒くないようにするかといったことが必要でしょう。

⑤キッズルームの有無

今まではキッズルームを設けるクリニックが多かったですが、子供同士の喧嘩や感染防止の点から、現在ではキッズルームを設けていないクリニックも増えています。
その代わり待ち時間短縮のための予約システムやスタッフ教育に力を入れるクリニックが多いです。

キッズルームを設けないぶん、お子さんだけでなく親御さんも喜ぶような雰囲気づくりを心がけましょう。

例えば絵本やちょっとしたおもちゃ、消毒液などを設けたり、待合室のソファーや椅子などのデザインを工夫してみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

産婦人科・小児科ともに他の診療科とは少し違った特性があり、設計段階のうちにどれだけリアルに診療のイメージができるかどうかで大きく左右されます。

武内デザインオフィスでは、医院デザイン実績100件を超える経験を活かして最高のクリニックの設計をします。
開業後のドクターからのクレームゼロを続けられているのは、ドクターやスタッフ・協力業者との連携がうまくとれているためです。

理想のクリニックづくりを武内デザインオフィスで行ってみませんか?

医院リフォームを成功させるために押さえておきたいポイント

すでにご自分のクリニックを持っていられる方でも、さらに理想的なクリニックにしたいと考えている人は多いです。

心地よい空間であれば、自ずと人が集まってきます。
クリニックを見直して患者さんやスタッフ、ドクターが過ごしやすい快適な空間を作ることは、医院経営の安定にも大きな影響を及ぼします。

もちろん一番大切なのは診療方針となりますが、リフォームが経営の転機となることは珍しくありません。

そこで今回はリフォームを考えている方に参考にしてほしい医院リフォームを成功させるためのポイントについて解説していきます。

医院リフォームを成功させるためのポイント

①スムーズな動線を考える

医院リフォームで考えなくてはならない動線は2つあります。
それは、患者さんが通る「表動線」とドクター・スタッフが通る「裏動線」です。

表動線をスムーズにするポイントは「回遊性」を持たせることです。
回遊性を持たせるということは、待合室から診察室、処置室、検査室、再び待合室に戻るという一連の過程において、円を描くように流れをつくるということです。
円のような流れをつくると移動に無駄がなくなります。

一方でドクター・スタッフの動きをスムーズにする裏動線も重要になります。

裏動線を効率よくさせるには、表動線とは異なり、中心から「放射状に伸びるような動線」にすることがもっとも理想的です。
診察室を中心に処置室、検査室、受付が放射状に繋がり、それらの部屋が通路で結ばれることで移動がスムーズになります。

②合理的な設備計画

医療機器の選択は、実は設計上で肝と言っても過言ではないくらい重要なポイントです。

どのような機器を使用して、それを誰がどのように使うのかを具体的に見なければ実際の動きをシミュレーションすることが出来ず、合理的にレイアウトを考えることが出来なくなるからです。
さらに機器の配置によってコンセントの位置や数まで考えなければならなく、データをネットでやり取りするクリニックをであれば無線LAN配線まで考慮しなくてはなりません。

そしてもう一つ大事になるのが照明です。

診療室は皮膚の色などがはっきり識別できるよう、直接照明と間接照明を組み合わせてより自然に近い色を出すことが必要になります。
最近では明るいLEDが普及しているので診察室におすすめです。

③患者さんへのホスピタリティー

医療は対人である以上、少なからずサービス業の側面があり、ホスピタリティも重要となってきます。

ホスピタリティとして必ず押さえておきたいポイントは患者さんがくつろげるような空間的配慮です。
より良い診療環境を整えるだけでなく、診療とは直接的な関係のない待合室やトイレなども快適に過ごせるように工夫をしたいところです。
トイレは患者さん用とスタッフ用を別々に設けて、患者さん用のトイレは待合室の近くに設置しましょう。

例えば、待合室はリビングルームのような温かみのあるデザインや照明を使い、さらにBGMによって視覚・聴覚ともに心地よい雰囲気づくりが可能です。

そういった工夫から患者さんはクリニック側の心遣いを感じ取り、心地よく過ごしてもらえるのです。

また、医院は公共性の高い建物であるため、外観も街並みから外れないように調和された親しみやすいデザインが好ましいです。

④診療別のコツを押さえる

上記の他にも、それぞれの診療科によって異なるポイントがあります。

例えば内科なら、他の科に比べて比較的患者数が多いため、出来るだけ患者さんを待たせないようにする工夫が必要です。
診察室を2か所設けて交互に使うことなど、診療を効率的に出来るようなプランが必要になります。

一方、小児科の場合は外観のデザインから院内のインテリアまで親しみやすい色使いのデザインや、おもちゃや絵本を用意するなどの工夫があると望ましいです。
また子供には必ず付き添いの方が居るので、待合室は広めに設け、椅子なども多めに配置する必要があります。

⑤段差のないアプローチと出入口

クリニックの入口には、車いすの方でも入りやすいようスロープを設置するようにしましょう。
出入り口の段差もなくしバリアフリーにするのも基本的なポイントです。

今までは入口で中履きに履き替えるクリニックが多かったですが、最近では土足のまま出入りできるようにしているものが主流になります。

⑥色彩計画で印象を変える

クリニックの設計で重要となるのは動線や安全・清潔感など「医療を行う場として機能的で効率的な空間」であることが求められてきました。

しかし白や青一色に統一された無機質な空間でいかにも病院といった空間が苦手といった人が多いのも事実です。
そのため、最近では機能性や効率性に加えて「親しみやすい安らぎを感じる空間」であることが求められています。

特に地域に密着した形の小さな個人医院であれば、触れ合いや安らぎといった点はとても重要になります。

そこで重要になるものが「色彩計画」です。
白や青一色で統一するのではなく、ピンクやグリーンなど気持ちを落ち着かせてくれる色を使うことや、木目調の床材にするなどの工夫のことを言います。

その医院らしさを色で表すことも出来るので、医院のイメージカラーを基調にデザインするクリニックも増えています。

設計士だけでなくカラーコーディネーターにも同席してもらうと、色による効果について詳しく教えてくれるのでおすすめです。
ソファーや観葉植物、壁に飾る絵なども印象を左右するため、素材の組み合わせも考えてみましょう。

まとめ

住宅などの一般的な建築と比べて医院のデザイン・リフォームはその分野ならではのノウハウが求められます。
したがって建設会社にはそのクリニックがどのような診療コンセプトを持って、どれだけのスタッフが働き、どの医療機器を使って具体的にどんな動きで診療を行うのかなどをリアルにシミュレーションできる力が重要となってきます。

反対に、医院デザインの実績が豊富にあり十分なノウハウを有している会社であれば最新の医療機器なども含めた幅広い知識を持っているため、アドバイスも可能で強い味方となってくれます。

経験値がものを言う分野でのリフォームだからこそ、会社選びは重要となります。

 

武内デザインオフィスでは同じコストで最高の結果を出すことを掲げています。

予算内でどれだけ良いクリニックをデザインできるかでデザイナーの能力は決まります。
同じコストのかかる素材を使っても、デザインやコーディネート次第では見え方が変わってきます。

当たり前のことですが、ただ良いデザインを作るだけでなく、デザインしながらコストも調整することが出来るバランスの良いデザイナーであることが本当の意味で優秀なデザイナーであると言えます。

デザインワークだけではない”Something else”を常に追及していきます。

医院設計の依頼先を賢く選ぶポイントとは?

自分のクリニックを開院しようと考えた時に、どの業者に依頼をするか悩みますよね。

医院設計を依頼する場合、大きく分けて3種類の業者があります。
今回はそれぞれの特徴とメリット・デメリットについて紹介します。

3つの業者

ではそれぞれ見ていきましょう。

①建設会社

まずは建設会社です。
建設会社は医院設計・施工を一貫して受注してくれることが特徴です。

【メリット】

  1. 設計・施工を一貫して依頼できるので手間がかからない
  2. 良い建設会社を選べばお任せでの設計も可能

【デメリット】

  1. 依頼する段階では図面がないので、工事費を他と比較検討することが困難
  2. 工事監理も一貫して行うため問題のない工事が行われているか確認が取りにくい

工事費用に関しては概算で比較検討を行うことはできますが、あくまで概算となってしまうので、詳細な設計を行っていくうちに予算にどんどん追加料金がかかってくるといった可能性もあります。

また、設計を行う建築士の方は建設会社内の建築士か外注の建築士が行うため、自分で建築士を選ぶことはできません。

さらに、基本的には医院以外の工事を行うことが多いので、医院・診療所の不慣れな場合もあります。
こちらも工事に関しては素人であるので、良い建設会社であるかどうかを判断するのは難しいかもしれませんね。

②ハウスメーカー

次にハウスメーカーです。
ハウスメーカーも医院設計・施工を一貫して受注してくれるところがあります。

【メリット】

  1. 設計・施工マニュアルによってある程度の品質が保たれている
  2. 遮音性や構造など独自の仕様を持っているところもある
  3. 設計・施工を一貫して依頼できるので、手間がかからず、支払いも別々にならずに済む

【デメリット】

  1. 同じ建設条件で比較することが難しいため、工事費用が妥当であるか判断しにくい
  2. プレハブ系のハウスメーカーの場合、プランに制約がある場合がある
  3. 認定工法のため、将来増改築をする際に対応が困難な場合もある

ハウスメーカーの場合も、設計と施工を一貫して行ってくれるため、客観的な工事監理チェックが難しくなっています。

また、基本的に住宅の設計を行っている建築士であるため、医院設計は不慣れな場合があります。

 

③建築家・建築士・設計事務所

最後に設計事務所などに依頼するケースです。
医院設計を建築家・設計士・設計事務所に依頼して、工事を建設会社に依頼する方法となります。

【メリット】

  1. 自分で気に入った建築家・建築士・設計事務所を選ぶことが出来る
  2. 優秀な建築家・建築士・設計事務所を選べば、スタッフや患者さんが使いやすい理想的な医院を建てることが出来る
  3. 建築士が書いた図面で各建設会社に見積もりを出してもらい、比較検討が出来る
  4. 建築家・建築士・設計事務所が自分と同じ立場で工事を監理してくれる

【デメリット】

  1. 設計料、工事費用を別々に支払う必要がある
  2. 別々に依頼をするため料金が高くなる可能性がある

設計事務所が依頼主の代理人として、設計図の作成・申請業務・工事監理などを行ってくれます。
工事費の見積もりを査定して場合によっては減額。設計変更などの工事費用調整を行い、適切な施工会社を選定してくれます。

賢く業者を選ぶポイント

では次に、どうやって依頼する業者を選べばいいのか、4つの方法をご紹介します。

①面談などで選定する

まずは、面談などを行い選定する方法です。

営業担当だけでなく、設計の統括責任者や主任担当者との面談やヒアリングを中心に、会社概要や実績も聞けるといいでしょう。

②プロポーザル方式で選定する

プロポーザル方式とは、具体的に計画提案を行うのではなく、依頼の案件に対する発想や解決方法などの提案を審査して設計者を選ぶ方法のことです。

ただ面談を行うのではなく、依頼案件の関わる実施体制や実施方針などを聞き、判断するようにしましょう。

③計画提案付プロポーザル方式で選定する

②の方法に加えて、少し具体的な提案を求めることで判断する方法です。

面談で良い印象を受けた設計者さんであれば、もう少し深くまで入った具体的な話をしてみるといいでしょう。

④設計競技方式で選定する

最後に、具体的な設計案を見て選定する方法です。

プロポーザル方式が「設計者」を決める方法であれば、設計競技方式は「計画案」を決める方法と言えます。

注意すべきポイント

医院設計をする際は設計を進めていくうちに、医院側の意向などでコストが膨れ上がってしますことが多々あります。
予算よりお金がかかってしまった要因がはっきりしていて、合意の上であれば問題ありませんが、なぜコストがかかってしまったのか分からないといったケースも多いです。

では、予算超過にならないためにはどうすればいいのでしょうか?

対策としてはまず、基本となるプランや医院の仕様などの計画案の概要を出来るだけ詳細に提示してもらうことです。

次に、その計画案に沿った見積もりを出してもらいましょう。
その見積書は、数量×単価が分かるような形で出してもらうとなお良いです。

このような対策を取ることで、あとあと設計に変更が生じた際、どの部分が変更になって見積金額が変わったのかが分かります。

建設中にコストが膨らみ始めたら、当初の計画や仕様などを見直してコスト削減が可能な部分などを洗い出し、調整していくことも可能となります。

まとめ

医院設計は、通常の住宅などの建物に比べて難易度が高くなります。
それは、様々なスタッフの方が働いている複雑性や診療方針改定などの変化が多いこと、院内感染を防ぐための設計などを設計計画の中に盛り込まなくてはいけないためです。

ですので、設計を依頼するパートナーを選ぶ基準はとても重要となってきます。

大事なパートナー選びですので、様々な視点で評価できるよう、なるべく多くの情報を仕入れて総合的に見ることをおすすめします。

 

武内デザインオフィスでは以下の点を大事にしています。

  1. 入りやすいクリニックにすること
  2. 患者様が落ち着ける空間をデザインすること
  3. 「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックをつくること
  4. ドクターやスタッフが気持ちよく働けるクリニックをつくること

100件以上の医院設計の実績を活かして最高のクリニック造りをお手伝いします。

開業後のドクターからのクレーム0を続けていられるのは、デザインだけでなくスタッフや協力者との連携があってこそです。

患者様が快適に過ごせる空間はもちろんのこと、ドクターやスタッフのことまで考え快適に働ける空間づくりをしております。

患者さんに合わせたクリニックデザインとは

クリニック・医院の設計をするためには、施工や設備などの専門性の高さのみならず、医師はもちろん患者さんやスタッフから見ても最適であるデザインをプランニングする必要があります。

医師やスタッフの皆様が快適に働くことができるデザインであることは大前提ですが、どこか体調の優れない状態で不安な気持ちで来院する患者さんに合わせたクリニックデザインをするということも見逃してはならない重要なポイントです。

今回は武内デザインオフィスが医院設計・クリニックデザインをするにあたって大切にしている4つのポイントの中から 『患者様が落ち着ける空間をデザインする事』に焦点を当て、患者さんに合わせたクリニックデザインについて詳しくお伝えします。

”患者さんに合わせる”ことの重要性

クリニックや医院では、私たち人間の健康を預かる医療行為が行われていますので、当然来院する患者さんはどこか体調の優れない方ばかりです。

多くの方が「先生に治してもらおう」という気持ちでクリニックを訪れます。

クリニックや医院は身体のどこかを治療する場所ではありますが、同時に心の不安を取り除く場所でもあるのです。

できれば病院に行きたくないという風に思う方も多いでしょう。どんな方でも医院の扉を開ける不安は存在するものです。

インターネットなどを中心に膨大な情報が溢れる現代の医院を選ぶ難しさは、身体の不調に悩む患者さんの不安を増長しています。

その不安をなるべく軽減することも、クリニックデザインの大きな役割の一つなのです。

医療施設であるという前提のもと、医師やスタッフのみなさまが働きやすい環境を整えるための機能性や効率性を実現するのと同時に、外観・レイアウト・内装・雰囲気など、患者さんに合わせたクリニックデザインを提案することによって、患者さんの不安をできるだけ安心に変えることが出来ればと考えます。

患者さんに合わせることの難しさ

患者さんに合わせると言っても、患者さんの感じ方には個人差があるので難しいところです。

例えば従来のクリニックにはなかった高級感溢れるデザインや華やかで美しいデザインにした場合、中には緊張してしまう患者さんがいらっしゃるかも知れません。

そういった空間でも患者さんが緊張せずに済むように、安心して貰うことができるようなデザインにするということは、つまりは医師やスタッフのみなさんの心遣いが更に引き立つデザインにするということでもあるのです。

華やかで美しい空間を創造するだけでなく、医療機器の配置やスタッフや患者さんの動線を考え、安心感のある雰囲気を作るための細やかな配慮が必要となるのです。

患者さんが安心できるクリニックデザインとは

人の健康を預かっているクリニック・医院の空間を作る際には、機能性とデザイン性を兼ね備えた快適な内装をデザインすることが必要不可欠です、

診療科目や来院する患者さんの層、合わせた医院設計をするということは患者さん目線を徹底するということです。患者さんにとって安心感がある居心地の良いクリニックになれば、継続して通う患者さんを獲得することにも大きく貢献します。

今回は例を挙げて患者さんに合わせたクリニックデザインをご紹介します。

1.幅広く愛されるクリニックデザイン

クリニックデザインのイメージが幅広い世代に馴染み、万人に受け入れられることが大切です。

自然を意識した空間作り、汎用性の高いバリアフリー設計などを行うことにより、お子さまからご老人、男女問わず多くの患者さんが快適だと感じやすい環境となるようなデザインをご提案します。

患者さまが診療に専念することができるよう、動線を考慮し、設備の配置など隅々まで気を配る必要があります。

老若男女問わず来院される歯科や内科など、さまざまな診療科目を持つクリニックに適した設計を行うことができます。

2.居心地の良い空間・快適な設計のクリニックデザイン

 

医院設計をするにあたって、法規・設備上で空間的にさまざまな制約があります。

しかし制約がある中でも、解放感のある高い天井にすること、照明の位置やデザインを工夫すること、診察室をゆったりとした空間にすることなど、さまざまな形で患者さまにやすらぎを与えることができます。

また、子連れの方が快適に利用することができるように、待合室や受付から目が届く範囲に広めのプレイルームを設計することもできます。

小児科や小児歯科に注力しているクリニックや、小さなお子様がいらっしゃるファミリー層が多い地域にあるクリニックでも快適な空間を作ることができるのです。

3.女性患者さんの多いクリニックのデザイン

 

 

女性患者さんが来院されることが多い婦人科や美容皮膚科や美容外科などのクリニックデザインにおいては、女性目線の空間デザインであるということが大切です。

女性が安心して快適に過ごすことができるように工夫して空間をデザインすることによって、カップルでの利用や家族での利用にも繋がっていきます。

女性のための設計にするのであれば、女性の平均身長などを考慮し、目線の高さを意識したレイアウトを心がけることはもちろん、腰掛けたときの目線の高さ、テーブルなどの高さまで細かく意識することでより良いクリニックデザインが生まれます。

また、治療の際にどうしても発生してしまう機械音などを遮断するなどの工夫をして快適さをアップさせることや、プライバシーの確保を徹底することも大切です。

まるでホテルのように高級感があるデザインにするなど、診療科目に応じてイメージを変えてデザインすることができます。

患者さん目線になるということの細かな配慮の積み重ねが、患者さんにとって過ごしやすい環境の提供となり、ドクターと患者さんとの信頼関係にも繋がると言えます。

 

患者さんが行きたくなるようなクリニックに

武内デザインオフィスでは、患者さんにとって居心地が良く快適に治療を受けられる環境づくりをご提案しています。

同じコストの素材を使っても、コーディネート次第で見え方が全く異なるように、医師目線、スタッフ目線、患者さん目線というように、視点を変えてみることによって最適なデザインが異なります。

どちらからの目線で見ても快適なクリニックデザインを行うことができれば、思わず行きたくなるようなクリニックを作ることができるのです。

医院設計を考えている方へ。記憶に残るクリニックづくりについて

はじめに

皆さんはクリニックに対してどのような印象をお持ちでしょうか?

治療行為そのものは決して楽にできるものではありませんし、少なくとも体の不調を感じているからこそ病院に行くわけで、良い印象を持っている方の方が少ないのではないでしょうか。

特に歯医者さんに関しては、幼少期にトラウマを抱えてしまった方もいるとよく聞きます。

クリニック特有の薬品のにおいや、歯を削る音、他の小さい患者さんの泣き声など。特に治療には痛みを伴うこともあるためできれば行きたくないという方も多いと思われます。

では、悪い思い出や印象でしかクリニックの記憶に残らないのでしょうか?

私はそうは思いません。

悪い印象を抱かせる前に、楽しくてまた来たいと思わせるようにするべきだと考えます。

ではどのようにしてそう思わせるのでしょうか。

今回はそういったことを中心にお話したいと思います。

クリニックのコンセプトを知る

自由診療をメインにやられているクリニックに関しては、技術はもちろんその院の雰囲気も非常に重要になっています。

審美系のクリニックに関しては、患者さんはこれまでの自分を変えたい、新しい自分に生まれ変わりたいといった目的で来られます。

そのため、院内は非日常の空間を演出したり、高級感・清潔感・おしゃれといったデザインが多く採用されます。

まずはどのような患者さんが多く来られるか、その上でどのような治療をするかをヒアリングし、コンセプトを伺います。

そこの認識にずれが生じてしまいますと、患者さんは非日常の自分を求めて治療をしに来たのに所謂普通のクリニックのデザインであればどう思われるでしょうか?

日常を思い出してしまい、このクリニックで本当に新しい自分、生まれ変わった自分になれるんだろうか・・・と、考えてしまうことでしょう。

先生の腕は確かなのに、そのように雰囲気が合わないということで継続して来院されないというのも珍しくありません。

そのため、打ち合わせ段階で医院のコンセプトをしっかりと聞き出し、その希望に沿った最善のご提案を心がけています。

 

患者さん目線でデザインを決める

医院のコンセプトが必ずしもすべての患者さんに受け入れられるわけではありません。

患者さんにとっても医院にとっても気持ちよく利用できるデザインを提案する必要がありますが、そこが難しいところでもあります。

そんな時は、患者さんの記憶に残るようなデザインを提案しましょう。

記憶に残るといっても、ただインパクトが強ければいいというわけではありません。

なんのためのデザインなのか、そして機能性も考えられているかといったことが重要になります。

 

こちらは歯科クリニックのキッズルームになります。

お子様の患者さんは歯医者となるととても不安に感じ、行くだけでもとても大変なのに治療中も中には嫌がって動いてしまうお子様もいます。

しかし、このような遊べる空間があれば次回の来院もすんなりと通ってくれるようになります。

お子さん、は歯医者さんは遊ぶところで嫌な場所ではないと記憶し、それが大人になって歯が痛くなっても我慢せずに歯医者さんに治療を受けに来てくれます。

放置を続けて治療が大変になるといったことは無くなり、患者さん、病院双方に対してメリットがありますね。

 

こちらは美容外科の待合室ですが、それぞれの椅子に仕切りを設けてプライバシーを守り、その仕切りにはミロのビーナスのシルエットがあります。

高級感を出しながら女性らしくかわいらしい雰囲気を演出したことにより、これから変わっていく自分をイメージしやすくなり、こちらもリラックスしつつも記憶に残るようなデザインを意識しました。

 

このように、デザインのインパクトのみで記憶に残しても実際の患者さんやクリニックにとっては何の意味もなく、どのような結果が欲しいのか、また、クリニックのコンセプトを反映させつつ患者さんにとってちゃんと意味のあるものかをデザインすることがとても重要になっています。

 

病院を癒しの場としてデザインをする

病院はその特性上、どうしても治療が苦痛を伴うこととして記憶に残ってしまいます。

しかし、その治療の先にまた元気な自分の身体を取り戻せた時に、来てよかったと思っていただけるよう、記憶に残るようなデザインがここでも重要になります。

 

 

緑は人が最も癒しの色として認識しているものであり、その色を院のカラーにすることにより治療前の不安を軽くし、治療後の晴れやかな気分をより一層高めてくれます。

 

何か模様に見えていても、近づいてみたら感じの「森」と書いてあるような遊び心も時には患者様を癒してくれます。

 

まとめ

人は嫌なことほど記憶に残りやすく、それが長期的に続いてしまいます。

治療が痛かった・具合が悪いのに待たされた・思ったような結果が得られなかったなど、不満に思われる要因はいくつかあるでしょう。

そんな時に、インパクトだけ大きいデザインを見せられてしまったらそれが嫌なことの象徴になってしまいますます患者さんの足は遠のいてしまいます。

しかしそこに少しでも癒しの要素や楽しいと感じられる要素があれば嫌なこととしての記憶には残りづらいでしょう。

インパクトももちろん大事ですが、奇をてらったものはその場限りの印象になりやすいため、患者さんにどういう風に記憶していただきたいかを明確にし、クリニックのコンセプトを理解した上でベストな提案を心がけています。

癒しの場と提供すること、それが患者さんにとってもクリニックにとっても最善なものになることが重要です。

 

武内デザインクリニックでは以下の4つについて重視しております。

 

  1. 入りやすいクリニックを設計する事
  2.  患者様が落ち着ける空間をデザインする事
  3. 「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
  4.  ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

 

ご自身の持つテーマに加え、ご予算を考慮した上でより良いクリニックの設計を致します。

 

【医院設計】待合室づくりの際に気を付けるべきポイント

はじめに

みなさんはこれまでに一度は病院に足を運んだことがあるかと思います。

病院に行くということは多少なりとも不安な気持ちを持ち合わせていることでしょう。

病院の設計において、来院された患者さんが診察を待つ間少しでも不安な気持ちを柔らげ、リラックスした状態で待機できる環境を作ることに重点を置くことがあります。

また、小さなお子さんを連れている方や、患者が小さなお子さんの場合でもそれぞれに適した環境というものがあります。

今回はそういった病院の待合室を作る際に、気を付けるべきポイントを患者さんの目線も交えながらお話していきます。

 

対象によって待合室のコンセプトを変える

まず、病院という施設は一部の総合病院を除き、それぞれの診療内容によって独立している場合が多いです。

歯科・内科・外科・小児科など、やはりそれぞれ来院される患者さんの特徴も異なってきます。

 

お子さんも来られる場合

まず、歯科クリニックや小児科を併設されている病院は大人の患者さんだけではなく、小さなお子さんも同時にいらっしゃいます。

待合室づくりの基本である「患者さんがリラックスできる空間」を考えるのと同時に、お子さんに対する配慮も忘れてはなりません。

小さな子供は体に不調を感じると、これまで経験したことのない痛みや苦痛から大人の感じるストレスよりもはるかに感じやすいことでしょう。

治療そのものはする側もされる側も決して楽なものではなく、そういった経験から病院とは特別な場所なんだと思わせないようにする必要があります。

そうするためには出来るだけ日常に近い空間であり、かつ楽しい場所でなくてはなりません。

おもちゃで遊べるコーナーを作成したり、小学生くらいの患者さんが多く来られる医院であれば、ケガをしにくいように床材にクッション性のあるものを使用したりなどの配慮が必要となります。

また、お子さんの患者だけでなくその保護者にとっても使いやすい空間でなくてはなりません。

ベビーチェアやベビーベッドなどを設け、急な対応や受付作業をスムーズに行えるように配慮したり、もちろんトイレ内にも設置をします。

付き添いの親御さんへの配慮も重要になります。

 

その他医院の待合室

これまでは主にお子様に対しての待合室づくりをお話しましたが、それ以外の大人の方が利用する医院の待合室はどのように設計するべきでしょうか。

前述したように、待合室は患者さんの不安を少しでも解消し、リラックスの出来る日常に近い空間設計が重要になります。

しかし、医院のコンセプトによってデザインは大きく変わってきます。

清潔感を重要視しているクリニックは青を基調とし、シンプルなデザインを好まれます。

また、美容外科や自費診療をメインとしているクリニックでは高級感があり、オシャレで落ち着いた雰囲気のデザインが多く採用されています。

来院される患者さんの目線に立ってみると、決して安くない治療費をかけて自分自身を変えたいと思い来院しても、デザインが普通で特別な空間だと認識されなければいくら先生の腕は確かでも説得力に欠けてしまいます。

患者さんは何を求めて来院されるのか、また、医院のコンセプトをしっかりと汲み取り双方にとってメリットのあるデザイン設計が重要です。

 

バリアフリー対策

病院の性質上、バリアフリーな空間が必須となります。

身体が不自由な方や、ケガにより動きが制限される方、体調が優れず思ったように体を動かすことができない方など様々な方がいます。

手すりやスロープ等を各所に配置し、制限された動きの中でも楽に動作ができるようにします。

また、車いすを利用される方も当然いますので、そういったことも考慮し、段差は排除しスムーズな移動ができる床を確保します。

そういった方が多く利用され、また、今後高齢者が増加傾向にあることも考慮してリフォームの段階でバリアフリーな院内設計を採用される医院も多くなってきています。

ひと昔前でもバリアフリーは採用されていましたが、スロープの角度が急であったり、トイレ内のバリアフリー化が充実していなかったりなど、逆に負担が大きくなることもありました。

しかし現代では、そういったことは極稀で、どのような方でも楽に利用できる設備が充実してきており、子どもからお年寄りまで気持ちよく利用することが可能です。

 

使い勝手の良さ

院内を利用するのは患者さんに限らず、多くの医療従事者も利用しています。

とても忙しく院内を移動することも多いですが、部屋と部屋とを結ぶ導線をしっかりと作らなければ現場では思わぬ事故に繋がったり業務に支障をきたしてしまいます。

そうならないためにも、そこのクリニックではどのような人の流れがあるのか、また、現状の改善したいポイントというのもヒアリングをしなければなりません。

クリニックに限ったことではないですが、デザインに関しては見た目も重要ですが、それと同じくらい機能性にもこだわらなければなりません

その2つが両立してこそ設計というものは成り立つのです。

 

まとめ

現在様々なクリニックがあり、そのコンセプトも多種多様です。

院内デザインの設計において気を付けなければならないことは、医院のコンセプトをしっかりと反映させて、患者さんが気持ちよく利用できる施設というのが基本です。

しかしその基本が一番難しく、医院がやりたいこと、出来ること出来ないことと、患者さんが求めるもの求めないものをすり合わせることが最も大変なことです。

そのためにはデザインする医院にしっかりとヒアリングをし、詳細な打ち合わせを経てデザインをしていきますが、中にはイレギュラーなこともあります。

そういった時にこそこれまでの経験と知識を活用し対応していくことで希望をかなえていきます。

武内デザインクリニックでは以下の4つについて重視しております。

 

  1. 入りやすいクリニックを設計する事
  2.  患者様が落ち着ける空間をデザインする事
  3. 「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
  4.  ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

 

ご自身の持つテーマに加え、ご予算を考慮した上でより良いクリニックの設計を致します。

患者様やスタッフの視点から考えるクリニックのデザイン

 

何を意識した医療設計を行うか

医療設計をする際に意識することは人によって様々だと思われます。

しかし、”人が集まるクリニック”において共通して言えるのは、やはり「患者様が快適に過ごせる空間を提供できているか」、そして「そこに勤務するドクターやスタッフが気持ちよく働ける環境であるか」ということです。

そのため医療設計を行う際は、以上の点を考慮した上で予算やデザインを決定していくと良いでしょう。

では、患者様にとって必要な空間、スタッフが理想としている環境とは具体的にどのようなものなのでしょうか。

今回はそれぞれの目線から求めているものについての解説を行っていきます。

 

患者様が求めるもの

まずはクリニックに来院される患者様が求めているものについて説明していきます。

患者様が必要としているのは主に以下の3つです。

 

快適に過ごせる空間

そもそも患者様がクリニックに来院する理由は「体の不調を治してもらうため」です。

自分の体に関することですから、当然不安な気持ちを抱いているでしょう。

そのため、医療設計を行う際に提供すべきなのは、そんな患者様の不安感を減らすことのできる快適な空間であると言えます。

これまでは”クリニック=暗い”というイメージがありましたが、最近ではぱっと見ただけでは医療機関であると分からないようなオシャレなデザインのクリニックが増えてきていますよね。

 

ここで今までの施工例をいくつか紹介させていただきます。

 

(明海こどもクリニック)

 

(フローイーストクリニック増床(小児科))

 

【Before】

【After】

(グリーン調剤薬局)

 

以上の施工例を例に挙げて説明させていただきますと、「緑」という自然を彷彿とさせるカラーは、気持ちを落ち着かせる効果があります。

また、小さいお子さんにとってクリニックというのはとても怖いイメージがあるものです。

しかし、壁紙を無機質なものから「海」という壮大さをテーマにしたものに変えるだけでも、お子さんが抱く恐怖感を軽減することができるでしょう。

そして「青」にも緑と同様に気持ちを落ち着かせるという心理効果があるのです。

 

グリーン調剤薬局では、クロスや照明、床材の交換を行いました。

リフォーム前は、白い色調が強く冷たいイメージが強い空間でしたが、暖色系で丸みのあるボールランプを取り入れることで暖かみのある空間へと変わりました。

 

患者様にとっての快適な環境造りにおいて大切なのは、スタッフの対応などもそうですが、クリニックの見た目でもあると考えております。

なぜならば、人は見た目で様々なことを判断するからです。

クリニックで言えば、初めて来院される患者様は特に、外観で病院の信頼性や清潔感、技術などをはかります。

また、ドクターやスタッフと患者様の信頼関係を築くためにも、このようなリラックスのできる空間造りは大切です。

安全性

先程も述べた通り、患者様は体の不調を治すためにクリニックに来院されます。

当然、「安全性」は重視されるポイントの1つであると言えるでしょう。

クリニックにおける安全性とは、動きやすい間取りやバリアフリー(段差の解消や手すりの設置)など多岐に渡ります。

このような細かな配慮の積み重ねが、患者様にとって過ごしやすい環境の提供となり、ドクターと患者様との信頼関係にもつながると言えます。

 

(Sデイサービス)

 

プライバシーの保護

プライバシーの保護も意識しておきたい点の1つです。

他の人に病状を知られたくない、また通院していることも隠したいという患者様も当然のことながらいらっしゃいます。

最近は、クリニックだけでなく調剤薬局でも、お名前で呼び出されることに抵抗のある患者様のために、番号で呼ぶというシステムを取り入れているところが少なくありません。

以下のように、パーティションを導入することで、患者様のプライバシーを確保することが可能です。

 

【Before】

【After】

(Iデンタルクリニック)

 

【Before】

【After】

(あらかわ歯科医院)

 

患者様が安心して通院することのできるように、プライバシーの保護も重要な要素となります。

 

スタッフが求めるもの

医療設計を行う際には、2つの視点に立つものであると言えます。

1つは医療を受ける側である「患者様」の視点、もう1つが医療を提供する側にあたる「ドクター」や「スタッフ」の視点です。

患者様は受付や診察室、お手洗いなど使用する範囲が限られていますが、スタッフの活動領域はそれだけにとどまりません。

それでは次に、クリニックで勤務するスタッフが必要とするものについて説明させていただきます。

ストレスのない職場環境

立ち仕事であり1日で数多くの患者様と接するため、ストレスはどうしても避けることはできません。

ただし、患者様に「また来たい」と思っていただけるためにも、”居心地の良さ”というのは大切です。

一重に”居心地の良さ”と言っても、デザインや環境だけでなく、スタッフの対応もそれに含まれると言えます。

そのため、スタッフ本人はもちろんのこと、患者様のためにも、働く人にとってストレスのない職場環境というものは重要であるのです。

スタッフが1日の大半を過ごす空間であるからこそ、快適なものでありたいですよね。

 

【After】

【Before】

(あらかわ歯科医院)

効率的な動線

ドクターやスタッフ、患者様にとって動きやすい間取りであることも医療設計を行うにあたって重要視しておきたいポイントです。

タイムロスを防ぐためにも効率的な動線を考えた設計は必要であると言えるでしょう。

 

(アイクリニック神楽坂)

オープンカウンターと待合室全体を見渡すことのできる受付。

クリニックを利用する全ての人が快適に過ごせる空間を提供します

いかがでしたでしょうか。

医療設計を行うにあたって、患者様やスタッフの目線から何を意識すべきかについて説明させていただきました。

なお、武内デザインクリニックでは以下の4つについて重視しております。

 

  1. 入りやすいクリニックを設計する事
  2.  患者様が落ち着ける空間をデザインする事
  3. 「素敵なクリニックだった」と記憶に残るクリニックを造る事
  4.  ドクター、スタッフが気持ち良く働けるクリニックを造る事

 

ご自身の持つテーマに加え、ご予算を考慮した上でより良いクリニックの設計を致します。

リフォームをご検討中の方はぜひ1度武内デザインオフィスまでご相談ください。

【クリニックのタイプ別】デザインのテーマ

皆さんは一度は病院に足を運んだことがあるかと思います。

大きな総合病院がかかりつけの病院の場合は他の院と比較は難しいでしょうが、歯科クリニック・眼科・内科や、美容外科や心療内科などのクリニックに通われている方は、それぞれの院のデザインの違いにお気づきかもしれませんね。

それぞれの院は目的が違えば、来院する方の年齢・性別はバラバラです。

そもそも病院のデザインは何を意識しなければならないのでしょうか?

ただでさえ心身共に弱っている中で、視覚的、機能的に負担をかけてしまっては何の意味もありません。

今回はそれぞれの診療科別に、クリニックのデザインについて患者さんにとってどんなものが最適なのかということをテーマにお話します。

 

小児科のデザイン

院によってデザインは様々ですが、その中でも小児内科や小児歯科などのクリニックのデザインはかなり特殊なものといえるでしょう。

今でこそ様々なデザインがありますが、ひと昔前はシンプルな内装にちょっとしたおもちゃや絵本があるだけといったクリニックが珍しくありませんでした。

基本的に患者さんは身体のどこかに問題を抱えていて、心身共に弱っている状況です。

そんな中、治療という行為は負担が大きい内容も含まれます。

内科であれば注射であったり、歯科クリニックの場合はあの独特の薬品のにおいやキーンとした音、削る際の痛みなど、お子さんであればそのストレスは計り知れないことでしょう。

では、現在はどのようなクリニックが多いでしょうか?

まず、内装はお子さんが普段見慣れているようなものが好ましいです。

例えばカラフルでポップなデザインであったり、絵本に出てくるようなパステル調なデザインで特別な場所なんだという警戒を解く必要があります。

そして、中にはお子様が元気に遊べるスペースやおもちゃを設置し、病院は遊ぶところなんだという認識になってもらいます。

そうすることにより、お子さんの受けるストレスを極力小さくし、診療をスムーズに行うことができます。

スムーズに行うことができれば、その分より多くの患者さんを受け入れることができ、結果的にクリニックの経営も安定することでしょう。

小児内科や、小児歯科、小児科を併設しているクリニックは特にデザインが重要になってきます。

 

心療内科のデザイン

心療内科はとてもデリケートな患者さんが多く、解放的なデザインが好まれない場合もあれば、閉塞的なスペースがタブーになったりと、デザイン面では特に慎重に決めなければなりません。

クリニックの特色から患者さんの傾向をより詳しくヒアリングし、その患者さんのために最も最適な空間を演出する必要があります。

これまでの心療内科はどこか暗く、重い雰囲気が漂うというイメージがありました。

しかし現在では、温かみがあり、優しい雰囲気の中心安らげる空間がすでに一般的になっています。

このように、変わりゆく時代の背景や患者さんのニーズ、それに対応する医療従事者の求めるものを適切にくみ取り、最適な空間を作っていく必要があります。

 

美容外科クリニックのデザイン

美容外科クリニックの場合、受診する患者さんは自分を変えるため、より自分を高めるために来院することでしょう。

ここで院内のデザインが日常的なものであふれていたらどうでしょうか。

日々の自分をより感じてしまい、中にはコンプレックスを解消するために受診を決断した患者さんもいる中で、不安な思いをさせてしまうこともあるのではないでしょうか。

そのため、人気の美容外科クリニックのデザインは非日常で、洗練されたハイセンスなものが多くなっております。

目的をもっている人が来院してくれるよう、しっかりと院としてのコンセプトをもち、それを表現することが大事になります。

美容医療を診療内容に含まれているクリニック様は、患者様に対して「あなたを美しくする」という説得力を目に見える形で伝えることが良いでしょう。

術後の無用なトラブルを回避するため、患者様も気持ちよく施術を受けられるよう、病院と患者の間にギャップを作らないようにすることが重要です。

一般病棟のデザイン

床数の多い病院は、入院施設を併設しているところも多いでしょう。

そのようなクリニックの場合は、開放的で明るいデザインを取り入れることが一般的です。

入院生活が長い患者さんの場合ですと、日常生活ではない非日常の生活にストレスをためてしまうことが多くあります。

そんな患者さんのために施設は開放的であり、閉塞感のないできるだけいつもの日常に近い生活に近づけます。

中には長期間の入院を余儀なくされる患者さんもいるため、できるだけ院内と外界との隔たりを無くすようなデザインを心がけています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は診療科ごとのデザインについてお話しました。

現在は情報が手に入りやすく、自分の症状や雰囲気に合った病院を患者さんが選ぶ時代になっています。これまでは身体に変調が起こった場合はお医者さんの判断を仰ぎ、そけで診断をしてもらった結果から別の病院を紹介してもらったりといったことがありました。

そのため、少しでも患者さんのニーズをくみ取るべく、治療方針や治療内容、そして院の雰囲気を良くしたりと、様々なことを行っています。

デザインについていえば、その病院の特色や文化をわかりやすく表現し、そして対象となる患者さんやスタッフに気を配ることに最も注力しなければいけないものであります。

機能的な面から患者さんの心のケアまで、しっかりとカバーするためにもそれぞれの院ごとの特色やテーマをしっかりと把握し、その施設にかかわる全ての人が働きやすく、また、自分らしくいられることが最も大事なことと考えます。

 

歯科医院のデザインのデザインの重要性

皆さんは歯医者さんに対してどのようなイメージをお持ちですか?

きっと怖いところというイメージが大半を占めるのではないでしょうか。

歯医者さんのあの独特の薬品のにおい、歯を削る際のキーンとした音、お子様の泣き声など、様々な恐怖感を与えてしまう要素があります。

このように、実際の治療は痛くなくても環境によって怖いと感じ、それが結果として怖いところというイメージを大人になってからも持たれてしまうということが多々あります。

近年は歯科クリニックの数が増え飽和状態とも言われていますが、その中でもしっかりと患者さんを呼び込まないとクリニック経営も成り立たなくなってしまいます。

診療内容で差別化を図るクリニックは、無痛治療であったり丁寧な治療で患者さんを呼び込みます。

それ以外に患者さんに来てもらえるようできることはないでしょうか。

今回は患者さんが来院しやすいような歯科クリニックのデザインについてお話をします。

通いたくなる歯医者とはどんな歯医者?

上記でもご説明した通り、現在の歯科クリニックの数はコンビニよりも多いと言われており、その数は飽和状態と呼ばれて久しい状況になっています。

そんな中でしっかりと患者さんを呼び込むためには他院との差別化を図るために無痛治療丁寧な治療を行うクリニックが増えています。

しかし、それだけでいいのでしょうか?

確かに治療内容が改善されれば直接的な痛みもなく、ストレスも軽減されるでしょう。

ただ、通いたくなるかといわれると疑問が残ります。

今、一見歯医者さんに見えないようなデザインが増えているのはご存知ですか?

歯医者さんに限らず、昔の病院の施設はとてもシンプルな外観や内装でした。

そのイメージを持たれている方がつらい思いをして病院に行ったのに治療がさらに痛いなんてことになったらどうしても行きづらくなりますよね。

そこで各医院は見た目からこれまでの病院のイメージを一新し、つらい治療をする場ではなく、自分の身体を治してくれる癒しの場として提供することとなりました。

よりスタイリッシュに、よりオシャレに。または、お子様にとって楽しい場所として通いたくなるようなデザインが増えてきました。

例えば、まるでサロンのような内装で自分が特別な存在になったかのような歯科医院。

(「カリヨンデンタルクリニック」)

 

他には、お子様が楽しく遊べるキッズスペースを設けている歯科医院。

(「モンキッズデンタル」 葛西 子供専用歯科 プレイルーム)

このように、クリニックのイメージはこれまでと違って患者さんの不安を和らげる役割をデザインにも求められています。

院内をこれまで以上に使いやすく

これまで患者さんの立場になってデザインのお話をしましたが、病院を利用するのは患者さんだけではありません。

そこで働く医療従事者にとっても働きやすい環境でなくてはいけません。

院内で配慮するポイントをスペースごとにご紹介します。

受付・事務スペース

受付窓口は、患者さんと病院をつなぐ窓口です。

受付窓口から見える事務スペースが散らかっていたら、どんなにデザインが良くても丁寧な治療は期待できませんよね。

事務スペースはものが多く散らかりやすいため、収納スペースを多くとり、また、作業室や院長室、診察室の中心になることが多いため、そこまでの導線をストレートに移動できるよう設置します。

また、受付カウンターは、診察前後の患者さんの様子を把握できるよう、待合室に向けて見やすくオープンな配置にするのが主流になっています。

手術室スペース

通常の診療所や歯科医院には手術室を設けるケースは少なく、設置していても比較的コンパクトな広さが一般的になります。

また、他のスペースよりも清潔さに気を配らなければならないため、ユニット式の手術室を設置するのが一般的になりつつあります。

廊下・階段スペース

こちらはスタッフ、患者さんが利用するため、できるだけスペースを広く取りお互いに気を使い合わないようにする配慮が必要となります。

また、バリアフリーを基本としたプランニングで、どのような患者さんも受け入れられるような環境を整えることも重要となります。

親しみやすい外観を

クリニックは老若男女を問わず、様々な方が来ます。

そのため、公共性が高い建物であることから、外観は町並みに調和した親しみやすいデザインが好ましいです。

親しみやすさといっても、クリニックはいたるところにあり、オフィス街に位置するクリニックがパステル調の保育園のような外観だったらやはり浮いてしまい、新規の患者様も足を運びづらいですね。

そのため、その土地の街並みに調和することが重要になり、ライフスタイルに合った外観が望ましいです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

クリニックのデザインは単にオシャレであればいいというわけではありません。

目的としては、その施設を利用する全ての方が気持ちよく使うことができるのは前提としてあり、これまで歯医者さんに対して良くないイメージを持っていた方の考えを180度変え、癒しの空間としての認識を持っていただくことが重要になります。

特にお子様の場合、幼少期の印象というのは大人になっても変わることはあまりないでしょう。

始めて行った歯医者さんが楽しい場所と認識していただければ歯医者嫌いな人も少なくなるでしょう。

そんなデザインのクリニックが増えてくれば、近い将来歯医者さんは美容室と同じく、きっと行きたくなる場所として認知されるかもしれませんね。

また、外観もその街に溶け込み、開かれた場所として来院していただけるような環境も大事であるため、そのような配慮も行うことが重要になります。

小児病院のこだわりデザイン

 

皆さん子供のころの病院はどんなイメージでしたでしょうか。

風邪を引いたときに病院へ行くと、ただでさえ具合が悪いのにあの独特の薬のにおい、何をされるかわからない不安や恐怖で行きたくない場所の代表に挙げる方も少なくないと思います。

歯医者に至ってはあの治療音を聞いただけでも足がすくみ、何度も通院しなければならないのは子供心にトラウマを抱えてしまった方もいることでしょう。

そういった方はいまだに病院という施設がなじみのない場所として認識されているものだと思います。

今回は子供時代に、「こんな病院があったら病院嫌いじゃなかったのに・・・」といったこだわりのデザインをご紹介します。

これから受診するお子様には、少しでも病院が親しみやすく、通院が嫌で通わなくなったために大変なことになるといったことが起こる前に治療ができるよう、良い印象を持ってもらえたらと思います。

例1:「明海こどもクリニック」様

こちらの院は小児科・アレルギーを専門としている病院であります。

居心地が良くなるよう待合室は広めのスペースをとり、全体的に緑を基調とし、落ち着きと安らぎの視覚効果を狙ったデザインになっております。

緑というのは自然界に最も多いカラーであり、目に優しく、気持ちを落ち着かせ和らげる効果があります。

安全・安心のサインとしても使われ、非常口の誘導表示灯にも使われます。

これは非常時であっても気持ちを落ち着かせて行動させようとするためでもあり、心理的に根拠のある施策になります。

病院に通うお子様は、体の不調により精神的に弱っていることが多くあります。現代の医療行為は患者様の負担を少しでも減らそうと、その技術や器具の進歩は目覚ましいですが、それでもゼロとまではいきません。

視覚的にもそうですが、それぞれで負担を軽減させるより、相乗効果により少しでも居心地の良い空間になれば将来病院に対して悪いイメージを持つことなく、癒しの場所として通ってくれることでしょう。

2:「ファミリータイズクリニック」様

みなさんは、病院は殺風景でどこか無機質な空間といったイメージをもたれてませんでしょうか?

実際昔の病院はそういったところも多く、今でこそそのような病院は少なくなりましたが、まだまだ存在するのも事実です。

しかし、現在は明るくさわやかな雰囲気を演出される院様が多くなっております。

こちらの病院では、明るく、さわやかな雰囲気に木目調のフロアを採用することにより温かみが加わりました。

パッと見ただけでは、すぐにイメージする病院の待合室とは違いますよね?

待合スペースには絵本やおもちゃもあるので待ち時間には不安になることなく、リラックスして過ごすことができます。

3:「モンキッズデンタル」様 葛西子供専用歯科プレイルーム

歯医者というのはとてもこわい場所だといったイメージを持ってる方も多いと思います。

院内の独特の薬品のにおい、キーンといった治療音、さらにほかのお子様の泣く声など、こわくない場所という方が難しいかもしれません。

歯の治療は、それこそ日常生活を送るうえでとても大切なことであり、どんなに重要性を説明して納得してもらってもいざ治療が始まると・・・といったことが多くあります。

では行きたくなる歯科医院はどんなところでしょうか?

お子様にとっては「遊ぶこと」こそが立派なお仕事。

歯医者は遊ぶところというイメージがつけば、行く前から嫌がることは少なくなりますし、親御さんの負担も減ることでしょう。

こちらの歯医者さんのプレイルームは、とにかくワクワクするような空間を作り、遊び方はそのお子様にとって一番楽しいと思えることを自由にしていただけるようにしました。

フロントの天井から広がる空の絵は、奥に広がるプレイルームとつながっており、空間すべてをワクワクさせる場所にしました。

現在院内の雰囲気づくりを重視している歯科医院さんがとても多く、限られた空間でさまざまな演出により患者様のストレスを軽減させてますが、まずは子どもの患者様が行きたいと思える空間を作るのが将来的に歯医者嫌いの患者を減らす対策だと思います。

これからの小児病院のデザイン

これは当たり前のことですが、人によって見方や感じ方は違います

同じように、大人と子供でも見方や感じ方、とらえ方は違っています

病院という空間は、その特性上どうしてもストレスを感じることが多く、そのため少しでもストレスを軽減するということが技術、器具、空間の面から考えられています。

しかし、子どもの多くは大人よりもストレスに対する耐性が弱く、ちょっとしたことでも過敏に反応してしまいますが、子どもの好きなこと、興味のあるものがあり、行きたいと思える演出があればまた病院に通いたいと思えるようになっていきます。

医療施設は、そこを利用する全ての方が快適でなくてはなりません。

小児病院のデザインとは

小児医療は、定期・管理予防という観点から、悪くなってから病院に行ったのでは手遅れになることもあります。

そのため、病院に対してよくないイメージを持ってしまった子どもはなかなか病院に行きたがらず、すぐに終わるはずだった治療が長引いてしまうといったこともあり、親御さんにとっても大変な負担ですよね。

本来、子どもたちが自らの意思で積極的に予防、治療に参加することで、自己の健康管理を自分でできるような、あくまでもきっかけを作ってあげるのが小児病院をデザインするうえではとても重要です。

今後、病院が嫌い、怖いといったイメージをもつ子どもが、弊社のデザインした病院施設を通して一人でも減ってくれることを願っております。

大人も子供も快適に過ごせる空間づくりを武内デザインオフィスは追求していきます。