クリニックインテリアの照明計画

ドクターや医療関係者から、よく「設計実績写真の照明が素敵ですね!」とお褒めの言葉をいただきます。
実際、私がインテリアプランを考える中で照明計画にかける時間はかなりの割合を占めます。
待合、診察室、処置室(その他 X線室や消毒室なども)それぞれの機能に合いかつ患者やスタッフが心地良くいられる照明計画を常に時間をかけて考えています。
照明の明るさ(照度)はもちろんの事、色温度(照明の色)の微妙な調整や照明器具の取付位置によってその部屋の用途に適し、かつインテリアコーディネイトを的確に演出する照明効果が実現できるのです。
※ 逆に言うと照明計画に失敗すると、せっかくのレイアウトやインテリアが台無しになってしまいます。

Category

PAGE TOP